長期相場・判定ナビ(LMI)
ファンダメンタルズ(US株価利回り・金利・物価・原油・ISM製造・住宅・雇用指標)だけで算出する長期相場のブル・ベア測定器。投資を有利に勝ち抜くために、ナビをベースに細やかなテクニカル分析を加味していきます!
 
プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
成長企業アナリスト/投資家
(2倍・10倍・100倍・万倍株を研究)

 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
更新通知登録ボタン(要FC2ID)

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします(この機能に関するご質問等はこちら→FC2ブログお問い合わせフォーム

 
「10倍株で勝つ」関連資料
 
◎お問い合わせ先
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
   
リンク
 
RSSリンクの表示
 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
マガブロ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容(codoc版も以下に準じます)>


☆『相場観と市場動向』
相場のリスクオン・オフや
景気サイクルでの位置づけなどを、
長期、中長期、短中期、短期の視点から
国内外の200以上の金利や株価水準や
経済指標等により分析した記事。
LMIという独自のスコアでの分析も提示します。

原則として
週次更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新
もしくはそれに準ずるフォローを
想定しています


当マガジンでは、
短期は~1年、短中期は~3年
中期は3-5年、中長期は3-7年、
長期は7-15年、超長期は15-20年の設定。

これは企業の中期経営計画が
概ね3年後を指す標準的な設定であり、
それと歩調を共にする時間軸設定であります。

中長期投資で最も大事な
時間を味方につけるという観点と
不況・好況の上り坂で買って
好況絶頂で売り始めるという
運用サイクルの面からも、
重要な設定だと考えております。

よって、
デイトレ趣向の方や、
超短期トレードでは重要な
買値からたった8%マイナスで損切等の
スタンスの方にとっては
当マガジンが馴染めないコンテンツと推察し、
別の参考資料やコンテンツを
お探しになることをお勧めいたします。


☆注目株・割安度スコア
中長期成長株を基本に選定した企業の
注目ポイントと独自の割安度指標を掲載。
(不定期ですが原則1カ月に1度は更新予定)


※相場の状況により注目銘柄の更新が
無い月もございますが、
その場合には翌月等に更新した際に、
更新の無かった該当月の購読権利で
その内容をお読みできるような
対応をさせて頂きます。
(具体的には翌月や翌々月の更新時に、該当月の最終日の日付で更新時の記事をアップさせて頂くことで補填をさせていただきます)


☆その他
・チャート解説
・リスクオン・オフの実況解説
・国際見本市や世界での視察のこぼれ話
など、

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話も
不定期・有料記事にてアップすることがございます。


◎毎月の購読がお得です
単独記事をすべて別々に購読した場合は、
該当月でばらつきがありますが、
15,000~25,000円程度の価格ボリューム
となることが多く、

<月次購読の場合>
9,933円
とお得になっております。

なお、
通年での継続読者特典の企画(※)
も近年行っております。

※どの特別企画も
単体記事を重ねて
購読頂けましたら、
後からでも閲覧自体は
「いつでも、どなたでも可能」
でありますが、
(個別の月次該当記事を追ってすべて購入することで、不特定多数のすべての方が購入できる形式の特典であり、非公開・会員限定のようなものではありません)

ご継続いただいた方に
よりメリットが生じるような
企画も行っております。


<留意事項>
※当サイトは不特定多数の方への投資情報提供を目的するメディアです
※個別あるいは相対での投資助言に該当するような投資判断に関する個別回答などは一切できませんので予めご了承下さい
※また、販売する情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。その情報は利益をもたらすことを保証あるいは示唆するものではありません。株式投資は利益をもたらすこともあれば、逆に、大きな損失をもたらす可能性があります
※当マガジン(電子雑誌・メディア)はFC2/はてなブログも公式採用のcodocなどの著名な公のサービスを利用して、どなたでも、随時の(継続もしくは単発記事による任意の)利用が可能です。
※当マガブロは株価・経済・景気の分析手法を公開している著者書籍の袋とじのような延長線上の最新版として更新されており、その手法や内容の大筋などは当マガジンのサンプルという意味合いも兼ねて過去の書籍ですべての方がご参照いただけます
(参照:https://amzn.to/2zbIK6E)

※読者の個人情報や決済に関わるすべての情報はFC2社(codoc版はcodoc社)
のみ保有しており、マガジン発行者である当方・事務局は読者の個人情報を保有しておりません。
※過去分の閲覧は事務局の保証対象外です。コンテンツアップ先のFC2ブログに何らかの障害が発生した場合、過去の記事が読めなくなる可能性がございます(codoc版ではサブスクの継続を解除した場合、閲覧不可になります)。原則として重要な記事はご自身にて保存をお願い申し上げます。

※お問い合わせ
・FC2マガブロのお問い合わせ(https://form1ssl.fc2.com/form/?id=549552)
・当マガジンへのお問い合わせ:朝香事務局(https://t-asaka.info/contact)

以上、
ご検討のほど
よろしくお願いいたします。

(2020年6月一部改訂/2023年9月加筆)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

【中長期10~1000倍株をつかむための新指標】バフェット・アサカ割安成長(BAG)レシオの運用マップと事例


◎最終更新:23年5月17日 22:15
◎当記事作成:同5月9日 
◎運用表:5月14日完成 
◎次回更新予定:5月22~23日頃
(に変更し銘柄算出企画の進行優先)


この記事は先日の、


の続編であり、

目的は、
今後の銘柄査定と有望株発掘の際、
このページに戻って来て
見方や基準などを参照するためのページです。


また、
ルーツは22年秋の
100倍株売買事例の改良版続編でもあり、

イチからの完全な説明ですと、
途方もなく時間・量がかかるため、

上記の過去の記事
(旧タイプの売買基準はアップル事例)を参照or
ある程度の月次更新で見方を把握頂いている
前提で書いていきます。
(ただし、下記のように判定表はリニューアルされています)


ではさっそく、
先月~5月半月もの時間をかけて
磨き上げた新開発指標を
シェアさせていただきます。


まず結論として、
バフェット・アサカ割安成長(BAG)レシオも含め、

新しい総合BAGレシオを
さらに開発したうえで、

下記の
新運用ガイドラインが
5月14日に完成。


各指標の配点判定表・
銘柄格付けランク判定表は
以下のようにリニューアルされました。
(具体的な事例は表のあとにリンクがあります)


<各指標の売買許容判定レンジ>
大化け株売買・各指標での配点表


大化け株売買・各指標での配点表 備考欄
*お手数ですが、各画像をクリックし拡大してご覧ください


<判定・ランク格付け表 (全統括表記を総合に変更のみで判定基準は非変更)
大化け株格付けランク判定表Ver2 2023年5月版
(※上指標の再刷新でまたイチからのデータ集計となり、C以下は大きな変更はないと見込むものの暫定値)



新運用法における
銘柄事例に関しては、
以下のリンクをご参照ください!


なお、
順序は逆になりましたが、
この2つの運用マップが完成し、
銘柄の査定が可能になり

今月の
超大型株・全発掘を
予定通りに進めるためにも

数時間は要する事例集作りは
発掘作業と同時並行にて
下記にて充実させていきます。


【事例 第1弾 米アップル・日レーザーテック】

<アップル(AAPL)推移表>

詳細解説は
をご参照いただき、

追々、
表の見方を把握した方のために、
下記に推移表だけ貼っておきます!


アップル超長期総合BAGレシオ推移表(前半)



アップル超長期総合BAGレシオ推移表(後半)




<レーザーテック(6920)推移表>
レーザーテック超長期総合BAGレシオ推移表





【事例第2弾】
<マイクロソフト(MSFT)推移表>
マイクロソフト 超長期総合BAGレシオ推移表




【事例第3弾】
<北の達人(2930)推移表>
北の達人 超長期総合BAGレシオ推移表




↓以下、追加事例を制作中↓

買いの査定は厳しく、
一度ホールドしたあとは
保有した後の許容水準を緩和することで、
利を伸ばす判断に優位性を持つことを目指し、
完成想定表が当初の想定から急な変更になったため、
新事例と入れ替えていきます。
(なお、上記の更なる新指標のおかげでさらに精度が上がっていますので、目的である発掘作業が楽しみです)

朝香
お問い合わせは朝香事務局まで)


=====================
↓変更・修正前の以前のコンテンツです。



事例③ ファーストリテイリング(9983)

<簡易的なバリュエーション推移表>
BAGR20230509 ファストリ





事例⑤  朝日インテック(7747)

<簡易的なバリュエーション推移表>
BAGR20230510 朝日インテック






事例⑥ 日創プロニティ(3440)

<簡易的なバリュエーション推移表>
BAGR20230510 日創プロニティ








事例⑦ アドウェイズ(2489)

<簡易的なバリュエーション推移表>
BAGRアドウェイズ20230510






事例⑧ モノタロウ(3064)

<簡易的なバリュエーション推移表>
BAGR モノタロウ20230510







事例⑨ ペッパーFS(3053)

<簡易的なバリュエーション推移表>
BAGR20230511 ペッパーFS






事例⑩ そーせい(3053)

<簡易的なバリュエーション推移表>
BAGR20230511 そーせい







事例⑫ ガンホー(3765)

<簡易的なバリュエーション推移表>
BAGR ガンホー20230512





【事例第3弾】北の達人の総合BAGレシオ推移表-6年で228倍-

記事作成 2023年5月17日 22時


第2弾事例に続く
事例第3弾は
北の達人の刷新版を
アップします。




北の達人(2930)事例

「全期間のバリュエーション推移表(ver.3)」
北の達人 超長期総合BAGレシオ推移表

ページ下部の運用表の見方や事例第1弾事例第2弾を把握された読者用です。
※既出事例で不足する解説は、以前22年秋に作成のアップル株事例・後半箇所での指標の見方もご参照ください
※この事例集は『指標の有益性』と『活用の運用ルール』を習得するための事例提示が目的
(売買を繰り返した例はパフォーマンスが上がるのも事実で、以前例示済みの当リンクをご参照ください)



<事例で覚えておきたい点>

(2012年5月)
☑総合BAG~THSまでの左から重要な4指標のクアトロサイン、ならびにG-GARPにも激安種のサインが点灯
☑同社の2018年大天井まで唯一のSランク割安度で、唯一の100倍株の種となった(6年で228倍へ)

(2012年8月~2017年2月)
☑全体相場判定がずっとB(ブル)のため、判定はランクのみ掲載
☑約4年半の中期にわたり、何度もテンバガーの芽を仕込むチャンスがあった
☑逆説的に、この4年半の間は時価総額の「大きな急上昇」なく、割安・激安だから上がるとは限らない点は忘れない
☑投資対象の有望性・割安度の魅力持続中、賢明なる投資家にとって待つこと・買い増す事が任務となる
☑結果として17年2月までの仕込みがすべて「テンバガーの芽」となった
☑同社株においてのテンバガーの芽は「SA~Cランク」で長い時間の好機が続いた

(2015年11月)
☑ずっとA~Bの優良割安成長株だった同社で、途中唯一のCランクの時期
☑短中期に2つ、中長期に2つ過熱を示すサインが点灯したことから一部利食いはOK
☑このケースではすぐに2016年2月に株価調整でAランクに戻ったところを買えばパフォーマンスは俄然向上
☑ただし、多くを利食いしてしまうとその後にD>E>Fランクと株価が急騰した場合の利を逃すため注意
☑結局はどういうスタンスや期間で対象株を売買しているのか、正解は投資家によってバラバラ
つまり、15年11月のプチ急騰でどんな方にも言えるのは、
・中長期~超長期ならまだ10~数十倍株の芽になれるポテンシャルはある
・短期(1年内)~短中期(3年内)程度の投資であれば、一部売りを仕掛けてもよい淡い過熱くらいはある
という状態で判断し、先述したようにその答えは投資家の状態によりバラバラだろうということ。


(2016年2月~11月)
☑実際に同社を発掘して仕掛けていった時期
☑8月には上記の表でトリプルブルーの激安サインが点灯し25倍の種となった
☑2012年5月の228倍株の種ならいいが、時間効率を考えたら2014年より2016年のタイミングが理想的だが・・・
☑そんな都合のよくは難しく、2014年にご縁があって魅力的で仕込んでいたら2年が経過し、2016年を迎えたと推察
☑よって、私の見つけたタイミングから2年で22倍超を取れたことを幸運と捉える
☑そのスタンスの上で、理想はやはり「12年5月の種」を探し続け6年で228倍を取れること


(2018年2~5月高値天井)
☑まだC-Dランクでまだ利を伸ばしていたところ、18年2月に急騰到来
☑18年2月後半、従来メイン使用GARPレシオ20越えで超割高、総合BAGレシオ・BAGも10超の割高のスコア
☑2月後半のEランクでは10年20年目線のスコアTHSも急激悪化
☑ファンダメンタル的には2月のほうが割高で、定性的な期待も尽きていればEランクで終了しても仕方ない水準
(5月の方が業績はいいため、株価は上がってファンダメンタルがわずかだが改善)
☑ただ、実際には筋肉質だった同社の収益構造に疑義を感じた点と中長期テクニカルの熱狂圏突入を指摘し、幸い5月の大天井で売り抜けることもできた
☑これはファンダメンタルだけでは限界がある点と、欲張らなくて腹八分なら2月売り抜けでも十分と両方正解
☑もちろん、レーザーテックのようにまだ先がある判断を当時の同社株にも感じていればGランクを目指しただろう
(Gランクまで熱狂過熱して大天井売りしたのは、リンク記事下部のレーザーテック参照)
☑しかし、自分目線で魅力的な事業構造の変化を感じていたため、ファンダメンタルのセミファイナル過熱とテクニカルサインの熱狂での撤退で終了
(『日米100倍株で勝つ』、128ページ売り基準なども参照)


以上、
6年で228倍の
北の達人事例、

ご参照まで。
(※同社株も22年秋に検証した古い事例記事があります。余力のあるかたはコチラよりどうぞ)



《参照》
◎各指標の売買許容判定レンジ表と格付けランク判定表の見方


<各指標の売買許容判定レンジ>
大化け株売買・各指標での配点表


大化け株売買・各指標での配点表 備考欄
*お手数ですが、各画像をクリックし拡大してご覧ください
(少しだけでも見やすくするため横幅を短くし、備考を別に分けるなどの再加工を施しました)



<判定・ランク格付け表>
大化け株格付けランク判定表Ver2 2023年5月版
※D以下は今後のデータ蓄積で配点変更の可能性あり。B以上は全体市況のブルB・ベアSに関わらず判断不変

※運用活用基本は昨年の100倍株発掘事例での表解説も似ており最低限で省きます。初見の方はそちらもご参照ください

の深堀の一環記事です


事例第1弾(米アップル・レーザーテック)も理解を深めるためご参照ください




【事例第2弾】マイクロソフトの総合BAGレシオ推移表-リーマン後22倍-

記事作成 2023年5月16日 15時55分
最終更新 同日22時37分(99年12月説明を加筆修正)21時10分(2019年時期の追記)


昨日の第1事例に続く、
事例第2弾として、
米マイクロソフトの刷新版を
以下にアップします。




マイクロソフト(MSFT)事例

「全期間のバリュエーション推移表(ver.3)」
マイクロソフト 超長期総合BAGレシオ推移表

前提として、ページ下部の運用表の見方や事例第1弾などを把握している読者用の事例第2弾となります。
※既出事例で不足する解説は、以前22年秋に作成のアップル株事例・後半箇所での指標の見方もご参照ください
※この事例集は『指標の有益性』と『活用の運用ルール』を習得するための事例提示が目的
(ただ、売買を繰り返した例はパフォーマンスが上がるのも事実で、以前例示済みの当リンクをご参照ください)



<事例で覚えておきたい点>

(1999年12月)
☑総合BAGレシオ・BAG・GARPレシオ・V-BAG・B-GARPがすべて10超の割高のスコア
☑THSだけがやや割高圏で一部残す判断はできる
☑格付けランクの判定は「F」
☑どんだけ株価が下がっても耐えられる心中覚悟銘柄なら、まだ格付けが「F」で「G」が残っているためOK
(Gランクまで熱狂過熱して大天井売りしたのは、リンク記事下部のレーザーテック参照

☑ただし、アップルが同時期、まだ割高圏にない総合BAG・GARPスコアだったのに比べて相対的に割高
☑よって、仮に定性判断がほぼ同点とすれば、どっちかを残すなら割安性の観点からアップル株が正解となる
☑実際に、MSの「次の長期大化けの芽」になる割安な買い場まで10年近くかかっており、割安性の査定もやはり大事


(2009年3月)
☑総合BAG~THSまでの左から4指標、ならびに大型株限定指標も含めて100倍株の最低条件割安度はクリア
☑総合BAGレシオ・BAGレシオは2つペアで特に強い割安サインを点灯(水色で表記)
→その後に22倍株(実際に20倍超獲得)の原動力になりました。
(もちろん、当時は今回の2段階進化前の劣後版でしたが、有効に働いてくれました)

(2009年3月~2013年8月)
☑総合BAG~THSまでの左から4指標、ならびに大型株限定指標も含めて100倍株の最低条件割安度はほぼクリア
☑2010年8月にV-BAGが0.1オーバーでグレー表記になっていますが、グレーはテンバガーの条件としてはクリア
☑結果として、ここの仕込みまではすべてテンバガーの芽となった
☑テンバガーの芽となれたのは、同社事例ではすべて(今のところ)Aランクのタイミングのみ


(2019年8月<追記>)
☑時価総額10000億ドル以上のそれ以降、BAGレシオは通常バージョンを適応した
☑同時価総額or高配当株に関し、超大型株の例外としてB-GARPのどちらかを選んでよいルールに基づく補足
☑MSはバリュー性よりも安定した成長性に着目して持続投資をしてきたため、朝香分析MIXのBAGレシオを選んだ


(2021年11月高値天井・22年7月・同10月)
☑従来から使用してきたGARPレシオも新開発のバフェット割安成長レシオ(B-GARP)も10越えで割高
☑全体スコアのペナルティを加算した判定ランクも割高~超割高圏のE入りで部分的あるいは半分利食い等が妥当判断
☑ただし、同天井圏ではバフェット指標の割高性はアップルと同様なものの、MSFTの総合BAGやTHSの過熱感が薄い
☑そのため、まだこの天井は大天井でない可能性も残っている
☑その後の下落で翌夏には優良トップ株の短期押し目拾いが検討できる程度の水準まで割安度はやや改善
☑さらに22年10月には大型株限定指標で買いを妨げない水準まで割安度が緩和している
(残念ながら、その時にはチームバフェットにヒントを得た新開発のバフェット指標は持ち合わせていなかった)
(事業相違等もありますが)結果としてアップル株23年1月反転に比べ、MS株は相対割安性に勝り22年10月に反転

<その他>
☑収堅性スコアはまだデータ蓄積が少なく暫定判断ですが、同社の収堅性はリーマンショック後を除き、すべて90点台で極めて強く、底堅い株価の源泉と心得たい

その高い収益堅固性(収堅性)があったためか、同社株は一度も超激安のSランク=100倍の種は出現せず


以上、
リーマン後22倍10株の
マイクロソフト事例、

ご参照まで。
(※同社株も22年秋に検証した古い事例記事があります。興味のあるかたはコチラよりどうぞ)



《参照》
◎各指標の売買許容判定レンジ表と格付けランク判定表の見方


<各指標の売買許容判定レンジ>
大化け株売買・各指標での配点表


大化け株売買・各指標での配点表 備考欄
*お手数ですが、各画像をクリックし拡大してご覧ください
(少しだけでも見やすくするため横幅を短くし、備考を別に分けるなどの再加工を施しました)



<判定・ランク格付け表>
大化け株格付けランク判定表Ver2 2023年5月版
※D以下は今後のデータ蓄積で配点変更の可能性あり。B以上は全体市況のブルB・ベアSに関わらず判断不変

※運用活用基本は昨年の100倍株発掘事例での表解説も似ており最低限で省きます。初見の方はそちらもご参照ください

の深堀の一環記事です


事例第1弾(米アップル・レーザーテック)も理解を深めるためご参照ください




【事例第1弾!15指標を駆使】10倍・100倍株「超割安発掘・超割高売り」確率を高める指標の開発・事例(米アップル・レーザーテック)


(以下、長文になりますので、ぜひお時間がある際にじっくりお読みください)

大変お待たせしました。
朝香です。

今日も
日経平均・TOPIXが強く、
うれしいですね!

ここは、
2月末、先月、先日のLMI分析の中でも
相場の半歩先読みを示しているので、
別途改めるとして・・・
(と、「こんにちは」でつくり出した当記事。想定以上に落ち込んだNY連銀(製造)指標まで発表された時間になりました。数値が大きく動けば市況の再精査もしないとですね)

下記にて
バリュエーション評価に関しての
昨夜の補足です。
(全体市況が足元好調のうちに、早急に仕上げていかねばです)


銘柄査定・運用の再構築で
ご報告したような指標の不納得には、
以下のような思いがありました。


特に、
先に書くアップル要因に加えて、

21年12月に
チャートや定性含む総合分析から
大天井・感謝撤退判定をした
レーザーテック、

その査定で、
5月13日までの分析法だと
大天井が取れなかったことで、
今回の分析法を再構築した
一因になりました。

まず、
から改めて見ていきます。



前記事で掲載した アップル(AAPL)事例

「全期間のバリュエーション推移表(ver.2)」
BAGR20230509 AAPL LONG


「参考:前回ver.2の簡易的なバリュエーション推移表」
BAGR20230509 AAPL


前回はこの結果に対して、
「以前に達成できなかった
過去25年の同社株における2度の大天井で
ドストライクの売りサイン点灯に成功!」と、

歓喜の感想を書きましたが、
時間が経過していく中で、
その判断が早計だったと気づきました。

確かに、
バフェット割安成長レシオの開発成功で、
その指標は超割高な20の大台をつけており、

当時はバフェットも
人気IT株がバブル過熱と指摘し、
その後に同社株も8割下落をしたことを考えると、
ここで超割高サインを点灯させられたことは
研究の成果であり、

この点はとても素晴らしく、
今後もこのバフェット新指標を
活用していくことは変わりません。

が、
しかしです。

☑当初は新指標開発でテンションも高まり、00年3月天井のタイミングでの超割高サインに喜びましたが・・・
☑前回も長期分はすべて手放さず短中期の売りサインと解釈すると書きましたが・・・
☑バフェット新指標(B-GARP)が20越えの超割高で、旧重要3指標が左から12・14・20だと完全撤退する結果になったかもとも感じました

☑やはり、前回も少し触れたように10-1000倍株の長期ライフスコアTHSは100ポイント中 87ポイントも残っている
☑結果として、00年天井で高値掴みをして約20年放置でも約129倍の100倍株の種である一面も事実
☑加えて、バフェットはごく数銘柄を除けば平均保有期間(00年代)3-7年程度で、中長期売りサインでいいのでは?
(要するに長期・超長期サインと見なさなくてもいいんでは?)
☑わたしはわたしで数百の大化け株のバックボーンから10年20年目線で長期THSなどの指標を開発している
☑さらに、昨秋の事例で書いたカラフル新Mac人気記事=伸びしろなら、中期売りOKでも、長期「大天井」撤退は早計では?

☑別の面としては、仮に00年天井サインで全撤退したら、再INできたであろうか?
☑興味が薄れると再モニターを忘れることもある
☑それからの下り坂があっても、ごく一部でも保有して残せば忘却することはまずない
(6195ホープも大天井で完全撤退を避けて復活を願い、1単元だけ残しモニター持続事例などあり。先月~また再モニターに格下げになっていますが・・・)

☑それでも、仮に98年(1行目)でINしていたら、ホールドの一部か1単元残しは10倍の利益が2倍に減っている
☑それでもそれでも、大半かほとんどを11倍の超割高サインで利食い、残り株の含み益8割減なんてよくある経験事例
☑大半、あるいはほとんどを劇的に儲けられた利益確定をして、やはり一部でも残すのがいいのでは?
☑そうすれば、仮に2003年まで3年を要しても「激安数値で再始動機会」を逃さない
☑つまり、「よっしゃ、きたぞきたぞ、3年待って、黄金の種に戻ったじゃん!」となる
(その過程で全体市況の暴落があった際に、自分目線の有望株かつ非割高なら買い増しをしたかもしれない)

☑この流れの方が自分(朝香)っぽい
☑そのためには、一見すると見やすい新しい簡易表でなく、従来のようなランク格付けでの緻密なチェックが必要
(以下、下記にて従来のような図表を更なる新指標とともにご紹介しています)
☑面倒で読者の方も少しお待たせする結果になるかもだけど、もう少しだけ納得するまで研究・査定を続けたい


ということで、
一度目の天井は、
大きな利食い時に捉えつつも、
一部を残す判断ができるツール

つまり、
一度目の天井では
総合指標での割高判定にならず、

かつ、
バフェット指標も加味した新指標を
さらに開発したほうがいいと考えました。


そこで、
☑従来からのランク付けと多指標を同時駆使の運用法で現実的な方向戻しをする
(そうすることでタイムロスを最小限に抑えることを意図)
☑新開発したバフェット指標は必ず活かすこと
☑5月13日時点で力点を入れた有益「BAG・GARP・THS」 3点セットにフォーカスをあてること
☑「BAG・GARP・THSの3点セット」に配点の重点を置くことで前回までの研究は活かすこと
☑あわよくば3指標をブレンドし、以前のGARPレシオのように1指標でざっくりバリュエーション=温度感を測る

を目指して研究を続け、

そうして開発したのが、
「総合BAGレシオ」と
以下の判定水準になります。


それでは、
「アップルのバリュエーション推移事例①ver.3」を
以下にて改めてアップしたいと思います。



その前に・・・。

銘柄の事例表を見ても
迷子にならないように

リニューアルされた
各指標の売買許容判定レンジ表と
銘柄自体の格付けランク判定表を再度張り付け、


続けて、
アップルの事例、

さらには、
21年12月を『大天井』と見定め、
ありがとうのお別れをした
レーザーテック
(今のところ、大成功の結果になりました)

そのバリュエーション推移表を
アップル事例の流れに
つなげてアップします。




<各指標の売買許容判定レンジ>
大化け株売買・各指標での配点表


大化け株売買・各指標での配点表 備考欄
*お手数ですが、各画像をクリックし拡大してご覧ください
(少しだけでも見やすくするため横幅を短くし、備考を別に分けるなどの再加工を施しました)



<判定・ランク格付け表>
大化け株格付けランク判定表Ver2 2023年5月版
※D以下は今後のデータ蓄積で配点変更の可能性あり。B以上は全体市況のブルB・ベアSに関わらず判断不変

※運用活用基本は昨年の100倍株発掘事例での表解説も似ており最低限で省きます。初見の方はそちらもご参照ください

の深堀の一環記事です



最初に
全体図表を貼り、
その図表の前提事項を書き、

続けて、
前半と後半の推移表に
分けてアップし
分析をいれていきます。
(見やすさも考慮し、テンバガーの芽までと、それ以降の年次で上下2枚に分けました)



改めて、アップル(AAPL)事例

「全期間のバリュエーション推移表(ver.3)」
アップル超長期総合BAGレシオ推移表


<この表の前提>
☑「総合BAG・BAGレシオ・GARPレシオ・THS」が力点をおく指標
☑BAGレシオ・GARPレシオ・THSをブレンドしたのが総合BAGレシオ
☑その精査過程の知見から、THSのグレーハードル(テンバガー発掘レンジ内)を80から85に引き上げ厳しくした
☑チームバフェットにヒントを得た元々の新指標はB-GARR(バフェット割安成長レシオ)
☑それを改良したのが旧バフェット・アサカ割安成長レシオ(V-BAGレシオ)
☑B-GARRとV-BAGレシオは時価総額1兆円・100億ドル以上の株のバリュエーション評価で活用する
☑なお、時価総額10000億ドル(日本株では存在しないけれど時価総額100兆円以上)のBAGレシオにはB-GARP(バフェット割安成長レシオ)も適応可のルールとした

☑時価総額の表記は米国株は億ドル、日本株は億円
☑基点倍率は表記にある「基点」からの株価倍率の推移
☑最大倍率は該当時に買ったと仮定し、時価総額の最大値までのパフォーマンスを掲示
☑判定では左に格付けランクを右に全体市況の当時のLMI判断値を掲載
(例えば「C1.5-B」は格付けランクCでペナルティのマイナス点が1.5点あり、全体市況判定はブルの時期を表す)
☑該当株の参考にしない指標欄はグレーでベタ塗対応
☑それ以外は上記の売買許容レンジと格付け表・備考、以前のアップル株事例・後半箇所での考え方もご参照ください


☑なお、98年1月に買って、00年3月に売って、さらに03年1月買い戻してといったパフォーマンスの検証は行わない
☑あくまでも今回の事例集は『指標の有益性』と『活用の運用ルール』を習得するための事例提示が目的
(ただ、売買を繰り返した例はパフォーマンスが上がるのは事実で、以前行っているのでそちらをご参照ください)
☑2016年春はバークシャーが最初にAAPLに投資したタイミングとして掲載
(ちなみに、スコアは良好でランクは割安B。あくまで私のバリュエーション評価査定は10倍・100倍株発掘を下地に算出しており、バークシャーのタイミングだとテンバガーは取れていないが、一般的には良好な数値・バランス。もっとも、翌年2017年にバリュエーション評価はAランクにアップしており、バークシャーは売買のタイミングを分散させることから、さすがはチームバフェット!とも考えてもいます)



<AAPL事例で覚えておきたい点(上記図表を分割して表示)>
(参考に『日米100倍株で勝つ』でも登場した2期営業CF,自己資本比率,GVR,成長バランスも掲載しました)


「前半」
アップル超長期総合BAGレシオ推移表(前半)



「後半」
アップル超長期総合BAGレシオ推移表(後半)


☑「総合BAGレシオ1.5未満+以下2~3つ(BAGレシオ1.8以下orGARPレシオ1.6以下、THSスコア95点以上)」
の3~4点セットの揃った状態が理想

☑「超大化け株」を探す最上のバリュエーションサインの状態を青字(トリプルorクアトロブルー)で表記
(アップル事例では最高値までバイ&ホールドの場合、最大1436倍、最小値もニア・テンバガーの8.7倍)

☑総合BAGレシオ1.5未満単体orそれと他の1つの指標が合格圏で2点セットの場合は、水色表記
(アップル事例では最高値までバイ&ホールドの場合、最大66倍~最小6倍株)

☑「Sランク」だけに絞ると最小でも307倍となり、やはり細かく全15指標⁺αを駆使した引き算査定は超有益

☑同銘柄内で、昨年秋の旧版での3回だった希少Sランクが、今回の査定法では4回に1つ増えた
(それだけ長い何か月もの間で100倍株の種を仕込めるという意味で意義は大きく、たかが1回ではない。さらに数十倍株の発掘でも総合BAGレシオが出来たことで、昨秋よりもかなり超割安と見込んで仕込めるタイミングが大きく増えた)

☑アップルのように激安サインが頻出しないケースも多いので、準じたスコアでも10倍株は十分でることも覚えておく

☑(2000年3月高値)
シミュレーションとしては、時価総額225億ドルで大型株限定の指標も入れて、左から重要な6つのうち半分が10超の割高サインで少なくとも半分は売りに値する
(格付けランクE、長期チャートでも超過熱までを加味すると、おおよそ7-9割を売っていいのではないかと考える。ただ、GARPはまだ10を超えていない、THSも50すらまだ割れていない、つまり業績が崩壊しない限りはまだまだ中長期・長期売りのタイミングは先にあると判断し、すべてを売り切らないサインでもあると解釈する)


☑(2000年3月とその前後の株価)
同じBAGレシオでも、計算式の中身が時価総額100億ドル以上or以下でV-BAG or GARPレシオに重きを置いた2種類を使い分け適応数値を変えていく

☑(2001年1月)
旧総合指標GARPレシオ10超の割高サインも、総合BAG7.87、BAGレシオ7.65でスルー対応可能に

☑(例えば2008年1月・2020年1月)
Cランクのマイナス点悪化で短期利食うなら一部に留めて様子をみる
(08年1月、それまでSA→A→BからC判定になったところで、短期目線にて次の09年1月まで利食えば半値リスクを低減できる。一方、その視点だけだと今度は2020年の1月以降のようにランクが悪化しながら時価総額が上昇して、株価が過熱していく過程をすべて伸ばしてしまうため、中位ランクでの利食いはまだ短期に留めておくことも大事そう。ここは月足チャートでの売りサインなどとセットで重大なサインが出ていれば、短中期・中期分も売るなど柔軟に)

☑(2020年1月~)
時価総額10,000億ドル(日本株100兆円)~の超大型株では、よりバフェット好みの銘柄でB-GARPをそのままBAGレシオとしても良い運用とする(あまりに巨大な時価総額のため、まだ知見が薄い)
☑ただし、時価総額10000億ドルに関してはリーマン直後に投資したマイクロソフトの天井圏売りに私も成功しているので、BAGレシオのままの適応も可能とし、しばらくハイブリッドの併用でモニタリングを続けながら、最適化していく



☑(2021年1月~22年1月の高値過熱圏)
・21年12月は総合BAG・BAG・GARP・THS・V-BAG・B-GARPの6点セットで割高サイン点灯で絶好の売り場!

・旧GARPレシオ単体だと21年1月から少しづつ売り上がるサインが点灯しているが、新指標の導入で21年12月~22年1月の大天井での売りを可能に。そして、21年はバークシャーもアップル株を売り上がっており、お互いのファンダメンタルでのシンクロ・妥当性が一致。

・さらに、わたしの査定表で00年3月はEランク、21年12月はFランクの売りサインで今回の方が完全撤退の検討に値した

・ただし、バフェットの重視するキャッシュフローに重きを置いた21年12月の割安指標(B-GARP)は00年3月の半分の10であり、さらには22年12月の終値・23年1月安値付近の時には、B-GARP(バフェット割安成長レシオ)は5倍台まで落ちて割高解消され、短期押し目ができなくもない変化があった

・そこで、私の視点も大きくMIXした総合BAGレシオが10を超えても、中長期よりも左側(長期+大型)でまだ10未満などの割高とは言い切れないサインがある場合、完全撤退サインとみなす見方を避けたい

・あとは、本命銘柄の超長期投資対象の場合なら、「THSのマイナス転換」まではすべてを投げない判断もできる
(アップルはこの25年、THSのマイナス転換は一度もない)


<その他>
☑収堅性スコアはまだデータ蓄積が少なく、暫定判断。ただし、日本株も含めて中小型株では特に収堅性スコアは無視して良いデータは蓄積できたため、大型株限定指標とした
(やはり、業界を代表する企業、世界の巨人とそれ以外の企業との財務評価軸が違うのは当然の帰結)

☑前回まで課題だった超超大化け株をつかむための新3点セット「BAG・GARP・THS」や
1兆円/100億ドル(仮)を対象にしたV-BAG、BGR、収堅性スコアの活かし方など、
は新しく誕生したランク表やペナルティ表でほぼ解決。

☑23年1月に若干アップル株のバリュエーションが改善して押し目があったとはいえ、日本の商社株はもっと割安で日本に駆け込んでこられたバフェット師匠・チームバフェットの気持ちも改めて垣間見ることのできた査定だった


以上、
10~1000倍株の
アップル事例(ver.3)を見てきました。


同社株関しては
最後に以下の点を言及しておきたい。

・アップル株の21年12月~22年1月高値天井は、Fランク。

つまり、
過去の大化け株事例から
Eランク・Fランクで10年長期スパンで
命尽きる株価になるものも多いが、

そこでEnd、Finishにならず
Gランクの熱狂圏までGoalする銘柄もあり、

今回はバフェット指標で
同社株のバークシャーの保有を
否定はできない数値のため、
引き続き同社株は
モニターしていきたいと思う。
(22年秋の『【1400倍~6054倍 アップル(AAPL)】新バリュエーション事例①』に表の右側の指標などの詳細の見方が掲載されています)


そして、
こうなると気になるのは
Gランクまで過熱熱狂し、

もう喜びの最高潮でGOAL!
みたいな熱狂銘柄事例をみたいはずです。


ということで、
以下に、
Gランクの熱狂まで過熱した
「レーザーテックのバリュエーション推移表」
をアップしました!



レーザーテック(6920)事例

「全期間のバリュエーション推移表」
レーザーテック超長期総合BAGレシオ推移表


<レーザーテック事例で覚えておきたい点>

☑レーザーテックでも「Sランク(正確にはアップルも同社もSAランク)」はすべて100倍株の種になっている
☑特に最左の重要4指標がすべて青字のクアトロブルーで、なおかつ右側の100倍株OPS①などの激安種の一部も併せて点灯したタイミング=最も割安なタイミングになっており、面倒かつ非効率でも、成果を鑑みれば右側の数値の集計をする効果と意義は大きいと言える
☑Cランクまではテンバガー、場合によっては100倍株がとれている例あり


そして続いての要因が
最後まで研究を粘った背景のひとつです!


☑仮にBAGレシオが総合指標(一番左にある指標)の場合、10月に50超の完全撤退を強靭に示唆する熱狂サインが点灯
☑たしかに、21年10月にはランク的には10年目線でのGood-byeしてGoalレベルの最低Gランクまで悪化
☑ただ、それだとあらゆる分析から大天井判定をした、自分の21年12月撤退の売り判断とズレが出てしまう
(この時には旧判定表のGARP50超、書籍でご紹介したテクニカル、国際会議でのバブルと乖離した雰囲気、同社のこれから先も超長期オンリーワンと言い切れる持続性の有無への私目線での自身の無さなど色々な判断がありましたが、温度計のGARP50越えも客観判断として大きかった)
☑仮に最初のSランク基点で仕込めたとしたら、約470倍か、約570倍(総合BAGの50超)~約590倍(GARP50超)と100倍の差が生じて最後の決着がついてしまう
(景気敏感株で以前の分析法でやや不安定な判定になっていて分析を後回しにしましたが、結果的に有益な指標と活用が確立できたので良しとします)
☑この銘柄に関してはグロースの点が高い評価された銘柄だったため、最終的にGARP指標が一番優位性があったが、新しいバフェット指標も加味した総合BAG指標でも、熱狂売りサインが自分のタイミングとほぼ重なったため、納得できた


<その他>
☑(2013年9月~2014年9月)
さらには、最高値が熱狂株価ランクまで過熱したことで、青字だけでなく、総合BAGレシオ1.5未満の単独サインでも100倍株がゲットできるシミュレーションになった。これにより、予定変更までして更なる新指標を開発した意義が大きくなったと言える

☑(2007年11月~2008年11月)
ここで注意したいのが2007年11月の例。すでに絶対的なバリュエーション評価では、長期重要指標はクアトロブルーの激安を示唆したが、短期での細かい指標ではペナルティがあり、その後は仮に08年11月まで75%安になっている。

(追記)一方で、この底値への転落株価はいずれも超長期では100倍株以上の種にもなっており、その点からはクアトロブルーもダマシではなかったという、時間軸の差の結果となった。これを補完するのがランク格付けの補助輪となる

☑(2009年~2010年)
一方で、長期重要指標がマイナス圏でのペナルティ付きで拾えたかは別にして、2009年~2010年のCランクも100倍株の種にはなっている。もっとも、2010年9月まで待てば300倍株の種となったSランクに遭遇できている。

☑これからの点から学ぶべきは、仮にどうしても自分目線で100倍株を狙いに行きたいお気に入り銘柄が見つかった場合、
①S~Aランク、どんなに悪くてもBランク昇格まで待ち、C以下を避けて待つ忍耐を仕事と捉える
②もしくはLMI(全体市況)分析がS(ベア)の時なら、厳しい基準をもってSとAランクにこだわる
③それでも100%は避けられないばりゅの罠の回避率を上げるため、テクニカルもしっかり補助で使う
(例えば、底値下り坂相場での「大化け反転サイン(日米100倍株で勝つ、121ページ)」などを活用)
などの点を教訓にしておきたい。

☑過去の半世紀データに反する「まさか」が起きなければ全体市況のブルベア判定は有効だと考えますが、前例なき事象が発生する可能性は常に内在しています。未来は100%なんてわかりません。であるならば、10倍100倍の大物狙いの際には、景気の先行きが不透明(慎重にみれば複数回の利下げ通過まで)の間は、1つでもSとAランクを探して精査する必要性を一層感じた査定・機会になりました。


以上、
10~600倍株のレーザーテック事例
を見てきました。


レーザーテックの大化けは
初期から仕込む、
あるいは、
持続保有は難しかった銘柄だろうと
一般的には思われますので、

今回の知見を元に、
今後の活用に期待したいと思います。


なお、
新しい運用例での事例は
まだ2銘柄しかアップしておりませんが、

明日から今月後半に入ること、
ほとんどの大部分は共通している点を鑑み、

次のステップに進みながら、
一覧推移表は加えていきたいと思います。


長かった助走を根気強くお読みいただき、
誠にありがとうございました。

次に進んでいきます!

朝香
(事務局へのお問い合わせはコチラより)


【バフェット・割安成長レシオ 誕生!】たしかに5大商社株への投資は「バカバカしいほど」割安だったの巻 ~その後の改良版『BAGレシオ』も誕生~


【記事作成 2023年4月29日 最終更新 2023年5月9日 22:05】

の続記事です。


バフェットが
5大商社に投資を始めた夏、

その当時の5大商社に対する
私のバリュエーション一覧から
観ていきましょう。



<2020年8月 5大商社の株価バリュエーション評価>
5大商社株価2020年夏
*この100倍株発掘用の評価法の表の見方は米アップル事例その他の事例も)参照いただき、詳細は割愛します



バフェットの
5大商社への投資が
明らかになった2020年8月初頭。

私のバリュエーション評価でも
すべてがテンバガー・ポテンシャルを持つ
Cランク以上

かつ総合評価の
GARPレシオも3.3以下。
(マイナスはペナルティではないです)


さすがはバフェット、
なかなかの優良バリュエーションで
買われたなあと、

そんなくらいにしか
まだ思っていませんでした。


ところが、
であります!!!!!


バフェットは
この時の5大商社への投資を

「バカバカしいしいほど破格・激安(Ridiculous Price)だった」

とおっしゃった。


しかし、
なぜそんなにありえないほどの破格なのか、
私の分析力だとわからなかった。


確かに、
例えば当時の三菱商事のPER14倍程度は
割安とも言えるが
激安といえるほどではない。


さらには、
PERだけを単体で評価しない
ことも知ってます。


あ、そうだ!

日米の100倍株を研究して、
一般の投資家でも算出が容易なGVRは
すべて0.5未満で激安だから、

すごいぞ、GVR!
と言いたいところですが、

バフェットは従来より
「PBRはバリュエーション評価においてそんなに重要でない」
とおっしゃっているし、

後出の表を見ても、
バークシャー(チーム・バフェット)が
アップルに投資した時の
GVRは11を超えています



これらをすべて考慮すると、

私の
超大型株・分析能力では、

どうしても
当時の5大商社の
バカバカしいほどの激安度合いを
理解できなかったのです。


しかしこの4月中旬、
バフェットが日本にいて、
一部のチームバフェットや投資関係者もいる、

その手がかりをつかむため
行動するのは今しかないと考え、
土下座してでもの気持ちで
ヒントをつかむ機会を模索しました。


そうして、
私はこれまで全く行ってこなかった
分析の視点に触れ、

本当に、
生まれ変わったつもりで
財務指標分析の総見直しに
着手したのです。
(ご質問・詳細厳禁で申し訳ないのですが、ビルゲイツに衝撃を受けた経験のように本に残す事はあるかもしれません)


おおざっぱには
世に明らかになっている
キャッシュフローの使い方などを
ゼロから見直したのですが、

その結果できた
バリュエーション評価一覧が
下記になります。
(「バフェット割安成長レシオ」と名付けました)


<「バフェット割安成長レシオ」による 2020年8月 5大商社の株価バリュエーション評価>
5大商社株価2020年夏 Ver2


一番左のBGRは総合割安度を
お隣の財務収堅性は財務の収益効率と安定性を
それぞれスコア化したもの。

これをつくるにあたって、
後出のバークシャーの投資先を
研究しました。

三菱商事なんて、
もはや衝撃的すぎる
割安度0.19・収堅性スコア100越え
の結果です。
(数字の衝撃度合いは、記事を末文までお読みください)

たしかにこれなら、
バカバカしいほどの激安かつ
収益性もある堅固な財務スコアですし、

今回は
その評価法を
自分なりに確立したというわけです。




<研究対象にしたバークシャー投資先のバリュエーション評価>
バークシャーの投資タイミングでの各社バリュエーション評価


バークシャー保有上位銘柄の
比較的近年に投資をした銘柄に対する
投資タイミング付近での
各バリュエーション評価です。

BGRは各社魅力的(※1)です。


※1
・アクティビジョンブリザードだけがやや高めですが、
これはM&A後の成長期待値も込めたもので、
バフェットがやや高めでもとの評価を言及したことも
あったと記憶しています

・バークシャーがアップル社に投資した
2016年時のGVRは11を超えており、
(98年、09年は参考として掲載)
やはりGVR単体判断としては不足であり、
新規のBGRや詳細のGARP分析が武器になります

・参考としてバークシャーの投資前の
アップル(AAPL)社のバリュエーション評価も入れました。
例えば、リーマンショック直後の同社バリュエーションは優秀です。

・さらに、アップル社がまだ98年、
中型時のバリュエーションに関しては
BGRとともにGVRも1倍割れ、
かつ私のGARP分析でも
最高スコアのSランクでありました。
(もちろん100倍株は楽々クリアの事例です)

・一方で、同98年アップル収堅性スコアは25と高くはなく、
まだ財務脆弱な部分もあり、
こちらのスコアに関しては超大型株と中小型株で
評価を分ける必要がありそうです。
(ジャイアントカンパニーと新興企業での評価を分けるのは当然かもしれませんが)


以上のように、
バークシャーと似た視点で
大型株の有望投資先を探す際には、

BGRが3.5以下
収堅性スコアが50以上を

チェックするとよさそうです。



なお、
この新指標で計算した
バークシャーが買い増す前と思われる
5大商社のバリュエーション評価が
以下の通りです。



<「バフェット割安成長レシオ」による 2023年2月末 5大商社の株価バリュエーション評価>
BGR 丸紅BとSを訂正版20230430



BGRは最も高かった三井物産ですら2.00、
収堅性スコアの最も低かった住友商事でも50を超えていました!
すばらしいバリュエーションだったと言えますね。
(そして、バフェットが20年夏に最初にINした時がいかに「バカバカしいほどの激安」だったかも痛感します)

なお、
上記で研究対象にしたバークシャー投資先の
各社の直近決算前のバリュエーション評価は
以下の通りです。



<23年4月 バークシャー投資先のバリュエーション評価>
バークシャーの投資タイミングでの各社バリュエーション評価2023年4月


なるほど。

たしかに
BGRと収堅性スコアからみれば

同社が多少割高でも
アップルをポートフォリオの最上位量で
保有しているのも

以前より
理解できます。
(※金融機関=バンクオブアメリカの算出は別に組み立てましたが、ここはまだ自信ないです)

なお、
21年から22年の高値時には
同社はアップルを利食っているので、
割高の目安としても参考になりそうです。

そして、
この主力の米国株たちと比べて、
われらの日本を代表する
5大商社の割安度の魅力はすさまじい。

この新指標の開発を終えて思うのは、
「そりゃバフェット翁も日本に乗り込んで調査されたいわけだ」
でした。


22年から続いた下り坂において、
自分の独自分析でも
世界株と比較したバリュエーションが
圧倒的に魅力だった日本株が
世界の最前線で輝く下地は明白で、

「優良日本株の割安度が世界で輝いている!」

と改めて言及しておきます。


さらに、
この指標の確立は大きな革新で、
世界が望む優良な超大型日本株を発信する
新たな武器を創出できた、
そのように考えています。


なお、
僭越ながら、
バークシャーがHP(HPQ)に投資を決めた時の
朝香GARP分析では投資スコアは決して芳しくなく、
この春までHPの時価総額は下げており、

さらにはここにきて
ようやく大化け投資適格Cランクの
末席に入っており・・・、

何がいいたいかと言いますと、
今回のBGR・収堅性スコアと
朝香GARP分析をどうにかMIXして

さらに
選定効率の精度を上げられないか・・・、

ここは直近の課題として、
早急に取り組みたいと思います。

(4月30日 追記)
試しにトライできないかと、
従来のGARPレシオの
要素を眺めたところ、

以下の表の赤点線の枠で囲った
「G」割安成長性を意識した指標の欄に、
割高な数値がなかったため
(のちに下落していくHPは対象から除いた)

その3指標を
バフェット割安成長レシオ
(青の点線で囲った部分)に加味し、

数多くの配分から、
いい具合に調合できたかと思います。

これを
V・BAGレシオ
-バリュー・バフェット・アサカ割安成長レシオ-として、
今後は活用していくことにしました。
(今後の更なる検証で大きなネガティブな歪みがでれば再び調整する暫定値になる可能性は含みます)


→2023年5月9日
従来のBAGレシオは後日の検証により、
V・BAGレシオ(バリュー・バフェット・アサカ割安成長レシオ)
変わりました。



<研究対象にしたバークシャー投資先のバリュエーション評価(V・BAGレシオ版)>
BAGレシオ 米国株IN


改良前の割安判定だったHPが
V・BAGレシオでは
ほどよくやや割高寄りの判定となり
他の銘柄も概ねよい具合。



各社直近決算前の
4月21日の値も、

BAGレシオ 米国株23年春


アップルのBAGレシオの数値が
原版より若干高く出てしまいますが、

それでも私のGARP分析よりも
現状のバークシャー保有を否定しない数値であり、

同社の
堅固なエコシステムと
収堅性スコアを加味すると、

総合割安成長度は
決して高いとはいえない
スコアにおさまっており
(割安感もないですが)

いい塩梅な印象です。


日本の5大商社株の
バージョンもみておきましょう。



<5大商社の株価バリュエーション評価(BAGレシオ編)>

・バークシャーが投資をした20年8月の数値
BAGレシオ 日本5大商社株

20年8月のバフェット割安成長レシオで
最割安だった三菱商事が2番手になりますが、
それでもまだバカバカしいほどの割安度を維持。


・バークシャーが来日して追加投資をする前の23年2月の数値
BAGレシオ 日本5大商社株23年2月


さらには、
この同期間・5大商社の中で
最も上昇した丸紅が
20年8月のBAGレシオでは最も割安でした。
┣仮に20年8月のバフェット割安成長レシオで最安の三菱商事を選ぶと上昇率・2位
┣仮に同GARPレシオ分析で5社の中では唯一Aランクを獲得した三井物産を選んでも上昇率・同2位


ということで、
総合値を使ってもいいし、
自分の投資スタイル
(グロースorバリュー寄り)や
投資期間
(長ければやはり収堅性スコアが高いほうがよりセーフティー)などで

どこに重きを置くかで
応用的な使い方もできる
表になっているかと考えます。


そして、
まずは新指標を
今後の大型株に対して活用していき
私も次のステップに進みたいと思います。
(中小型にも参照値として掲載。なお、この塩梅は10倍100倍大化け株のサンプルをひとつひとつ検証して、もっと精密な調整を行う可能性はあります)


また、
このBAGレシオを早速活用しました。


さらに、
来月5月はこの新しい武器を使って
「時価総額1兆円企業約150社すべてorその中の配当1.7%以上の全社」
の割安度を随時算出し、

特別企画として
5月号の中で
すべて公開していく予定です。
(主力企業決算の終わった業種群から随時行います。大手商社に関しても三菱商事・住商の5月9日決算終わって1週間を目安に最新の財務指標にてBAG等の算出をすることにいたします。なお、このGWは全精力を傾けて私の分析とBGRのMIX調合の精度向上トライやエビデンスを増やし、5月には日本の誇る超大型割安成長株を選出していきます)

また、
その他の流れとして
・5月21日or28日:2022年分年間企画特典(全体市場を鑑みた守り重視銘柄のセレクト・ピックアップ)
・5月28日or6月4日:月刊マガブロ5月号分 定例の銘柄割安度更新

というスケジュールを予定しています。


世界が欲する
日本の大化け株をつかめるよう、
ますます精進して努力を積んでいきます!!


以上、
【バフェット・割安成長レシオ 誕生!】
たしかに5大商社株への投資は「バカバカしいほど」割安だったの巻!
~その後の改良版『BAGレシオ』も誕生~
でした。






【新指標開発】ついに新たな武器を手に入れた!


こんにちは。
朝香です。

今朝の米国株は
引き続きリスクオンで返って来て
よかったですね。

さて、
開発を予告していた
バフェット投資に紐づく新指標。
いま、完成しました!

はっきり申し上げて、

長年の課題だった
「超大型株のバリュエーション評価算出」
への不満も一気に解決※1。

バークシャー軍団、
やっぱりすごいわ。
(と同時に私はそれを超えたいとも思いました)

まだ課題等もあり
引き続き改良が必要ですが、
(この点は次記事で触れます)

下地ができあがったので、
まずはそのご報告※2。

詳細や今後の活用など
少し休憩・睡眠をとり、
また別記事にて!


※1
私は中小型株のバリュエーション評価が
分析法の根底にどうしてもあり、
超大型株の分析では
伸び率・財務分析・割引率などの査定で
卓越した領域にあるとの自負を持てずにいましたが、
今日それに変革を起こせたことをご報告します


※2先延ばし不安解消のご報告です。
本当に昨年4月は病でご迷惑をおかけし
改めてお詫びいたします。

今年の4月は目がキラキラです!
これを元に今年は日本が世界に誇る
超大型優良株も釣り上げて磨いていきたい。

記事の続編!