プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
成長企業アナリスト/投資家

 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
更新通知登録ボタン(要FC2ID)

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします(この機能に関するご質問等はこちら→FC2ブログお問い合わせフォーム

 
「10倍株で勝つ」関連資料
 
◎お問い合わせ先
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
   
リンク
 
RSSリンクの表示
 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
相場のリスクオン・オフや
景気サイクルでの位置づけなどを、
長期、中長期、短中期、短期の視点から
国内外の200以上の金利や株価水準や
経済指標等により分析した記事



原則として
週次更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新
もしくはそれに準ずるフォローを
想定しています


なおその場合には、
相場観に付随して
短期相場情勢の「相場概況」や
軽い一言やつぶやきフォローなど、
簡潔にお届けする記事も
並行していくことがあります


当ブログでは、
中期は~3年、中長期は~5(-7)年、
長期は~10年、超長期は~20年、
短中期は~3年、短期は~1年の設定。

これは企業の中期経営計画が
概ね3年後を指す標準的な設定であり、
それと歩調を共にする
至極当然の設定であります。

中長期投資で最も大事な
時間を味方につけるという観点と
不況で買って好況序盤で買い増し、
好況絶頂で売り始めるという
運用サイクルの面からも、
重要な設定だと考えております。

よって、
デイトレ趣向の方や、
超短期トレードでは重要な
買値からたった8%マイナスで損切等の
スタンスの方にとっては
当ブログが馴染めないコンテンツと推察し、
別の参考資料やコンテンツを
お探しになることをお勧めいたします。


☆注目銘柄リスト
中長期成長株を基本に選定した企業の
注目ポイントと独自の割安度指標を掲載。
(不定期ですが原則1カ月に1度は更新予定)


※相場の状況により注目銘柄の更新が
無い月もございますが、
その場合には翌月等に更新した際に、
更新の無かった該当月の購読権利で
その内容をお読みできるような
対応をさせて頂きます。
(具体的には翌月や翌々月の更新時に、該当月の最終日の日付で更新時の記事をアップさせて頂くことで補填をさせていただきます)


☆その他
・チャート解説
・リスクオン・オフの実況解説
・国際見本市や世界での視察のこぼれ話
など、

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話も
有料記事にてアップしていきます。


◎毎月の購読がお得です
単独記事をすべて別々に購読した場合は、
該当月でばらつきがありますが、
15,000~25,000円程度の価格ボリューム
となることが多く、

<月次購読の場合>
9,933円
とお得になっております。

なお、
通年での
継続読者特典・電撃企画(※)
なども近年行っております。

※どの特別企画も
単体記事を重ねて
購読頂けましたら、
後からでも閲覧自体は
「いつでも、どなたでも可能」
でありますが、
(月刊マガブロもしくは個別の月次該当記事を追ってすべて購入することで、不特定多数のすべての方が購入できる形式の特典であり、非公開・会員限定のようなものではありません)


ご継続いただいた方に
よりメリットが生じるような
企画も行っております。



<留意事項>
※当サイトは不特定多数の方への投資情報提供を目的するメディアであり、個別あるいは相対での投資助言に該当するようなメール等での投資判断に関する個別回答などは一切できませんので予めご了承下さい。また、販売する情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。その情報は利益をもたらすことを保証あるいは示唆するものではありません。株式投資は利益をもたらすこともあれば、逆に、大きな損失をもたらす可能性があります

※当マガブロ(電子雑誌・メディア)の販売はFC2社により行われており、FC2マガブロというブログ媒体で著名な公のサービスを利用して、どなたでも、随時の(継続もしくは単発記事による任意の)利用が可能です。なお、当マガブロは株価・経済・景気の分析手法を公開している著者書籍の袋とじのような延長線上の最新版として更新されており、その手法や内容の大筋などは当マガブロのサンプルという意味合いも兼ねて過去の書籍ですべての方がご参照いただけます
(参照:https://amzn.to/2zbIK6E)

※読者の個人情報や決済に関わるすべての情報はFC2社のみ保有しており、マガブロ発行者である当方は読者の一切の個人情報を保有しておりません。その他の参照:過去作成の有料購読詳細説明(http://obakekabu.net/blog-category-61.html)、FC2マガブロのお問い合わせ(https://form1ssl.fc2.com/form/?id=549552)、当ブログへのお問い合わせ(https://t-asaka.info/contact)


以上、
ご検討のほど
よろしくお願いいたします。

(2020年6月一部改訂・加筆)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

相場観とポジション

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

相場観とポジションフォロー

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

大化け銘柄の最新注目銘柄リスト0928

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

夏休みのお知らせ

おはようございます。
今朝は日経平均15500円を回復しそうですね。

さて、私はシンガポールで急遽すみませんが、
来週27日まで夏休みとさせていただきます。

月曜日に動いてもいるので、
帰国後は銘柄更新などもできればと
思います。


関連記事

コロプラ、テンバガーおめでとう!

アベノミクス相場が始まった昨年年初、
うちの2番目の弟が
「兄さん、これからはスマホゲーム株だよ」と言って
コロプラなどを買っていました。

今日の日経に「新御三家」株、異様な活況
スマホゲーム時価総額が急拡大という記事を見て、
コロプラの株価を見たら、

なんと約1年半でテンバガーを達成しているではありませんか。
いやー、おめでとう!

そして、夏前にもしきりにコロプラ、コロプラ、と言っていましたが、
私は流行ギラギラ株は急落リスクが怖くて買いたくないし、
私がスマホゲーム興味なしなので、買いませんでした。

(ちなみに、「クルーズ」だってゲーム株だよね?と弟にも突っ込まれますが、
クルーズだけは別。あそこはブログでもゲームでも通販でもその次に何を仕掛けても、
経営者が好きだから。トレンド掴んでいて、工夫した一手が打てて、
経営哲学がしっかりしているユニチャームとかと系統は一緒ですよ。)

しかし、足元のファンダメンタル現象として、
私の弟は外食店を経営しているのですが、
いくつものお店で若いアルバイトの子たちが、
コロプラ貧乏!?になっているのを各店のマネージャーにも聞いていたので、
それを根拠に買っていれば約3カ月で、倍でした。

人間ですから、買っておけばという気持ちも一部にありますが、
まあポリシー曲げてまでは結局は買わないだろう。

私も週一で彼の店のバイトでもするかな。
そしたら、もっと早くトレンドを掴めますしね。

バイトでいうと、ミャンマー人やベトナム人を
最近採用しているのですが、彼らの勤務姿勢は素晴らしい。

彼らが母国に戻る時の夢と青春に私も応援させて頂きたいし、
私も今からその後の発展に胸が躍っている今日この頃です。

いずれにしても、コロプラ・テンバガー、おめでとう!

やはり、テンバガー・大化け株はあなたの側にあるんですよ。
関連記事

相場観とポジションフォロー


おはようございます。
朝香友博です。

今日の東京は依然として暑いですが、
青い空がきれいですね。

今朝のNYは急上昇。
昨日それなりにリスクオンしていますが、出だし好調ですね。

今日は様子見です。

関連記事

相場観とポジション

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

カジノ、京急が参入検討を正式発表で

これも今朝の日経13面が報じました。

地の利を活かす京急の展開、おもしろくなりそうですね。

京急といえば、なかなか政治を転がす手腕を持っている印象がある。
近年、横須賀にはICT開発都市を整備し、
それによりスマート社会に関係する企業へのネットワークを
業界団体を含めて構築してきた経緯がある。

彼らの企業連合の中身が楽しみである。

※「カジノ事業甘くない」報道で出た企業リスト
・コナミ
・日本金銭機械
・フジテレビ、三井不動産、鹿島、日本財団
・ユニバーサルスタジオジャパン
・京浜急行電鉄
・グローリー
・セガサミー
・テックファーム
関連記事

タイ経済のブレーキ


タイ新車販売計画、
トヨタが約2割、ホンダが約3割下方修正しました。

思った以上にタイの経済が冷え込んでいる。
今日の日経12面が報じました。

前にタイにおけるレクサスのディーラーオーナーが
別のビジネスを立ち上げた記事を書いており、これ自体は想定内。

そういえば欧州危機のさらなる暴落前に
中国のレアメタル事業者が別のビジネスに着手した後、
中国経済は一気に冷え込んだことがあります。

タイにおけるレクサスディーラー・オーナーの動きは、
中国の時と同じことだと感じていました。
まあ、そのおかげで彼のお嬢さんが手掛けた
日式のベーカリースイーツ店・レストランが繁盛していますが・・・

それはさておき、
このタイでの冷え込みは底冷えを起こすかもしれない。

これまで私や私の関係者の訪タイの時には、
これまで国からの特別な優遇があり、
我々もタイの経済振興に貢献してきたという自負もありました。

そして、昨日から会社の相談役がバンコクに入ったのですが、
これまでの優遇が消えているのです。

政府機関に非公式で問合せしたところ、
今の政権が・・・という話であった。

これまでのタイでの「風」が心地よかった我々外資勢にとって、
こういう微々たる「風」の変化に、
一抹の不安を感じているところです。

関連記事

海上運賃が前年比3割安

今日の日経朝刊5面が報じました。

確かに国内の景気敏感株の需給レシオはプラス圏を回復しましたが、
P指数に組み入れている日本郵船は依然としてマイナスのまま。

あとは原油安で国際帝石、
欧州金融不安や日米欧の異常な金利低下による収益懸念で三菱UFJの
3銘柄のみがマイナス圏となっています。

関連記事