プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
成長企業アナリスト/投資家

 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
更新通知登録ボタン(要FC2ID)

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします(この機能に関するご質問等はこちら→FC2ブログお問い合わせフォーム

 
「10倍株で勝つ」関連資料
 
◎お問い合わせ先
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
   
リンク
 
RSSリンクの表示
 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
相場のリスクオン・オフや
景気サイクルでの位置づけなどを、
長期、中長期、短中期、短期の視点から
国内外の200以上の金利や株価水準や
経済指標等により分析した記事



原則として
週次更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新
もしくはそれに準ずるフォローを
想定しています


なおその場合には、
相場観に付随して
短期相場情勢の「相場概況」や
軽い一言やつぶやきフォローなど、
簡潔にお届けする記事も
並行していくことがあります


当ブログでは、
中期は~3年、中長期は~5(-7)年、
長期は~10年、超長期は~20年、
短中期は~3年、短期は~1年の設定。

これは企業の中期経営計画が
概ね3年後を指す標準的な設定であり、
それと歩調を共にする
至極当然の設定であります。

中長期投資で最も大事な
時間を味方につけるという観点と
不況で買って好況序盤で買い増し、
好況絶頂で売り始めるという
運用サイクルの面からも、
重要な設定だと考えております。

よって、
デイトレ趣向の方や、
超短期トレードでは重要な
買値からたった8%マイナスで損切等の
スタンスの方にとっては
当ブログが馴染めないコンテンツと推察し、
別の参考資料やコンテンツを
お探しになることをお勧めいたします。


☆注目銘柄リスト
中長期成長株を基本に選定した企業の
注目ポイントと独自の割安度指標を掲載。
(不定期ですが原則1カ月に1度は更新予定)


※相場の状況により注目銘柄の更新が
無い月もございますが、
その場合には翌月等に更新した際に、
更新の無かった該当月の購読権利で
その内容をお読みできるような
対応をさせて頂きます。
(具体的には翌月や翌々月の更新時に、該当月の最終日の日付で更新時の記事をアップさせて頂くことで補填をさせていただきます)


☆その他
・チャート解説
・リスクオン・オフの実況解説
・国際見本市や世界での視察のこぼれ話
など、

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話も
有料記事にてアップしていきます。


◎毎月の購読がお得です
単独記事をすべて別々に購読した場合は、
該当月でばらつきがありますが、
15,000~25,000円程度の価格ボリューム
となることが多く、

<月次購読の場合>
9,933円
とお得になっております。

なお、
通年での
継続読者特典・電撃企画(※)
なども近年行っております。

※どの特別企画も
単体記事を重ねて
購読頂けましたら、
後からでも閲覧自体は
「いつでも、どなたでも可能」
でありますが、
(月刊マガブロもしくは個別の月次該当記事を追ってすべて購入することで、不特定多数のすべての方が購入できる形式の特典であり、非公開・会員限定のようなものではありません)


ご継続いただいた方に
よりメリットが生じるような
企画も行っております。



<留意事項>
※当サイトは不特定多数の方への投資情報提供を目的するメディアであり、個別あるいは相対での投資助言に該当するようなメール等での投資判断に関する個別回答などは一切できませんので予めご了承下さい。また、販売する情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。その情報は利益をもたらすことを保証あるいは示唆するものではありません。株式投資は利益をもたらすこともあれば、逆に、大きな損失をもたらす可能性があります

※当マガブロ(電子雑誌・メディア)の販売はFC2社により行われており、FC2マガブロというブログ媒体で著名な公のサービスを利用して、どなたでも、随時の(継続もしくは単発記事による任意の)利用が可能です。なお、当マガブロは株価・経済・景気の分析手法を公開している著者書籍の袋とじのような延長線上の最新版として更新されており、その手法や内容の大筋などは当マガブロのサンプルという意味合いも兼ねて過去の書籍ですべての方がご参照いただけます
(参照:https://amzn.to/2zbIK6E)

※読者の個人情報や決済に関わるすべての情報はFC2社のみ保有しており、マガブロ発行者である当方は読者の一切の個人情報を保有しておりません。その他の参照:過去作成の有料購読詳細説明(http://obakekabu.net/blog-category-61.html)、FC2マガブロのお問い合わせ(https://form1ssl.fc2.com/form/?id=549552)、当ブログへのお問い合わせ(https://t-asaka.info/contact)


以上、
ご検討のほど
よろしくお願いいたします。

(2020年6月一部改訂・加筆)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

【更新通知】逆イールド×ナスダック100%法則を初公開!


こんばんは。
朝香です。

予定していた
「逆イールド・クアトロMAP」
のコンテンツを第8弾にずらし、

セントルイス連銀データで遡れる期間において、
逆イールド・点灯後、
すべて同じように推移したナスダックに焦点を絞り、
法則として急きょリリースしました。

現状、
個人的にはSP500の20%下落・弱気相場入りで
短期的なセリングクライマックスが起こり、
その後に今回の神器⑤の株価軌道を描いていくことが理想ですが、
(その方が今後の確率優勢の想定線を読み解きやすいということと、そうなれば現物成長株の短中期での傷は大きくなるかもしれないが、それは同時に中長期の実りを取れる機会も大きくなることを意味するだろう、などの理由から)

米主要3指数の下落の中での神器④の昨夜の上昇、
それから現在は米主要3指数の先物も
上昇していますので、

年始以降に進めてきた下値目途、
一昨日の急落が超短期的セリクラの可能性も鑑みて、
このタイミング・内容でUPしました。

もっとも、
トレーダーさんにとって今夜は

目先はまだまだ波乱相場は続きそうですが、
短中期・中長期投資で勝ち抜く技術を
今後も磨いていきたいと思います。

更新のお知らせまで。

関連記事

【更新通知】米国イケイケ寵児の「三羽烏」で察知した相場の逆流+中国指標(おまけ)




今朝はNYダウ・S&P500が最安値更新し、
下げ渋ったナスダックも下落で終えた中、
神器④は上昇して返ってきていました。

もちろん、
まだ下落トレンドの中の
自律反発の範疇かもしれませんが、

それを受けてか、
今日5月20日は
マザーズも日経平均も
上昇しています。
(今日は中国住宅ローンの大元となる金利引き下げなどの追い風もあったかと思いますが・・・)

全体相場の天井圏にヒビを入れた神器④が
どんどん上げに転じ、
当面の底打ちサインになるかどうか、

「相場の焦点」のひとつとして、
今後の株価の行方にも
注目していきましょう。

では、
更新のお知らせまで。

関連記事

【更新通知】ダウ・S&P500は最安値更新ですが・・・


昨夜の米経済指標や
ダウ・SP500の安値更新を受けて、
相場観に追記しました。

更新のお知らせまで。

関連記事

【更新通知】沸騰PIレーダーから見えてくる!リセッション入りする可能性が濃厚な展望と相場の行方


ようやく一番ボリューミーかつ説明が大変だった
付録企画の神器③(沸騰PIレーダー)をUPできました。

この項目では、
物価と金利の動きと切り口から
今後のリセッション入りの可能性が濃厚という展望、
それに伴う相場の行方、
(リセッション=中長期株安が多いですが、だからといって必ず株安という展開でないパターンもありますからね)
リセッションの引き金になる
FF金利の水準想定なども綴っています。

目次はベタ塗つきで恐れ入りますが、
こんな感じです。

神器③目次




では、
付録企画第3段更新のお知らせまで。



関連記事

【更新通知】米消費・住宅市況の悪化指標で全面リスクオフに一転


やはりなかなかの波乱相場が続いています。

相場観内では、
順張りの青信号判定は未だしていませんが、

先週のナスダックが
1~数か月レベルの短期下値目途までようやく下げたと思い、
ヘッジポジションの解消はそれなりに進めていたので、
今後は下げが加速しないかどうか、
そこが焦点になってきそうです。

今日はSP500とダウの月足チャートをナスダックと比較し、
それを意識した点を相場観に追記しました。

更新のお知らせまで。

関連記事

【更新通知】最強の経済指標と位置付けるアレを活用して、 天井圏崩壊を察知していく方法


今日の日本株市場は
朝の寄付きの勢いのまま引けずに残念でしたが、
しばらく冴えない展開が続いても、
その間に相場を読み解く武器を
しっかりと習得しておきましょう。

今日は予告していたように、

本来は非公開の予定だった秘技を
神器②として公開しました。

私が株価と並んで
最強の経済指標と位置付けるアレを活用して、
天井圏崩壊を察知していく方法です。

公開に踏み切る想いは先述したとおりですが、
かなり実践的かつ世間で見たことの無い方法なので、
ぜひ習得してみてください。


少なくとも、
前半の米国の政策金利の変化に
先んじる参考指標は、

神器①と同じく
小学生でもカンタンかつシンプルに分かるものなので、
相場の着眼点がいかに大事か、
それも併せて感じていただけますと幸いです。

では、
付録企画更新のお知らせまで。



関連記事

【更新通知】できればこのまま株式市場のリスクテイクの流れが夏くらいまで続くといいですね


すでに先週少しづつ動いて、
1週間のポジション・チェンジとしては
最近なかった大きなものとなりましたので、

先週でナスダックが当面の下げ止まりとなり、
結果的に底値圏で動いたことになればありがたいですし、
株式市場のリスクテイクの流れが夏くらいまで続くといいですね。
(あくまで願望ですけれど。最終的には市場や経済のあるがままに上善如水で臨み続けます)

さて、
今朝はFedの要人発言、
ここのところの悪化した経済指標と株価のことや、
米住宅市況にフォローコメントを入れました。

相場観更新のお知らせまで。

関連記事

【秘技公開】奮発!長期相場の分岐点を読み解く眼力、全力でシェアします


こんにちは。
朝香です。

昨日は付録企画の第2弾がお届けできず失礼しました。

その後、
色々と検討した結果、
当初の予定になかった秘蔵のテクニックを1つ、
公開に踏み切ることにしました。

それを受けて、
当初のご案内から内容の流れを
以下のように変更します。
従来予定していたツールはすべて含め、さらに1つの新しい相場の技術を入れます!ということです)


<新しいコンテンツ(予定)の目次>
付録特典の修正目次20220517


昨日ご案内したように、
当初用意していた以前の②(修正後の③)の
物価関連の内容が非常に難しいものに
なってしまったので、

新しく「② 相場のオービスOne」という神器、
相場の潮目を読み解く実践ツールを
公開することにしました。

すでにシェアした①の技術も
特にテクニカルのほうは
ほとんど世間で見ないスキルかと思いますが、
新設の②も可能な限り秘めておきたい技術です。

しかし、
これを書くことで、
おそらくトータルの流れが腑に落ち、
物価関連ツールも含め、
コンテンツ全体への理解が容易になり、
長期的な相場潮流の見極めに役に立つはず、
そう感じての決断です。

本当に悩みに悩んで、
この新しいテクニックを入れて、
お届けすることにしました。


そういえば、
昨日は国内企業物価が約40年ぶりの沸騰し、
今日は世界の資源関連も再浮上をしてきました。
(今日の相場は、私がいま進めている「付録企画」のためのような展開でした。これも通常の相場観で触れたことではございますが、私が参考相場としてベンチマークにしているのは、00年の相場だけではありませんので、通常の相場観でも「相場の熱はまだ残っている」と述べた参考銘柄など、引き続き値動きを注視下さい。それが今は分からない方も大丈夫。付録企画が終わった時には、注目すべき相場の焦点と想定線が理解できるはずです。そうすれば、例えば現在のバフェットの投資も「さすが」と理解できる、そう期待できる内容をご用意してます。通常のブログでは、相場の熱の残存を測る参考銘柄として、日本株で注視対象を示しましたが、バフェットの意図もご理解いただきたいので、付録企画では日米株の二刀流でベンチマークを提示します)


やはり、
そういう背景がある中で、
どうしても物価レーダーをスルーしてしまうと
その後の相場の読み解きコンテンツに
支障が出ると感じました。

それ故、
物価関連の複合サインやコンテンツを
容易に指南させていただくために、
新しい②の相場のテクニックまで
初めてお話しすることに致しました。

今回は、
わざわざ新しいサイトまで立ち上げて、
別途での全力解説をしているのも、

現在は、
ここまでの急落から
相場の最適な押し目にも、
下り坂の後半前の休止場にも、
どちらにもなる
数年に1度レベルの
非常に重要な分岐点だという
認識があるからです。

なお、
最初に想定が甘く恐れ入りますが、
どうしても新刊を作る時の様な
クリエイティブな再推敲と
内容の精査もありますので、

1日1記事・更新時刻を19時と定めずに、
更新した際の更新通知でのお知らせ
とさせて下さい。
(完了日は固定。また、最初のご案内も修正しております:https://obakekabu.net/blog-entry-6309.html


奮発して、
読み解き術を全力でシェアしますので、
しばしお待ちください!!


関連記事

【ご連絡】本日の「相場の焦点」更新なしのお知らせ


こんばんは。
朝香です。

昨日から始まった
本日は更新休止とさせてください。

理由は、
神器②のPPI・CPI関連分析を書いたのですが、
事務局YAくん(投資中級者?)から
内容がわかりにくいとNGがあり、
抜本的に書き直しが必要になったためです。

やっと企画が始まったので、
今日のこのご連絡は回避したく、
即興で書き直しても見たのですが、
やはりまだわかりにくいようです。

確かに考察と結論の詳細が
他の神器(ツール)と比べて
わかりにくいのは確かで、

それであれば、
③以降の方がわかりやすいため、
一旦②をスキップして、
③から⑧終了後、
最後に②という順に
変更するかもしれません。


いずれにしても、
②も土台は書きあがっているので、
企画の完了日はそのままです。

どうぞよろしくお願いいたします。

朝香


関連記事

【更新通知】NYは短中期下限目途のレンジで一旦の反発も・・・


短期的には、
反発が日米共に
当面続いていくといいですね。

一方で、
「相場の焦点」企画で示していくように、
われわれ投資家は中長期天井圏崩壊後の
大きな大きな相場の分岐点と対峙しています。

中長期的には、
今後の相場を少し我慢強く注視し、
よーく分岐を見定めることも必要な局面です。

相場観追記のお知らせまで。

関連記事