長期相場・判定ナビ(LMI)
ファンダメンタルズ(US株価利回り・金利・物価・原油・ISM製造・住宅・雇用指標)だけで算出する長期相場のブル・ベア測定器。投資を有利に勝ち抜くために、ナビをベースに細やかなテクニカル分析を加味していきます!
 
プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
成長企業アナリスト/投資家
成長投資カブ学園 学園長
(2倍・10倍・100倍・万倍株を研究)

 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
更新通知登録ボタン(要FC2ID)

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします(この機能に関するご質問等はこちら→FC2ブログお問い合わせフォーム

 
「10倍株で勝つ」関連資料
 
◎お問い合わせ先
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
   
リンク
 
RSSリンクの表示
 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
マガブロ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容(codoc版も以下に準じます)>


☆『相場観と市場動向』
相場のリスクオン・オフや
景気サイクルでの位置づけなどを、
長期、中長期、短中期、短期の視点から
国内外の200以上の金利や株価水準や
経済指標等により分析した記事。
LMIという独自のスコアでの分析も提示します。

原則として
週次更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新
もしくはそれに準ずるフォローを
想定しています


当マガジンでは、
短期は~1年、短中期は~3年
中期は3-5年、中長期は3-7年、
長期は7-15年、超長期は15-20年の設定。

これは企業の中期経営計画が
概ね3年後を指す標準的な設定であり、
それと歩調を共にする時間軸設定であります。

中長期投資で最も大事な
時間を味方につけるという観点と
不況・好況の上り坂で買って
好況絶頂で売り始めるという
運用サイクルの面からも、
重要な設定だと考えております。

よって、
デイトレ趣向の方や、
超短期トレードでは重要な
買値からたった8%マイナスで損切等の
スタンスの方にとっては
当マガジンが馴染めないコンテンツと推察し、
別の参考資料やコンテンツを
お探しになることをお勧めいたします。


☆注目株・割安度スコア
中長期成長株を基本に選定した企業の
注目ポイントと独自の割安度指標を掲載。
(不定期ですが原則1カ月に1度は更新予定)


※相場の状況により注目銘柄の更新が
無い月もございますが、
その場合には翌月等に更新した際に、
更新の無かった該当月の購読権利で
その内容をお読みできるような
対応をさせて頂きます。
(具体的には翌月や翌々月の更新時に、該当月の最終日の日付で更新時の記事をアップさせて頂くことで補填をさせていただきます)


☆その他
・チャート解説
・リスクオン・オフの実況解説
・国際見本市や世界での視察のこぼれ話
など、

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話も
不定期・有料記事にてアップすることがございます。


◎毎月の購読がお得です
単独記事をすべて別々に購読した場合は、
該当月でばらつきがありますが、
15,000~25,000円程度の価格ボリューム
となることが多く、

<月次購読の場合>
9,933円
とお得になっております。

なお、
通年での継続読者特典の企画(※)
も近年行っております。

※どの特別企画も
単体記事を重ねて
購読頂けましたら、
後からでも閲覧自体は
「いつでも、どなたでも可能」
でありますが、
(個別の月次該当記事を追ってすべて購入することで、不特定多数のすべての方が購入できる形式の特典であり、非公開・会員限定のようなものではありません)

ご継続いただいた方に
よりメリットが生じるような
企画も行っております。


<留意事項>
※当サイトは不特定多数の方への投資情報提供を目的するメディアです
※個別あるいは相対での投資助言に該当するような投資判断に関する個別回答などは一切できませんので予めご了承下さい
※また、販売する情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。その情報は利益をもたらすことを保証あるいは示唆するものではありません。株式投資は利益をもたらすこともあれば、逆に、大きな損失をもたらす可能性があります
※当マガジン(電子雑誌・メディア)はFC2/はてなブログも公式採用のcodocなどの著名な公のサービスを利用して、どなたでも、随時の(継続もしくは単発記事による任意の)利用が可能です。
※当マガブロは株価・経済・景気の分析手法を公開している著者書籍の袋とじのような延長線上の最新版として更新されており、その手法や内容の大筋などは当マガジンのサンプルという意味合いも兼ねて過去の書籍ですべての方がご参照いただけます
(参照:https://amzn.to/2zbIK6E)

※読者の個人情報や決済に関わるすべての情報はFC2社(codoc版はcodoc社)
のみ保有しており、マガジン発行者である当方・事務局は読者の個人情報を保有しておりません。
※過去分の閲覧は事務局の保証対象外です。コンテンツアップ先のFC2ブログに何らかの障害が発生した場合、過去の記事が読めなくなる可能性がございます(codoc版ではサブスクの継続を解除した場合、閲覧不可になります)。原則として重要な記事はご自身にて保存をお願い申し上げます。

※お問い合わせ
・FC2マガブロのお問い合わせ(https://form1ssl.fc2.com/form/?id=549552)
・当マガジンへのお問い合わせ:朝香事務局(https://t-asaka.info/contact)

以上、
ご検討のほど
よろしくお願いいたします。

(2020年6月一部改訂/2023年9月加筆)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

【東証マザーズ、ありがとう記念号】グロース株最大の仕込み時に向けて、市場の夢と野望とドラマの火はグロース250指数が継承へ!!


こんにちは。
朝香です。

金曜日の夜に
先行して相場観を追記していますので、
今回はその後のフォローも兼ねつつ、
マザーズへの感謝の号外・記念号として
お届けします。


ご存じのように、
先日11月2日の木曜日、
たくさんの思い出、喜び、大きな忍耐を刻んだ
東証マザーズがその歴史にそっと幕を閉じました。

こんな一言二言では言い表せないほどの
メモリアルな出来事だらけですが
共に生きたマザーズがあったというその事実を、
今日は私のブログの中にしっかり刻んでおきたいと思います。


<マザーズ最後の週足チャート>
東証マザーズ20231102週足



<マザーズ最後の月足チャート>
東証マザーズ20231102月足


全体市況の指数が上昇で終えていれば
なおよかったですが、
なんだかこれだけを見ていると、
リーマン前の高値むなしく歴史を終えたように見えます。

ただ、
マザーズの名誉のためにフォローしておくと、
東証マザーズ(現グロース)市場にIPOして
成功した会社はどんどん東証1部(現プライム)に
移行していきますから、

エースがどんどん1軍に上がって
抜けていくことを考えると
致し方の無い面はあるかと。
(たしかどちらかの投資ファンドが、マザーズから抜けていった銘柄が仮に残留したと仮定した際のパフォーマンスを出していましたが、決してそんなに悪くなかったと記憶しています。さっと探しましたが、残していなかったようで記憶だけで恐縮です)


それよりも、
夢と野望とドラマを叶えてくれた
歴代の個別大化け株たち、
その上場の機会となったマザーズ市場に、
今日は心からの感謝を遺させていただきます。


そして、
相場や現実の世の中に、
タラレバは禁物ではありますが、

願わくばやはりあと数年、
できれば2024年+1~7年存続して、
新興株の大化けフィーバー絶頂で幕を閉じてほしかった、
そんな想いもあるのも事実ではあります・・・・
(下記、参照)

きっとこの想いは
来週からのグロース市場と
新生『グロース250指数』が引き継ぎ、
再びエキサイティングな歴史を創造すると、
ひとりの投資家として私は信じています。

幸い、
マザーズが幕を閉じた先週、
金融市況も大きな転換点を迎えた可能性が出てきました。

ここまで、
2019年の予防的利下げに始まり、
コロナ急落、大化け株祭り、インフレ苦境、
遅すぎた利上げと近年に比類なき急速な金融引き締め、
ハイテク相場の大崩れとそこからの反発、
さらにはシリコンバレーバンクの破綻に、
一時的なQEと救済相場、そして再び調整・・・

と流れてきた今回の相場サイクルも、
ついに2回連続の利上げ停止、
その後の利上げ停止を後押しする米経済指標の続出で
大きな転換へと動き出した可能性が出てきました。

つまり、
2019年の利下げに始まった
この4年超の相場サイクルが、

長期金利の低下を伴い、
先週から最終コーナーに差し掛かり、
次の新しい相場に向けて
市場が走り出した可能性が
色濃くなってきたのです。
(私の長期相場観では、利上げ停止が終了し、利下げ開始を新しい相場サイクルの始点と見なしています)


米FF金利を予測する「FedWatch」では
2024年5月の利下げ確率が
約65%の大勢を占めてきています。


<2023年11月5日・Fed Watchの24年5月金利見通し>
FedWatch20231105.jpg



もちろん、
この指標はすぐに急変するため
鵜呑みにはできず、

メインシナリオではない想定のひとつで
可能性は消してはいない中東情勢の一段悪化での
原油急騰や供給コスト増などあれば、
想定は変わってくるものと思われますが、


それらがなければ
過去に10倍株・大化け株を量産した、
『米利下げ後の買い場=グロース株最大の仕込み時』
を期待していきたいと思います。


<米利下げ後の買い場から、米利上げ前の数年間はグロース株長者を生むゴールデンタイム>
東証マザーズ20231102月足から2024年2025年に向けて

直近でみても、
コロナ急落後の注目上位5銘柄で
私がつかんだテンバガーのひとつ
ベイカレントコンサルティングも
2016年9月にマザーズ市場への上場がその始まりでありますし、

米利下げから米利上げ機運が
出てくるまでの期間こそ、

すぐの急騰祭りがコロナ後のように始まることもあれば、
リーマン後の様に着火までが長い時もありますが、

過去の3回の相場では
すべて大化け株長者を生んできており、
株で人生を高確率で飛躍するにはココしかない、
今は4度目の未来へ近づいているのが近況です。


もちろん、
米・利上げ停止時
(今回はリーマン前以来となる国内金利上昇も顕著)
の短期決戦がまだ残っていますが、

そこの先の先を見据えると、
胸が躍らない訳がありません。


次回(1年±α先?)を見据え、
準備を進めている事は、
読者のみなさまも周知のとおりで、
今まで触ってこなかった銘柄もどんどん、
ジャンジャン計量・査定候補に加えております。
(水面下では歴浅IPO企業への接触も進めておりますが、これはまだ秘めておきます)

3年後も半年後も明日すらも
正確に見通せないのが常ですが、
考えられ得る準備だけは進めていきたいと思います。

以上、
『【東証マザーズ、ありがとう記念号】
グロース株最大の仕込み時に向けて、市場の夢と野望とドラマの火はグロース250指数が継承へ!!』

連休最終日に
お届けいたしました。

では、
3連休最後の午後も充実した時間となりますように!!



<追伸:ご連絡>

①「大化け株投資のすすめ」注目株リストの前座として、マザーズありがとう記念リストを作ります

11月2日のマザーズ終了の記念を
何かカタチに残そうと、
急きょ思い立って、

この3連休は11月2日の某ランキング上位銘柄から
最低限のファンダメンタルスコアをクリアした銘柄を抽出し、
ただいまGVスコアを計測中です。


この①のマザーズありがとう記念号は、
マザーズ最終日に大きな動きがあった銘柄を対象にしているため、
相場の動き・モメンタムがある銘柄の中から、
最低限のハードルをクリアした銘柄を探すことが主旨です


集計が終わり次第、
「大化け株投資のすすめ」マガジンで公開したいと思います。
(定例の注目株リストの更新は月の下旬~末ではありますが、今月はそれを掲載して、下旬~末にいつものリストを追記する形の変則パターンでいこうかと思っております)


②「朝香の経済・株価指標」のIPO5年内銘柄のグロース重視での銘柄ランキングをリリース

先月末に
抽出したばかりですが

先月は
割安バリュー性の強い中で
成長性も最低限クリアしている銘柄のランキングでした。


今度は、
成長グロース性の強い中で
割安性も最低限クリアしている銘柄のランキングを作成中です。
(それだけ相場市況の風向きが変わっており、月の任意のタイミングでのリリースを規定にしているため、2週連続でも発行可能な原則ルールにしているので、そのメリットも活かし、リリースします)

なお、
①も②も現況の相場に即して、
グロースに関連したスコアの高い順に
並べる予定にしています。

どちらも夜になるかもしれませんが、
完成次第に速やかにアップさせていただきます。

あとは
少し先でこちらはまだ不確定ですが、

2023年の年間特典は
12月下旬末~年始早々の
クリスマスやお年玉特典として、

3年ぶりに特選銘柄集を
組む予定で現状考えています。

ざっくりと全体相場は
2月以来のメイン想定線で進んできており、

仮にそれが続けば
12月の再発掘が良い頃合いになる期待もあり、
仮の仮の前触れ告知とさせていただきます。

どうぞお楽しみに!!


日銀短観、市場予想を上回り


今朝発表の日銀短観は、
大企業製造・非製造ともに
市場予想を上回りました。

10月スタートの
追い風になるといいですね!


【高金利が続く中での銘柄選び】徹底的に割安・割安・割安を規模別に探していく!


改めてこんばんは。
朝香です。

9月はアノマリー的にも
相場が弱いことで知られていましたが、

実際に
ナスダック、ナスダック100、SOX、SP500、ダウ、ラッセル2000
イノベ系ARKK、新興国株ETF(EEMなど)、日経平均、TOPIX、マザーズなど
上記はすべて下落の月になりました。

そんな中で、
私の割安注目株はというと、
大型株も含めてBランク以上の
割安銘柄の76%(19/25銘柄)が
上昇して9月を終えることができました。

中立圏手前の
C3.5ランク以上に絞っても71%が
上昇して終えています。

一方で、
逆にC4・中立以下の数銘柄は全銘柄が下落しており、
割安シフトを進めて良かった結果になりました。

さらには、
9月終盤に少し失速した
保険や商社などの大型優良バリュー株も
その手前に一部利確を出しており、
悪くない形で10月を迎えます。

その10月相場に向けては、
相場観に綴った様に、
視界がまだ霧に覆われた印象ですが、

どんな展開になるにしても、
高金利が長く維持されることだけは
FOMC以降で明確になっており

9月単月に留まらず、
これからしばらくは
徹底して割安、割安、割安を追求しながら
細やかな目配りをしたいと考えております。
(実際に大型バリューもGVスコアの内訳で色が変わった客観性に連動したコメントをしていました)

改めてその方向性と、
新生格付けスコア&GVスコアが効果を発揮した点をここに記し、
10月相場に臨んでいきたいと思いますが、

その10月を迎えるにあたって、
少し先述してきたように、

銘柄発掘の1次選考に従来指標を活用して、
GVスコアの算出対象を減少させることで、

10月からは
例えばIPO歴5年以内のすべての銘柄を
テンバガーの芽のファンダメンタルに該当したものがないかどうかを
毎月毎月あぶり出すことが可能になりました。

それを反映して10月より
「朝香の経済・株価指標」はさらにパワーアップし、
従来のコンテンツも結果的により強固な中身になっていきます。

このような体制の元、
まずは米利上げ停止~米利下げ序盤のフェーズをしのぎ、
その先の利下げ深まる次の相場サイクルまでに
バリューリッチな銘柄群を集結させて磨き上げていく所存。

コロナショックから3年半も経過し、
右肩下がりになった肩入れ株もほとんどが大化けし、
順調だった銘柄ではポツポツとテンバガーの華も咲いている昨今、

ガンガンと
今日の様な発信を
公開記事でも作っていきたいと思います。
(新生格付けランク&GVスコアは超小型は当然として、アップルやエヌビディア株の下落にも先行して警鐘を鳴らし、従来は苦手だった大型株の自動車のバリューを拾い、先日の金融株のいったんの高値目途でも機能し、これまでのツールとは段違いのバックテスト、仮に下げても買い下がりが正解なのか、カットが正解なのかも、バリューマップで一目瞭然。徹底的にフル活用していきます)


では、
【高金利が続く中での銘柄選び】
徹底的に割安・割安・割安を規模別に探していく!
の決意まで。


【臨時企画】IPO歴浅銘柄のテンバガー共通点とは? →2022年3月~8月のIPO銘柄1次選考後のGVスコア算出しました


以下、
IPO歴浅(5年未満)テンバガーの
出発点(芽)・一例です。


「IPO歴浅銘柄のテンバガー出発点はC2ランク以上&GVスコア60以上(通称:黒ラベル)を探す」

IPO.jpg

※アナログでしか算出できないGVスコアのために、今後は従来の総合BAGレシオやGARPレシオを1次選考に活用予定
※バフェット収益堅固性(収堅性)スコアは高ければ高いにこしたことはないですが、これはあくまである程度の成長後の起用に向けた算出物差しで、ファンダメンタルの脆弱性ある新興企業の10倍株の出発点での有益性はないので見ていない点のエビデンスに掲載まで



ブラインドの部分のノウハウは、
日米100倍株で勝つ」のデータと照らしても
納得の合理性ですが、



9/29朝までに
詳細をシェアさせていただきました。


なお、
ある程度のエビデンスを元に、
従来のほぼ自動化された算出を
ベースにすることで、

来月以降の
「朝香の経済・株価指標」における
IPO関連のコンテンツは

テンバガー出現頻度の高い
IPO5年内銘柄の割安度の魅力的な上位銘柄を
毎月測定する内容で
バージョンアップしたいと考えています。

それにあたって、
本日は2022年3月~8月の全IPO37銘柄のうち、
上記の記事内でシェアした1次選考を通過した19銘柄の割安度を
臨時企画としてリリースしました。

FC2版

また、
上記の企画で
「朝香の経済・株価指標」の月額読者の方も
今月お得になることに加え、

にも同じ内容を追記したので、
このコンテンツ単体の読者の方にもメリットがある他、

数銘柄のバリュエーション評価が良好なので、
先般のIPO後9~12か月の評価も含めて、
9月30日付・10月1日20時までアップする
「大化け株投資のすすめ」割安度の読者の方にも
メリットが拡がるかと思います。


以上、
ご参照まで。


ヘッドウォータースなどの
事例自体はアップしていない為、
月末月初のコンテンツリリースがひと段落ついたら、
シェアしたいと思います。

割安度ランク&GVスコアのW査定、
先日の目先の銀行株・高値目安も有益でしたし、
バリューもグロースもオールマイティに測定できる
新生の武器として引き続き活用機会を高めていきます!



【お昼休みの余談】上場後9か月の着目経験則に関連して②


今日の前場は
半導体株の下落やバリュー優良株の底堅さが
話題でしたが、
(半導体に関しては、今朝の相場観補注*1の後に少し補足を追記しました)

本日午前中の日経CNBCで、
5253カバー株のロックアップ解除に伴う
需給懸念の話題が記者さんからございました。

その背景として
同業・競合でVチューバ―事業を展開する
5032ANYCOLORの株価が
上場半年後ロックアップ解除で
急落したことが意識されているようです。
(月足は7つ目の✖印、以下参照)



<5032エニーカラーのIPO後・株価推移>

Anycolor IPOケース

そして、
足元での底値は
IPO後9~10か月目の2か月で形成しています。

もちろん、
全体相場の市況にも左右されますし
その需給によっては全く機能しない時期も多い点、

この後に2年、3年と
さらに底這い相場になるIPO銘柄も多く
同社の先行きも不明なわけですが(*1)、

ひとまずよくあるパターンとして、
9~10か月あたりで再評価がされて
そのまま強い株に育つ銘柄が出てくるのも
経験則の1つであり、

良いケースになる場合には
IPO後9か月あたりで一度チェックを入れておくことには
一定の合理性があるのです。

上記を最近計算した
直近事例として加えておきたいと思います。

ご参照まで。

*1
この点の数年単位で割安度評価で光る銘柄は来月から拾えるように
この3連休も持続可能な方法を研究・検討し準備を進めているところです。


【三菱UFJ-FG(8306)割安度ランクとスコア】今日の高値は2018年1月高値と同水準バリュエーションだったご報告と記録


MUFG 長期チャート1-11


いよいよ長期的な節目
(赤の横線参照)まで登ってきた
メガ銀行株筆頭の8306三菱UFJ-FG
(以下、MUFG)。


本来は下記の割安度スコアを
週末のコンテンツにしようと
用意していたものですが、

先に現実が到来したので、
一部をシェアします。



<8306 割安格付けランクとGVスコア(以下のNo.①~⑪と上記のチャートと連動)>

MUFG バリュエーション評価の推移2005-20230915


本日のMUFGの株価は
ブルームバーグの日銀記事で
1338円から売りに押されたとされていますが、
果たしてそれだけだったと思われますか?

私は短期的なバリュエーション評価の
過熱感への接近もあったと思います。


結論を申し上げますと、
同社の本日高値のバリュエーションは
2018年の高値(⑨)とほぼ同じ格付け・
同スコアのGVスコアになったのが
1329~1336円で、


ここから先は過去と比して割高圏だな、
そう観ていたレンジから売られたことを
ここに残しておきたいと思います。


また、
上記は同社株の株価上値レンジ目途を把握しておこうと
シミュレーションしたものですが、

2018年のマイナス金利の環境と違って、
金利の正常化に向けて動いている
環境を前提にとらまえて、

2006年の高値時の
割安度を算出したところ、
Dランクも過去にはあったようです。


なお、
図表の2つ補足として、

<1>
②→④は株価はそれなりに上昇しているにも関わらず、
GVスコアに大きな変動がないのは、
当時の会社四季報予想数値の上振れがあって
バリュエーション評価の許容度がアップしていた点

<2>
⑥→⑦は株価が大陰線で急落したにも関わらず、
大きくバリュエーション評価がEまで悪化しているのは、
通期決算後のファンダメンタルズの悪化が要因です。

割安度の改善による下り坂なら、
「巨人の星」(古い例えで恐縮です)を歌いながら
耐え忍び買い増すのに合理性がありますが、

割安度の急変悪化を伴う株価の急落は
よっぽどの買い支えたい「何か」がない限りは、
利確・ロスカットで撤退がセオリーです。

せっかくなので、
これも割安度の理解を深めるために
付け添えておきます。


今後は、
2018年1月並みのバリュエーション評価で
株価が止まるのか、

あるいは
金利正常化に伴って
2006年時のバリュエーションまで上値を伸ばすかは
未来のみぞ知るでありますが、
(個人的には金融株の分析はまだ日が浅いので感想レベルですが、PBR1倍割れ解消ETFの設定や金利正常化で追い風はあると思っていますが・・・)

このような
目途を把握することは、
大きなアドバンテージとなります。

元来、
従来の私のバリュエーション評価では、
金融株の査定は難しかったので
これまでは投資先として避けてきましたが、
(2003年りそな銀の破たん時に同セクターに投じたのは別です)

過去のテストも良好で、
新興も優良もグロースもバリューも
全方位に投資の支えとして機能しそうな点は頼もしく、
今後も深掘りして極めていきたいと思います。


ひとまず本日は、
高値目途設定の第一弾が
うまく機能していた点のご報告と、

ブラインドした部分の
2006年高値と同じ割高度になる
株価については、

相場観と市場動向」の次回以降の更新時に
シェアしたいと思います。


以上、
【三菱UFJ-FG(8306)割安度ランクとスコア】
今日の高値は2018年1月高値と同水準だったご報告と記録まで。


【余談】上場後9か月の着目経験則に関連して


に関連して以下ご報告まで。

実は昨日のKabuBerryさんで行われた
note(5243)さんのIRセミナーを
うちのメンバーが拝聴していて、
そこでの一幕でタイムリーなことがございました。

聴講者Q(うちのメンバーではありません):VCなどの売りの需給悪化懸念はないか?
講師A(note 鹿島氏):上場して時間も経過していて、もうその点はかなり薄いと思います

的なご回答だったようです。

そして、
このnote社さん、
まさに上場して9か月です。

私は過去にも
数々の新興上場企業と接点があり、
あらゆる角度から新興企業を見てきましたが、

IPO後3四半期経過した頃くらいから、
情報開示をする企業さんもIRに慣れてこられますし、
上記のようなロックアップ通過なども背景にして

放置プレイの掘り出し物は
出やすい環境が整っていきます。
(もちろん、このあたりから最初の過熱剥落で割安域の銘柄が増えていきますが、さらに割安が激安になっていく上場内3-5年の底這い、横ばい銘柄のGVスコアでの発掘サイクルは引き続き課題で、目下で鋭意に試行錯誤中です)

以上、
シェアまで。
(KabuBerryオンラインIRセミナー '23 9/14 21:45頃の記録)