長期相場・判定ナビ(LMI)
ファンダメンタルズ(US株価利回り・金利・物価・原油・ISM製造・住宅・雇用指標)だけで算出する長期相場のブル・ベア測定器。投資を有利に勝ち抜くために、ナビをベースに細やかなテクニカル分析を加味していきます!
 
プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
成長企業アナリスト/投資家

 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
更新通知登録ボタン(要FC2ID)

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします(この機能に関するご質問等はこちら→FC2ブログお問い合わせフォーム

 
「10倍株で勝つ」関連資料
 
◎お問い合わせ先
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
   
リンク
 
RSSリンクの表示
 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
マガブロ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
相場のリスクオン・オフや
景気サイクルでの位置づけなどを、
長期、中長期、短中期、短期の視点から
国内外の200以上の金利や株価水準や
経済指標等により分析した記事



原則として
週次更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新
もしくはそれに準ずるフォローを
想定しています


なおその場合には、
相場観に付随して
短期相場情勢の「相場概況」や
軽い一言やつぶやきフォローなど、
簡潔にお届けする記事も
並行していくことがあります


当ブログでは、
中期は~3年、中長期は~5(-7)年、
長期は~10年、超長期は~20年、
短中期は~3年、短期は~1年の設定。

これは企業の中期経営計画が
概ね3年後を指す標準的な設定であり、
それと歩調を共にする
至極当然の設定であります。

中長期投資で最も大事な
時間を味方につけるという観点と
不況で買って好況序盤で買い増し、
好況絶頂で売り始めるという
運用サイクルの面からも、
重要な設定だと考えております。

よって、
デイトレ趣向の方や、
超短期トレードでは重要な
買値からたった8%マイナスで損切等の
スタンスの方にとっては
当ブログが馴染めないコンテンツと推察し、
別の参考資料やコンテンツを
お探しになることをお勧めいたします。


☆注目銘柄リスト
中長期成長株を基本に選定した企業の
注目ポイントと独自の割安度指標を掲載。
(不定期ですが原則1カ月に1度は更新予定)


※相場の状況により注目銘柄の更新が
無い月もございますが、
その場合には翌月等に更新した際に、
更新の無かった該当月の購読権利で
その内容をお読みできるような
対応をさせて頂きます。
(具体的には翌月や翌々月の更新時に、該当月の最終日の日付で更新時の記事をアップさせて頂くことで補填をさせていただきます)


☆その他
・チャート解説
・リスクオン・オフの実況解説
・国際見本市や世界での視察のこぼれ話
など、

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話も
有料記事にてアップしていきます。


◎毎月の購読がお得です
単独記事をすべて別々に購読した場合は、
該当月でばらつきがありますが、
15,000~25,000円程度の価格ボリューム
となることが多く、

<月次購読の場合>
9,933円
とお得になっております。

なお、
通年での
継続読者特典・電撃企画(※)
なども近年行っております。

※どの特別企画も
単体記事を重ねて
購読頂けましたら、
後からでも閲覧自体は
「いつでも、どなたでも可能」
でありますが、
(月刊マガブロもしくは個別の月次該当記事を追ってすべて購入することで、不特定多数のすべての方が購入できる形式の特典であり、非公開・会員限定のようなものではありません)


ご継続いただいた方に
よりメリットが生じるような
企画も行っております。



<留意事項>
※当サイトは不特定多数の方への投資情報提供を目的するメディアであり、個別あるいは相対での投資助言に該当するようなメール等での投資判断に関する個別回答などは一切できませんので予めご了承下さい。また、販売する情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。その情報は利益をもたらすことを保証あるいは示唆するものではありません。株式投資は利益をもたらすこともあれば、逆に、大きな損失をもたらす可能性があります

※当マガブロ(電子雑誌・メディア)の販売はFC2社により行われており、FC2マガブロというブログ媒体で著名な公のサービスを利用して、どなたでも、随時の(継続もしくは単発記事による任意の)利用が可能です。なお、当マガブロは株価・経済・景気の分析手法を公開している著者書籍の袋とじのような延長線上の最新版として更新されており、その手法や内容の大筋などは当マガブロのサンプルという意味合いも兼ねて過去の書籍ですべての方がご参照いただけます
(参照:https://amzn.to/2zbIK6E)

※読者の個人情報や決済に関わるすべての情報はFC2社のみ保有しており、マガブロ発行者である当方は読者の一切の個人情報を保有しておりません。その他の参照:過去作成の有料購読詳細説明(http://obakekabu.net/blog-category-61.html)、FC2マガブロのお問い合わせ(https://form1ssl.fc2.com/form/?id=549552)、当ブログへのお問い合わせ(https://t-asaka.info/contact)


以上、
ご検討のほど
よろしくお願いいたします。

(2020年6月一部改訂・加筆)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

【100倍株発掘法則・改良経過のご報告】検証対象銘柄の全100倍株の種を仕込めるサインに進化!


七夕&一粒万倍日の日にご報告した

この時には、
リーマンショック以降~コロナショックまでに、
120倍(※)に株価が大化けした27銘柄のうち
約75%の20銘柄を拾える法則でしたが、
(※最安値~最高値で100倍を避けて現実的に拾える値幅としてまず120倍以上で設定しました)

翌日に起こった悲惨な事件を経て、
私は私の領域でできることとして、
日本の将来を支える100倍株の種を発掘する法則の精度を上げ、
この国の億万長者の母数を倍増させ、
億万長者は億兆長者になることで、
国富を拡げるためのささやかな一翼を担う、
そう誓って再び研究に没頭してきました。

75%で満足してはならない、
そう誓ってまさかこんな短期間で
その方法論を発見するとは思いませんでしたが、
徹底的に今までしたことのない組み合わせや見方で
財務分析を行った末、

第1、第2のルールを
2段階で設定することで、
ついに対象とした
27銘柄の全てで100倍株の種を
合理的に掘り出す法則の設定に成功
(難のあった財務状況=財務D判定のリミックスポイントを除いても発掘成功率96.6%)


そして、
その年代特有の値動きを避けるために、
以前からの法則のベースになっているファストリや、
以前は法則ではうまくは売買できなかった
因縁の想い出あるサイバーエージェントなどでも成功。
(ちなみに近年10倍株達成したレーザーテックも以前の研究では過去の100倍株の種の発掘は法則外で今回の法則は初めての発掘適合事例が多々あり、本人比ではありますが、本当に異次元の進化を遂げました)



<研究対象27+3銘柄で「100倍株の種を発掘する法則」適合タイミング事例①>
(これはのちにすべてが100倍以上に大化けした原石)


100倍株の種1






100倍株の種2

(※図解の読み方などは、マガブロの割安・お値打ち度の更新の際などで改めます)




もちろん、
100倍株の法則は100倍になる可能性のある候補、
ポテンシャル100倍株を洗い出す発掘法で、
それに適合したからと言ってすべての種が
100倍株になるわけではないのですが、

その2つのどちらかのサインが
点灯したタイミングでの、
100倍株のポテンシャル種は、
なんとすべてがすべてテンバガーとなった
データが取れました。

<研究対象27+3銘柄で「100倍株の種を発掘する法則」適合タイミングの事例②>
(これは100倍株の法則に適合したものの、グレーのタイミングでは100倍株は逃している候補原石も含む)

10倍100倍株の種と芽





10倍100倍株の種と芽2





10倍100倍株の種と芽3





10倍100倍株の種と芽4





10倍100倍株の種と芽5



すべての100倍株の種候補が
テンバガーを達成しており、

ここに未掲載の事例分析でも確かめましたが、
100倍株の発掘を法則化したことで、
テンバガーの芽の発掘精度も抜群に向上!

これまでは、
テンバガーのポテンシャルある芽を探して、
すべてが10倍にならなくても、
最低線でまずは2倍という法則でしたが、

今回の100倍株発掘法則を手に入れた後だと、
まったく次元の違う世界に
足を踏み入れた感覚があります。


この9日間、
幸い米国株の動向も
良かったり悪かったり良かったりして、
じっくり個別株の研究もできましたし、
(金曜日の米国株は綱渡りの細い綱をうまく渡りました。LMI含めこれは明日18日夜までにフォローします)


安倍先生のご霊前に感謝を申し上げる以外は、
1に財務、2に財務、3・4も財務で、5も財務、
とにかく息する以外の暇さえあれば
財務諸表を上から下から斜めから、
あらゆるパターンで分析して攻め、

これまで決して安値で仕入れる法則を持っていなかった
バイオベンチャーなども
今後は射程範囲になりそうです。

それにしても、
算出で構成している数式や加味した理論など、
過去と全く違う部分も多々入っています。
(逆に、今まで100倍株が取れなった理由もよく理解でき、新境地に足を踏み入れた気分です)

ですので、
12月初旬に予定する新刊は
『100倍株をつかむ〇つの条件』、
そんな感じで、
この理論のバックグラウンドを解説し、
大化け株の新境地を切り拓いていきたいと思います。
(次の新刊のコンセプトは世界初?かと思いましたが、洋書で2冊ほど類書があるようです。ただ、最近は10倍株も珍しいものではなくなりましたので、元祖テンバガーの戦士として、今度は100倍株を複数獲得し、世界に冠たるハンドレッドバガーのASAKAになるべく努力を積んで宝の山を登りたいと思います)

そして、
上記「100倍株の種」の
発生タイミングのほぼすべてが、
不景気・景気大減速(米は98年~減速してもリセッションは回避)の時だけ
です。

大嵐を
テコにできる知こそが
富の源泉。

これは古代ローマなどの
いにしえから変わらぬ真実ですが、

これから嵐が来るのか、
ハリケーンが来るのか、
はたまたこないのか、

そればかりは
100%の確度での未来は
わかりませんが、

これで
嵐でもハリケーンでもどんどん来い
そうワクワクできる迎撃体制で
秋以降の米・量的引き締め加速のステージを、
待ち受けていきます
(仮に、全体相場が程度の浅さ深さはあれどもイメージ通りのメインシナリオの展開になった上で、この異次元の魔法の算出法があれば、次の5~15年で伝説を創れるよう闘志を燃やしていきます。特にコロナ相場前から私の100倍株挑戦に期待を続けてこられた中長期読者の方にはオン・タイムでメリットをシェアしていきたいと考えておりますので、ひとまずこの夏の全体相場の休憩場が過ぎて、秋からの全体相場の方向に引き続き注目しておいてください)

なお、
100倍株の解析に光明が見えたが故に、
その研究に没頭してしまったため、
長期相場・判定ナビ(LMI)は
この3連休中(つまり18日中に必ず)更新し、

定例の注目株も、
間に合えば19日早朝までに新たな算出法で
数値の更新だけでも行いたい気持ちはございますが、

こちらに関しては少しは例示もつくらないと
数値の意味が不明だと思いますので、
新算出法で遅くとも20日20時にはUPと考えています。

では、
みなさまは残り1日半の連休をお楽しみください!
わたしは秋以降の嵐に備えて体制整備を進めておきます。
今日のところはこの辺で!



<業務連絡>
・100倍株発掘の完全法則化の実現を記念して次の新刊(12月初旬予定)は100倍株関連でいきます
・長期相場判定・ナビ(LMI)の更新:18日20時までにUP
(マガブロ内では1銘柄づつ時系列のデータを少しづつ掲載していく予定ですが、景気減速時のバリューの罠にはまらない為に、このLMIの活用が重要になります。追って解説します)
・注目株割安お値打ち度の新指標での更新:20日20時までにUP
・この100倍株の新法則を活用し、これ以降~年内までには昨年度分の年間特典企画を実施

全体相場のLMI分析を含め、
諸々の研究を大変お待たせいたしましたが、
ご理解ご協力に心から感謝を申し上げます。

あとは世界相場の舞台が整いさえすれば、
ガンガン攻めていきましょう。

よっしゃ!!!



【100倍(1000倍株)を合理的につかむ新指数】祝☆七夕×一粒万倍日の大開運日にβ版がついに完成!


今日は珍しく星の見える七夕。
何年あるいはそれ以上ぶりに一度の再会を
彦星と織姫も喜んでいる事でしょう。

さらに今日は、
縁起の良いことに、
一粒万倍日でもあります。
「一粒万倍日」は、大きな発展運をもち、特に金運アップに最良の日とされています。田植えからはじめて丹精込めて育てた稲が、やがてたわわに実り収穫の時を迎えるように、「一流万倍日」は何倍にもなって自分に利益が還ってくる大変縁起のいい大開運日です。引用:https://news.mynavi.jp/article/20220707-2385334/

私はこの日を目標(目途)に、
100倍株だけに特化した発掘法(バリュエーション評価法)を
確立すべく研究を続けてきました。

これまでの発掘法・お値打ち算定は、
10倍株の事例を基に開発し、
多くの10倍株を獲得してきました。

40倍などで手放した当時に
現在の分析法があれば
100倍株(モノタロウ)も獲得できた武器でもあり、
PERなどの誰もが目にするものしかない投資家よりも、
相対優位があることは間違いありません。

実際に、
ベイカレントやレーザーテックや
マイクロソフトなどの売りでも、
(巷でイメージのある北の達人やペッパーFSなども含めて)

現在のバリュエーション評価法で、
ことごとく天井圏での売りも
成功してきました。

しかし、
現在の発掘・分析法ではまだ50倍超が最高で
実際の100倍株を手中にしていないほか、

全体の財務を反映させているとはいえ、
売上・成長性の評価配点が大きく偏重し、

今回のような
全体相場崩落での成長株の撃沈に脆弱な点など、
まだまだ改善したい点も多々ありました。

そんな中、
どんどん世界相場の雲行きが怪しくなるにつれて、
もしかしたら今後10年に一度、
あるいは何十年に一度しか到来しない、
成長株の更なる崩落と魅力的なバーゲンハントがあるかもしれない、
その未来を想像するだけで、
もっと強力かつ頑丈な武器が欲しい、
そう考えました。

そこで、
過去に3度トライして失敗してきた、
多数の100倍株を獲得するための方法論確立への4度目トライと、
現在のバリュートラップに嵌る発掘法の改善、

わかりやすく言えば、
100倍株も数値で狙えるのに、
半値超~7割安9割安の暴落をなるだけ避けられる、
なんとも贅沢だが確立できるものならしたい、
そんな分析法の研究に没頭してきました。

そして、
今日の七夕×一粒万倍日の
100倍株ポテンシャルスコア・1000倍株ポテンシャルスコア、
ならびに新しいGARPレシオとこれらの運用法(β版)が
誕生したことをご報告いたします。

なんとしてでも
7月7日23:59までに確立させたい、
そう思ってここ数日はほぼ不休で走ってきたので、
具体例や実例解説などは少しづつとさせてください。

<事例①>
これまで何度トライしてもうまくいかなかった
米アップル(AAPL)で100~1000倍の利幅を、
定量ファンダメンタルズだけで獲得できる事例
(追ってリンクを入れる)

<事例②>
リーマン・ショック後の最安値から
コロナ暴落前の最高値で250~300倍となった
日本株のベスト3(朝日インテック・日創プロパティ・UTグループ)でも、
アップル社同様に有効性が見て分かる3事例
(追ってリンクを入れる)

<事例③>
大化け100倍株の種からゲットし、
10倍株の芽も得て100倍株の花を咲かせる、
それが可能なその他の実例
(追ってリンクを入れる)

<事例④>
長期相場判定・ナビ(LMI)の概念を個別株分析で活用し、
LMIがブルな時はバリュエーションの許容を大きく、
逆にLMIがベアな時はバリュエーションの許容を小さくすることで、
ことごとくバリュートラップを回避できた事例集
(追ってリンクを入れる)


なお、
1銘柄の分析に8~20時間を要する為、
これまでの過去テストで組入れてきた
大化け株すべての精査は、
まだまだかなりの時間を要しますが、

α版は先週確立したこと、
ベータ版でも従来の主力10倍獲得株や
上記の日本株ベスト3などの未獲得大化け株でも
方法論が有効だったことから、

あとは走りながら
正式版の運用法を固めていきたい、
そんな風に考えています。

これで嵐の中の常人ではつかめない天使の羽、
それを合理的に狙うための
最低限の準備を整えました。

まだ事例出しが出来ていないため、
ピンとこないかもしれませんが、
どうしても7月7日の縁起の良い日に、
誕生宣言をしておきたかったので、
その点は物足りないかもしれません。

ひとまずこれからどんどん精査を進めて、
次の銘柄更新から新バージョンで
活用できればと思います。

最後に。

大は小を兼ねるで、
すべての財務諸表を満遍なく反映させて、
100倍株獲得法を確立させてみると、
これまで以上にテンバガーがまずは2倍株のような、
身近な存在に感じてきています。

そして、
いざもう1段2段の調整があれば、
100倍株の種を植えるチャンスは、
過去事例からだと10倍株ほど全く長くなく、
瞬殺的に(といっても1週間~3か月くらい)の
買い攻撃を打ち出す必要があります。

世間の90%の投資家は
市場の長い低迷は最悪かもしれませんが、

そういう腰の据わった低迷こそが、
90年代も00年代も10年代も、
そしておそらくこの20年代でも
100倍株の種をこの世に授けてきたので、

今度こそは、
87年・20年のようなフラッシュクラッシュでなく、
株価の顎が外れたような腰の据わった暴落絵図、
そんな暴風雨の中で黄金の矢で獲物を射止める、
そんな未来を毎日毎日思い浮かべながら、
準備周到かつ地道に相場を観ていきます。

<あとがき>
ここまで随分株価も下がってきましたから、
過去の調整局面と同じように、
今月くらいは堅調な展開で、
悲観論が少しは後退するといいですね。

米主要3指数も順調に上がっているようで、
何よりです。

今日はこれから星を観ながら、
新分析法の誕生を祝いたいと思います。

なお、
この分析・算出はべらぼうに時間がかかりますが、
副産物として100倍株の種かどうかを3分でチェックできる
簡易テスト法にも気づいてしまいました。

これは3行で計算が終わるので、
手元での算出が可能です。

その方法は、
新刊かブログで改めますので、
楽しみにしておいてください!



<一応、こんな感じの表・結果という実物を載せておきます>

・過去何度やっても利益や資産などを入れた財務全般で
発掘&ホールド分析で成功しなかったアップルをついに攻略!

アップル 100倍1000倍事例

これは偉大なアップルなので、
10倍以上なら買うタイミングはかなり広いですが、
アップルですら100倍の種はかなり希少です。

ましてや他銘柄で100倍の種を狙い、
なおかつバリュートラップも避けてというのは、
追々事例をこのように表で載せますが、
他銘柄の仕込みタイミングはかなり狭いです。

ですが、
毎週毎週チェックすれば、
その歴史の瞬間に立ち会うことが可能でもあるだろうと、
ワクワクしています。
(今後の相場でそのくらいのバリュエーション調整が発生することを今日は星に願います)


なお、
上記のアップルの表(基点①パターン)で
例えば98年1月に買って11倍で売り、
数値改善に基づいて03年に買い戻して21年1月~21年12月に売り、
これで仮に初期10万円で投資で来たとして110万円になり、
次に税引き後の約88万円が約4.5億円~5.8億円(税引前)という超絶リターン。
基点②の長期指標でずっと持ち続けるパターンで
21年12月に売れば10万円→1.4億円に。

勘や単純な誰もが見ている割安指標などでの
再現はかなり難しいと思いますが、

追って追加する日本株事例も含め、
上記の分析法での再現力は
かなり期待できる結果となっています。

これはアップルの事例ですが、
日本株もリーマン後からコロナ前までで
111社に1社も100倍超になっているわけですから、
そんな夢のある発掘プロジェクトを始動していきます。

100倍のポテンシャルのある
タイミング&水準で射止めておけば、
悪くて10倍。

何度も何度も失敗してきた
多数で通じる100倍株の反復法則の確立という
限界を遂に超え、

目指すは
人生初のハンドレッドバガー。

そんなイメージをリアルにすべく、
β版を粛々と願いを込めて
完成させていきます!
(β版でのデータがもう少し揃ったら、いつこれを反映させるかなどの業務連絡を入れます)

あと残り30分くらいで、
貴重な七夕&一粒万倍日も終わってしまいますが、
少し手を休めてこれから星に願いをしつつ、
強く実現を誓ってきます。

では!

2022年7月7日 
70%超(α版現在)の多数で通じる
100倍株バリュエーション評価法の誕生を祝して。

朝香友博