長期相場・判定ナビ(LMI)
ファンダメンタルズ(US株価利回り・金利・物価・原油・ISM製造・住宅・雇用指標)だけで算出する長期相場のブル・ベア測定器。投資を有利に勝ち抜くために、ナビをベースに細やかなテクニカル分析を加味していきます!
 
プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
10倍株・100倍株サイクル投資家/
成長企業アナリスト
(万倍株を研究中)

 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
更新通知登録ボタン(要FC2ID)

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします(この機能に関するご質問等はこちら→FC2ブログお問い合わせフォーム

 
「10倍株で勝つ」関連資料
 
◎お問い合わせ先
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
   
リンク
 
RSSリンクの表示
 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
マガブロ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
相場のリスクオン・オフや
景気サイクルでの位置づけなどを、
長期、中長期、短中期、短期の視点から
国内外の200以上の金利や株価水準や
経済指標等により分析した記事



原則として
週次更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新
もしくはそれに準ずるフォローを
想定しています


なおその場合には、
相場観に付随して
短期相場情勢の「相場概況」や
軽い一言やつぶやきフォローなど、
簡潔にお届けする記事も
並行していくことがあります


当ブログでは、
中期は~3年、中長期は~5(-7)年、
長期は~10年、超長期は~20年、
短中期は~3年、短期は~1年の設定。

これは企業の中期経営計画が
概ね3年後を指す標準的な設定であり、
それと歩調を共にする
至極当然の設定であります。

中長期投資で最も大事な
時間を味方につけるという観点と
不況で買って好況序盤で買い増し、
好況絶頂で売り始めるという
運用サイクルの面からも、
重要な設定だと考えております。

よって、
デイトレ趣向の方や、
超短期トレードでは重要な
買値からたった8%マイナスで損切等の
スタンスの方にとっては
当ブログが馴染めないコンテンツと推察し、
別の参考資料やコンテンツを
お探しになることをお勧めいたします。


☆注目銘柄リスト
中長期成長株を基本に選定した企業の
注目ポイントと独自の割安度指標を掲載。
(不定期ですが原則1カ月に1度は更新予定)


※相場の状況により注目銘柄の更新が
無い月もございますが、
その場合には翌月等に更新した際に、
更新の無かった該当月の購読権利で
その内容をお読みできるような
対応をさせて頂きます。
(具体的には翌月や翌々月の更新時に、該当月の最終日の日付で更新時の記事をアップさせて頂くことで補填をさせていただきます)


☆その他
・チャート解説
・リスクオン・オフの実況解説
・国際見本市や世界での視察のこぼれ話
など、

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話も
有料記事にてアップしていきます。


◎毎月の購読がお得です
単独記事をすべて別々に購読した場合は、
該当月でばらつきがありますが、
15,000~25,000円程度の価格ボリューム
となることが多く、

<月次購読の場合>
9,933円
とお得になっております。

なお、
通年での
継続読者特典・電撃企画(※)
なども近年行っております。

※どの特別企画も
単体記事を重ねて
購読頂けましたら、
後からでも閲覧自体は
「いつでも、どなたでも可能」
でありますが、
(月刊マガブロもしくは個別の月次該当記事を追ってすべて購入することで、不特定多数のすべての方が購入できる形式の特典であり、非公開・会員限定のようなものではありません)


ご継続いただいた方に
よりメリットが生じるような
企画も行っております。



<留意事項>
※当サイトは不特定多数の方への投資情報提供を目的するメディアであり、個別あるいは相対での投資助言に該当するようなメール等での投資判断に関する個別回答などは一切できませんので予めご了承下さい。また、販売する情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。その情報は利益をもたらすことを保証あるいは示唆するものではありません。株式投資は利益をもたらすこともあれば、逆に、大きな損失をもたらす可能性があります

※当マガブロ(電子雑誌・メディア)の販売はFC2社により行われており、FC2マガブロというブログ媒体で著名な公のサービスを利用して、どなたでも、随時の(継続もしくは単発記事による任意の)利用が可能です。なお、当マガブロは株価・経済・景気の分析手法を公開している著者書籍の袋とじのような延長線上の最新版として更新されており、その手法や内容の大筋などは当マガブロのサンプルという意味合いも兼ねて過去の書籍ですべての方がご参照いただけます
(参照:https://amzn.to/2zbIK6E)

※読者の個人情報や決済に関わるすべての情報はFC2社のみ保有しており、マガブロ発行者である当方は読者の一切の個人情報を保有しておりません。その他の参照:過去作成の有料購読詳細説明(http://obakekabu.net/blog-category-61.html)、FC2マガブロのお問い合わせ(https://form1ssl.fc2.com/form/?id=549552)、当ブログへのお問い合わせ(https://t-asaka.info/contact)


以上、
ご検討のほど
よろしくお願いいたします。

(2020年6月一部改訂・加筆)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

【予告も兼ねて】ノーサプライズのジャクソンホール・パウエル講演、株価暴落、お知らせ


こんばんは。
朝香です。

8月上昇の大半が1日で吹き飛んだ株式市場は、
日々ほんのわずかにヘッジを積み重ね、
先週の月曜日にその15倍ヘッジを入れた報告をした身としては
想定線軌道の続くありがたい展開でした。

また、
このブログで
6月・7月のFOMC解説を
読んでおられたら、
近しい感想になると思うのですが、

ジャクソンホールでの
パウエル議長講演は、
愚かな株式市場への愛想をつかした態度表明のような
30分枠に対しての約8分の講演で、
特段のサプライズはありませんでした。
(強いて言えば、他の連銀総裁が事前講演等でフォワードガイダンスしていたように、次の9月の会合での4%を含むドットチャートの一段上げの可能性の選択肢を、議長も念を押したくらいでしょう)


講演直後の株価(数分レベルですが)、
特にナスダックに関してはプラス圏までいっていますし、
パウエル議長の講演内容が
直に超タカ派だったから株価急落という一般記事も
一部で散見されますが、

それはちゃんと見るべき指標を
見落としているんではないでしょうか。

パウエル議長が何かを言う前から、
欧州の某指標は今年の1月レベルのメガトン魚雷のサインが点灯し始め、
世界経済の防波堤たる米住宅市況は、
15~24日までの結果と統計を鑑み、
過去の遡れる限りでデータを加味すると、
リセッション回避確率0%の数字が出てきており、
(今月は先月同様に月末偏重の展開で申しわけないのですが、この2点とも月末までに必ずシェアします)

特段何もなく無風で通過したからこそ、
欧米の経済市況を素直に反映した方向に
株価が流れただけ、

7・8月の株価のリバウンドマネーゲームを
数か月前からずっと想定してきたわけですし、
市場が通常モードに戻りつつあるだけ、
そのように感じました。
(9月5日のレーバーデイ以降には主たるプレイヤーが戻り終えると思います)

さて、
そんな変化の激しくなり始めた
株式市場を定量分析しようと、
最新の長期相場・判定ナビ(LMI)を計算したのですが、

とても数字が動いたため、
またまたその背景を探る作業に
かなりの時間を費やしました(*1)。

計算したLMI自体は、
まだ過去の70-80年代に経験した範囲内の数値だったのですが、
その変化の元になった「米・住宅雇用MIX指数」という指標が、
この60年間で過去最高の
70-80年代のインフレでもリーマンショックでも
今だ経験したことない数値となっており、
その計測と分析に時間をさらに割いていました。

そして、
そうこうしている間に、
また米金利は大きく変化し急騰中のため、
LMIは再計算を明朝から全速力で行って
後場から夕方のどこかでシェアします。

一方で、
再び大変な作業とはなりましたが、
LMIの構成のひとつである住宅雇用MIX指数が、
(仮に今後の相場が73-75年/79-81年/06-08年型のどれの相場に類似しようと)

今年1月からの
つまらないヘッジ・守備主体の相場対応の
卒業タイミング・出口を教えてくれる
切り札になりそうなため、

こちらに関しても
必ず月末前に長期チャートでシェアします。

シェアすることで、
これからFRBが進もうとしている道が、
1960年以降のデータが取れる時代で
初めての道を行こうとしていることを明示し、

ますます投資家の側も
データ次第で対応することの大切さや
9月以降の秋冬に見逃してはならない指標も
厳選してシェアします。

あとは、
インフレ期待の大小に振り回されない為かつ、
経済指標という過去の遺物ではなく、
何を観ればインフレ鎮静化に先んじて相場を乗り切れるか、
わかりやすくたった一つの指標を示します。


今年は嫌な流れの中でも、

昨年の初夏に多くの米国株の異常的割高をシェアし、
(そのミクロがマクロを形成していると判断できればよかったのですが・・・)

1月1週以降に相場の異変に気付いてからは
相場の下り坂への全面対応(*2)、

そして6月には7・8月の自律反発相場と
的中してしまった戻り目安の参考域とその後の暴落、

ここまではマジョリティの
混乱に呑み込まれることなく、
いざという時のマイノリティ対応で、
乗り切ってきました(*3)。

相場はこの9月から
新章に突入していく気配が濃厚ですが、
引き続き相場や経済指標の発する信号を的確にとらえ、
中長期の大きな大きなチャンスまで、
ディフェンス的攻撃をし続けていきたいと思います。

現在、
諸事情で重たいデータ処理ができない為、
文章だけで恐縮ですが、
次の更新までしばしお待ちください!


<蛇足>
金曜日はジャクソンホールの
パウエル議長の様子を
可能な限り追っていましたが、

日本時間0時半あたりに
肩を落としておられる時に、
ブレ―ナード副議長とウィリアムズMY連銀総裁が
明るく激励している姿が印象的でした。

わたしが議長の立場でも、
勝手に先走った市場が愚かなだけで、
せっかくワイオミング州の気持ちのいい避暑地に来ているのに、
過去に言ったことと
他の同僚がフォワードガイダンスしてくれたことだけ
とっとと数分でしゃべって終わってしまいたいと思うでしょうし、
ほんとすでに十分に9月のFOMCに向けて
記者会見でも議事録でも説明を尽くしていたわけですから、
それで株価急落をパウエルショックなんて言われたら、
がっくしですわ。

でもそうじゃない、
そうじゃないですからね。

NYが急落する前には
欧州で魚雷が久しぶりに炸裂してたし、
15-24日の米住宅市況だけで判断するなら
リセッション回避成功率0%のサインが点灯してましたから。

大きなサプライズが無かったことで、
市場は足元の市況や経済指標を素直に相場に反映し始めただけ、
ただそれだけ。

では、
今月もあと2日間ちょっとではありますが、
データ計測体制を再び整えて、
わたしと同じ相場の景色をシェアして
今月を終えていきたいと思います。


<補足・注釈・お知らせ>
*1
【お知らせと変更】
LMIを計算したら、
今後は簡易分析抜きで数値(とあっても一言くらい)だけで
発表したいと思います。

LMI(長期相場判定ナビ)は、
100超の私の分析した確率優位のルールや法則を背景にしていますが、
コンピュータの処理している部分も多々あり、
数値の変化背景を完全に突き止めようとすると、
毎回多大な時間を要して記事に上げるのが遅れてしまいます。

今回はその作業をしたからこそ、
過去最高値の異常値を突き止められたという恩恵もあるので
難しい判断ではありますが、

今朝も先週分のLMIの完成数値は手元に完成していたので、
この形であれば更新できたと思いますし、

まずは数値だけを公表して、
あとでゆっくり自分の擦り込んだ相場分析・法則と照らして、
数字の背景を分析し、
必要であればそれをシェアする形にしたいと思います。



*2
このブログでは短期~中長期までの運用をメインに発言していますが、
まだ人生の終わりまで30年以上残っている投資家のみなさまは、
1月にも書いたように全世界株投信のような超長期で行う「資産形成」は
どんな苦境でも雨でも継続して続けることも忘れないでほしいと思います。

今年のような相場でも年間で買い下がっていれば、
まだプラス圏だと思いますが、
超長期の資産形成=30年目線で主要な世界株、バブル後の日本も含めて
マイナスになった事例をしりませんし、
資本主義の続く限り、
株の超長期積立は個人の富に貢献してきましたから、
ぜひ運用と形成との区別をしてお読みいただきますと幸いです。


なお、
資産形成が終わっておられる方も意識して、
これも守備を固めた1月以降に何度か書きましたが、
HVDのような高配当株ETFやJEPIのようなヘッジも兼ねた毎月分配ETFでも
なんとか守りながら小さな果実にはなっていると思います。


*3
どうしても出版の関係で10倍株のイメージが強いですが、
全体相場(森)の分析をまず第一にしていますから、
小型が冬眠している時にでも
SP500や日経平均などの全体指数の投資ヒントにも活用すれば、
ブログが大いに役に立つのではないかと思います。

いずれにしても、
いざ関ヶ原の大勝負の時に
余力がないという事態だけは避けられるよう、
相場環境とサイクルから逆算して、
引き続き守りも大事に攻めを考えていきましょう。


【8月】経過報告・お知らせなど


こんばんは。
朝香です。

さて、
少し更新の間が空いてしまいましたので、
今回は今月の経過報告・お知らせを
更新させていただきます。

<8月1週目>
・7月までの分析に従って今週末までの株高基調を注視(※1)
(7月末にかけて中長期×短期目線で濃密に分析したように、目先は株高が続いた8月一週目となり良かったですね)
・7月MS(マイクロソフト)決算以降のキーワードは「思ったほど悪くない」、弱気・悲観派減少が株高基調を後押し
・ペロシ下院議長の訪台オンタイム時の株安は上げてきた短期勢の売り理由にされただけ
(現在、情報収集中の最中でもありますが、むしろこの安全保障上の問題はこれから短中期で尾を引いてきそう)
・ナスダックもSP500も7月までに提示した自律反発の目標域にまだ未到達
(まだ自律反発の圏内)
・昨夜の雇用統計で短中期的には強気と弱気の相場の見方が機関でも真っ二つ


※1
先週(先月)の日本株は
想い入れの強い企業の株価が好調で、
厳選大型はもちろんですが、
小型株でも特に
10年20年目線でじっくり時間をかけて、
モノタロウのような超小粒から
業界の雄になる期待をもった企業の株価が
息を吹き返したのは、
下り坂で買値を下げていった投資家にとっても、
ひとまず良かったと思います。
(実態の事業活動でずっと攻めの布陣を拡げているのを10年目線で静観して見ていますが、決算を通過したので、私の耳に届いていた噂なども含めて近々何らかの補足を足す予定です。)


まだまだ米国株も
全体指数が年初来マイナス圏の中で、
既刊・超小型株で思い入れの強いコメント3銘柄が
上場来高値を更新するなど、
個別株市場の雰囲気も
そこそこ良かったと思います。


<8月1週目・未更新の裏側で>
・台湾海峡リスクに関しては、米中日などの独自の安全保障上のパイプから情報取集
(これは独自に現地の声も入っているのでマガブロ自由帳などでも改めます。面倒なのはこれから・・・)

・ISM製造業景況感指数発表後に丸1日かけてLMI(長期相場判定ナビ)の更新作業終わったものの
私の予想したレンジとかけ離れた数字がはじき出される
何重の指標と100超の確率優位法則を
コンピュータに読み込ませていることもありますが、
どうしてその数字が出てきたのか説明に困ってしまう
読み込ませた法則などを
ひとつひとつ丁寧に分解して分析する
作業に追われました
その最中に計算するために算入している、
例えば米長期金利などが2.5~2.85と、
日々大きく変動したため、
発表しようとすると再計算も余儀なくされ、
結局雇用統計を迎えてしまう
(この点は途中にアナウンスできれば良かったのですが、如何せん、
最初のISM後の数字が何でこれが出てきたのか理解できなかったので、
その究明に時間を割いていました)
一応、
設計者は朝香本人ですから、
数字の算出背景は
ようやく数日かかって突き止めました
ただ、
これは中長期分析もセットで
コンテンツを作る必要ありの状況になったため、
ひとまず米失業率も下がって、
強い雇用の数字も出た事ですし、
まずは最新の金利・商品市況・経済指標を
組入れなおして、
要再計算
7月末の相場観・自由帳では
事足りなくなりそうなので、
次の更新を遅くとも週明けには行います。

今月のコンテンツとして、
何でも更新できるように、
マガブロ自由帳だけは追って立ち上げますが、
先月から以下のような変更も含めて
更新をしていきたいと予定しています。


「8月号以降のコンテンツ案」

・相場観とポジションフォロー
→従来通り

・自由帳
→本来は何でもありのコンテンツで、
その意味は維持。

・中長期相場からの視点・焦点・分析・他
→実質7月の自由帳では中長期分析のコンテンツのみとなったのですが、
さすがに何十年もの株価分析を制作すると、
それは今月も活用&覚えておきたいものです。

そこで中長期相場のトピックスとして、
今年の相場観のコンテンツの中で
下半期も活用するに値する内容を
最新版から読む方も意識して、
再度編集して再集録していきます。

もちろん、
中長期相場の視点から
新しい知見も入れていきます。

・長期相場判定ナビ(LMI更新)
→確定値は算入された金利など平日の変動を避けるため
基本的には米CPIの週末を予定

ただ、
相場の大きな流れが上下ともに
不透明感が高まる中、
7月にお約束したように、
必要に応じて
月2~毎週速報値の改定を更新する予定。

その際には、
今週の1日で1回分の利上げに相当するような、
上下の激しい金利変動を受けて(教訓に)、
LMIの更新は算出に相応の時間を要する為、
週末に限定して行わせていただきます。


・大化け株最新割安・お値打ち度
7月分8月14日15日分までの決算を反映させて16日に更新予定
(8月分は9月4日を予定)

・大化け株予備軍を探し隊
(モメンタムの良好なのろしをお値打ち算定で割安分析)
→米利上げがいい方向性で続いて、
株価の危機も遠のきそうならば、
短期で狙う2倍株時代にも行った、
予備軍をたくさん見ておきたいところ。
仮に都度や隔週などで行う場合は、
企業のコメントを入れない&客観的な数値だけ&それなりの数にしておけば、
自身の投資に支障がないと思われますので、
久しぶりにやりたいと思っています。
(初回がそれなりの数になる場合は年間特典からになる可能性は大です)

・3月~以降の大化け株割安・お値打ち度合併号の補填企画
上記でも書いたように意中の株価戻しがあったため、
それも関連させて10年20年目線の大切さと、
短期で利食うならファンダメタル以外には
こういう点もみましょう的な簡易コンテンツを、
ようやくアップできそうです。

・その他
*今朝も朝の4:30~5:00に
ナスダックが約1%安から0.5%安に安値の中で盛り返したなど、
しっかりと日々の動きも注視して
相場の機運・潮は見てますので、
昨日までは7月末のコンテンツで十分かと思いますが、
更新の必要がある場合には必ず適宜更新を入れます

*8月は後半~終わりに相場が動くことが多いですが、
ひとまず自由帳だけ立ち上げておきました。

では、
明日で1週間更新が空いてしまうため、
その前に変則的ですが、
経過報告とお知らせまで。
(TBさま、4月の時のように感染で倒れておりませんので大丈夫です!さきほどお問い合わせをいただいて、これはいけないとすぐさまこのお知らせをUPさせていただきました。ご心配ならびにお問い合わせを誠にありがとうございました!!)



【グロースPSR】米バリュー株優勢の間、簡易的にできる工夫


・新年から書きたいことが山ほど出てきたので、
マガブロで核心は書かせて頂くにしても、
直近刊を意識して公開ブログ(*1)でも
少しフォロー的に発信していきたいと思います(*2)。


・直近刊で銘柄のバリュエーション分析をされておられる方へ。
米国株のバリュー優勢の間は、
グロースPSR単体でバリュエーション評価するのはリスクが高いので、
色々と工夫を施して環境の変化にご対応下さい。

例えば、
バリュエーション評価指標=
(グロースPSR+(PER÷4か÷5)+PBR)÷3
にするなど。

成長性を半分、
伝統的なバリューを半分ということなら、
((グロースPSR×2)+(PER÷4か÷5)+PBR)÷4
などご自身の投資スタイルも加味して、
色々と変化はつけられます。

手間はかかっても
カンタンに簡易計算できるバリュー寄りの
バリュエーション評価としては、
もう一歩踏み込んで書けなくもないのですが、
次作のお話が来ているので、
それはその際に挿し込めたらと
お待ち頂きご容赦ください

・利益・資産バリューをより加味した新評価指標(*3)を開発しリストを更新(*4)

・「先週のFOMC議事要旨でのFRBタカ寄り思考、
米雇用統計での失業率の大改善と賃金の大上昇、
ならびにナスダック続落とSOXの大きな下落、
FF金利先物での利上げ前倒し・回数増やQT織り込み開始」

逆にようやくこれで中期的な想定は
ほぼほぼクリアになってきたので、
春の新刊もスキップしましたし、
マガブロで予告の通り、
3連休明けの11日から月末にかけて
濃密なコンテンツにしていきたいと思います。



*1
朝香の自由帳のカテゴリを作りました。

*2
FRBの利上げを意識し、22年春に相場本の新刊を想定していたのですが、直近刊の発売が昨年8月にずれ込んだ関係で少し期間が近く、春の新刊リリースを見送っております。そんな中、昨年からブログでは書いてきたとおり、ハイテク株の本格調整がやってきました。秋から年末にかけて米国・香港市場の赤字/財務脆弱なイノベーション株やハイテク株を売り仕掛けてきましたが、グロース部分だけの銘柄評価を見直したことなど、フォローするべき点が多々でてきています。なお、すでにブログでは昨年ドキュサインやアピアンなどの米新興株の超割高を指摘。この辺の警鐘も直近刊の1次下書き原稿で書いたのですが、総数が400ページ超の大作になってしまい、まとめを編集部様で行っていただいた過程でカットとなりこの点は現状から逆算すると残念でしたが、総合的に読みやすくなったアドバンテージに心より感謝で、ブログでフォローして参ります。

*3
これはベースになっているGARPレシオ・財務長期バリューなどがハイテク機で算出しないとでてこないため、余力のある方はご参照ください。ITバブル崩壊に巻き込まれた22年前の大学生だった私の様な方はそんな余力はない方がほとんどだと思いますので、グロースPSRに既存の指標を加味して荒波を乗り切る参考にしてみてください。1mmでもフォローになれば幸いです。

*4
1月号分のお値打ち度更新はFOMC後の波乱/底打ちの両面から株価動意を見込み1月30日に更新予定


☆大化け株発掘手法の新定番・中長期投資家の道しるべ☆
(本を書いたのは21年春~初夏、発売は8月。メインシナリオは04年~、14年~の景気サイクルをベースに書いていますが、ブログで昨年から懸念してきた00-02年のようなIT・テックバブル崩壊第2弾の悲観シナリオとなれば相場想定が変わってきます。そればかりは紙ではどうしようもないですから、日々の相場を注視ください。メインシナリオが変わらなければ、利上げ前後の新興株暴落は最後のバーゲン、利上げ後の調整局面はまだ中期的に買い場になるでしょう。一方で、悲観シナリオがメインに変わればそうとも言えません。ひとつの参照判断としては、例えば230ページの最初の●(黒丸)の数字などを参照ください。それ以外にも多数の指標や状況を判定する必要はあり、既刊でも参考になる相場判定法を出してきましたが、余裕のある方は日々変わる状況をフォローするブログをご参照ください)