長期相場・判定ナビ(LMI)
ファンダメンタルズ(US株価利回り・金利・物価・原油・ISM製造・住宅・雇用指標)だけで算出する長期相場のブル・ベア測定器。投資を有利に勝ち抜くために、ナビをベースに細やかなテクニカル分析を加味していきます!
 
プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
10倍株・100倍株サイクル投資家/
成長企業アナリスト
(万倍株を研究中)

 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
更新通知登録ボタン(要FC2ID)

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします(この機能に関するご質問等はこちら→FC2ブログお問い合わせフォーム

 
「10倍株で勝つ」関連資料
 
◎お問い合わせ先
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
   
リンク
 
RSSリンクの表示
 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
マガブロ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
相場のリスクオン・オフや
景気サイクルでの位置づけなどを、
長期、中長期、短中期、短期の視点から
国内外の200以上の金利や株価水準や
経済指標等により分析した記事



原則として
週次更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新
もしくはそれに準ずるフォローを
想定しています


なおその場合には、
相場観に付随して
短期相場情勢の「相場概況」や
軽い一言やつぶやきフォローなど、
簡潔にお届けする記事も
並行していくことがあります


当ブログでは、
中期は~3年、中長期は~5(-7)年、
長期は~10年、超長期は~20年、
短中期は~3年、短期は~1年の設定。

これは企業の中期経営計画が
概ね3年後を指す標準的な設定であり、
それと歩調を共にする
至極当然の設定であります。

中長期投資で最も大事な
時間を味方につけるという観点と
不況で買って好況序盤で買い増し、
好況絶頂で売り始めるという
運用サイクルの面からも、
重要な設定だと考えております。

よって、
デイトレ趣向の方や、
超短期トレードでは重要な
買値からたった8%マイナスで損切等の
スタンスの方にとっては
当ブログが馴染めないコンテンツと推察し、
別の参考資料やコンテンツを
お探しになることをお勧めいたします。


☆注目銘柄リスト
中長期成長株を基本に選定した企業の
注目ポイントと独自の割安度指標を掲載。
(不定期ですが原則1カ月に1度は更新予定)


※相場の状況により注目銘柄の更新が
無い月もございますが、
その場合には翌月等に更新した際に、
更新の無かった該当月の購読権利で
その内容をお読みできるような
対応をさせて頂きます。
(具体的には翌月や翌々月の更新時に、該当月の最終日の日付で更新時の記事をアップさせて頂くことで補填をさせていただきます)


☆その他
・チャート解説
・リスクオン・オフの実況解説
・国際見本市や世界での視察のこぼれ話
など、

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話も
有料記事にてアップしていきます。


◎毎月の購読がお得です
単独記事をすべて別々に購読した場合は、
該当月でばらつきがありますが、
15,000~25,000円程度の価格ボリューム
となることが多く、

<月次購読の場合>
9,933円
とお得になっております。

なお、
通年での
継続読者特典・電撃企画(※)
なども近年行っております。

※どの特別企画も
単体記事を重ねて
購読頂けましたら、
後からでも閲覧自体は
「いつでも、どなたでも可能」
でありますが、
(月刊マガブロもしくは個別の月次該当記事を追ってすべて購入することで、不特定多数のすべての方が購入できる形式の特典であり、非公開・会員限定のようなものではありません)


ご継続いただいた方に
よりメリットが生じるような
企画も行っております。



<留意事項>
※当サイトは不特定多数の方への投資情報提供を目的するメディアであり、個別あるいは相対での投資助言に該当するようなメール等での投資判断に関する個別回答などは一切できませんので予めご了承下さい。また、販売する情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。その情報は利益をもたらすことを保証あるいは示唆するものではありません。株式投資は利益をもたらすこともあれば、逆に、大きな損失をもたらす可能性があります

※当マガブロ(電子雑誌・メディア)の販売はFC2社により行われており、FC2マガブロというブログ媒体で著名な公のサービスを利用して、どなたでも、随時の(継続もしくは単発記事による任意の)利用が可能です。なお、当マガブロは株価・経済・景気の分析手法を公開している著者書籍の袋とじのような延長線上の最新版として更新されており、その手法や内容の大筋などは当マガブロのサンプルという意味合いも兼ねて過去の書籍ですべての方がご参照いただけます
(参照:https://amzn.to/2zbIK6E)

※読者の個人情報や決済に関わるすべての情報はFC2社のみ保有しており、マガブロ発行者である当方は読者の一切の個人情報を保有しておりません。その他の参照:過去作成の有料購読詳細説明(http://obakekabu.net/blog-category-61.html)、FC2マガブロのお問い合わせ(https://form1ssl.fc2.com/form/?id=549552)、当ブログへのお問い合わせ(https://t-asaka.info/contact)


以上、
ご検討のほど
よろしくお願いいたします。

(2020年6月一部改訂・加筆)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

【業務連絡】2022年間特典10月分パスコード



当記事は
単体記事です。

月例の相場観・注目株割安度更新・パスコードなど、
該当月のすべてのコンテンツをお読みになる方は
月刊マガブロをご選択ください。
(単体のみをお読みになる方は月刊がお得なプライシングになること、選択ミスによる変更はできないことを予めご了承ください。なお、先に単体記事、その下に月刊マガブロの選択が表示されます)


どうぞよろしくお願い致します。


Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

【簡易付録】22年2・3月号、4・5月号、9~11月割安度更新が合併号となった分のフォロー企画です(21年12月号にもおまけです!)

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

最新大化け注目株・割安/お値打ち度(9・10・11月合併号)※11月23日更新

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

【更新通知】11月~1月に見る価値の高まる&相場の乱高下に動揺しないための「たった一つのサイン」


10月号の相場観、
最終更新しました。

そして、
こちらもお約束通り、
9月号相場観にも、
10月LMI単体記事向けにも、
おまけとお詫びとして追記しました。

(LMI・長期相場ナビとは?:https://obakekabu.net/blog-entry-6343.html

これと先ほどのLMIを把握できれば、
おそらくドンと構えて相場に臨める、
or少なくとも相場を注視できるはずです。

なお、
このような見方をご紹介するのは、
22年年始に同類の見方で
「半導体・ハイテク」売りを仕掛ける
分析をした以来です。

11月~1月くらいに
参考に使うと効果的です。

ご参照まで。


関連記事

【10/31まで追記更新】相場観とポジション&フォロー 10/31 朝更新 11/1補足(赤字)



当記事は
「朝香の相場観分析」の単体記事です。

月例の注目株割安度更新や他のコンテンツなど、
該当月のすべてのコンテンツ
(年間/継続企画特典を除く)をお読みになる方は
月刊マガブロをご選択ください。

(月刊運営が本意であるため月刊マガブロをお得な設定にしております。なお、選択画面において先に単体記事、その下に月刊マガブロの選択が表示されます。金融情報サイトの運営コンプライアンスとして、不特定多数のすべての方が閲覧可能な単体記事を設けておりますが、選択ミス等での途中変更はできないこと(月刊マガブロの追加購入や翌月からの変更は可能)を予めご了承ください)


どうぞよろしくお願い致します。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

【更新通知】LMIを更新、次の応援旗を立ち上げるXデイの示唆が初めて点灯!


LMIの最新速報値を更新しました。

しかも今回、
米・政策金利以外が週末の数値のままと仮定して、
0.75%の利上げのあった後の
予測シミュレーションつきです。

その結果、
74年と81年の事例から、
短期的な値動きと
その後の短中期的な展望の
2つの要点を読み解きました。

相場の早送りボタンが欲しくて
仕方ないですが、

Xデイ※は
双眼鏡でみえてきており、
もうしばし、もうしばしの忍耐です。

下り坂の中では、
ズバ抜けて儲かった1年で終わりそうで、
07-08年の時に誓った目標線に達しそうですが、
なんか心が満たされないんです!

あくまでこんなの前座、
次の10年の時代を背負う企業に、
1円でも1ドルでも1ルピーでも多く投じるための、
肥やしにすぎないのです。

投資家(少なくとも私)の心に
花を咲かせてくれるのは、

次の10年を見越して、
応援の旗降って、
その会社が一大巨大企業に育ち、
その果実を感謝していただくこと。

それしか、ない!

そう、
自分にも言い聞かせて、

70年・80年初頭の相場の再来のシナリオと
その見通しで着地するよう願いながら
もう少しこの乱高下相場で
わがスノーボールを
大きく転がしていきたいと思います。

なお、
予告通り、
最新のLMIを、

別のコーナーである相場観にも、
9月号の相場観にも、
おまけとして追記しています。

ご参照ください!

10月相場観にLMIおまけ追記:https://obakekabu.net/blog-entry-6437.html
9月号にも割安度更新延長のお詫びで追記:https://obakekabu.net/blog-entry-6410.html

LMI・長期相場ナビとは?:https://obakekabu.net/blog-entry-6343.html


※Xデイ、その想定期間も今回のLMIの動きで初めて示唆が出ました!ただ、まだ確定値でなく速報値。11月のFOMCはこれからですので、あくまでもシミュレーションという点は差し引いてください。そうして、予想で動くギャンブルはしないが、最大限の合理的定量想定はしておいて、目の前の現実に対処。それが運用の勝ち抜く道です(長期本命株買いの資産形成は除く、これは単純に積立し、さらに全体相場の暴落の度に多く買い入れるのみ。難しい判断は要りません)

関連記事

【LMI】長期相場・判定ナビ最新版(22年10月号・10/31 10月速報値③ 11/1補足)+8-9月分の全履歴つき



当記事は
「月次LMI」の単体記事です。
(単純な数値データ・最新チャート・簡易コメントのみ収録)

日々の相場観や注目株割安度更新コンテンツや、
臨時の企画コンテンツなどを含めて
該当月のすべてのコンテンツ
(年間特典を除く)をお読みになる方は
月刊マガブロをご選択ください。
(単体のみをお読みになる方は月刊がお得なプライシングになること、選択ミスによる変更はできないことを予めご了承ください。なお、先に単体記事、その下に月刊マガブロの選択が表示されます)


どうぞよろしくお願い致します。


Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

【途中経過】玉石混交のサインが入り乱れた現状


こんにちは。
朝香です。

週末のNYは
例のサイン点灯後の
ピュッと株価の動く経験則の再来で、
大きく上昇して返ってきましたね。


一方で、
超短期はともかく、
短期的にはブル相場への転換というには、
まだ総合的な数値が不十分で、
(かといって、7-9月にベアトレンドの自律反発と明確に判断して売り上がった時とも多少スコアも違い・・)

現状、
まだ全体市場分析を続けていて、
市場のサインが玉石混交で
もう少し時間がかかりそうです。

さらには、
まだ結論までは出ていませんが、

次のFOMC会見後に、
利上げ停止期待の有無で
短期的な相場の方向性が、
どちらにも大きく触れかねないような
数字・スコアがズラッと並んでいる印象です。
(今週末だけでもしファイナルジャッジをすれば、11月・12月は大けがする可能性もスコアに出ていますから、注意が必要かもしれません。すべて「勘」でなく、「観」で分析して待った結果として、FOMC後に青信号が灯ればそれは結果論なので仕方ありません)

つまり、
現況の途中経過としては、
次のFOMC後の金利の動きで、
天国にも地獄にもなりそうな
スコア状況な様相です
(アップルはひとまず密リンゴになってよかったですね)

とはいえ、
明日は月末ですから、
明日の23:59までには
その辺の掘り下げた部分も含めて
更新できればと思います。
(今夜~明朝に先に計算の終わったLMIを出すかもしれませんが、これは補足説明がしっかりと必要そうな数値なので、明日の夜にセットで出すかもしれません)


その際には、
できれば次と
12月のFOMC前後で
注目しておくべき相場サインを
1~3つくらいに絞って、

なんとなく
ハラハラドキドキしないために、
明確な基準線を
提示できればいいなあと、
ただいま善処中です。
(前述のように、3日のFOMC後の短期金利の動きで、今回のLMIの数値は逆流の可能性もあるため、仮にLMIが来週逆に動いてもいいように、何か超短期的な他の補足指標と見方をセットにして更新を考えています。もう少々お時間ください。)


もちろん、
投資目線の長短で
見方は変わりますが、

ちょっと読み解きがやっかいな
(=確率優勢の判断がしにくい)現状で、
相場解析に時間を要しているため、
途中報告を書かせて頂きました。

なお、
上記の兼ね合いで、
個別株の割安度更新は
11月6か3日に延長、
させていただきますが、
(今年は年始から基本的に守り一徹・逆大化け株で利を重ねていますが、攻めに転じるなら選択目線が変わります)

延長のお詫びとして、
上記の相場観の更新を
9月号の末にも追記して加えることで
お待ち頂きたくお願いいたします。

では、
相場分析を続けさせていただきます。

朝香


関連記事

【更新通知】相場の一進一退を注視中


市場を日々
モニタリングしていますが、

アップルの決算を受けた
今夜から明朝の場中の相場つきを見届け、
本格的な更新を再開予定。

今朝は近況の相場感想を更新。

あとは
中長期の大事な相場サインが
昨日点灯し、

今朝は終値でも
その数値付きが続いていますので、
相場の局面は少し地味に進行を始めました。
その点だけは読み逃しなく。

いずれにしても、
もうしばし相場の一進一退を注視させてください。
(LMI更新は週末にて)

なお、
今週初の香港株の急落は、
そりゃそうだというものでしたが、
一抹の寂しい株価ボードでした。
(香港株の急落利益は、資本主義を積極的に取り入れた中国時代に留学した私の現況へのささやかな反対票マネーで、年始からひたすら売り続けてきましたが、またも志のある道に私にとってはあとからお金がついてきた結果となりました。もう昔の香港・上海のようにならないのかとても寂しい限りですが、この果実は市場経済を重視してアジアの未来を拓く方にスライドして注ぎたいと思います)

GAFAMの決算が芳しくないですが、
これは逆にいち時代の変わり目、
次の相場の主役が飛び出るのには、
決して悪い事ではないですね。

来年はいよいよおもしろい1年になりそうです。
更新のお知らせまで。

関連記事

【更新通知】日足の相場つきが好転、11月は株高祭り?



先週にかけ、
トータルベースでガツンと入れた
ショートカバーが報われた
今朝の米株高でした。

来週の米IT大手決算と株価の着地から
ますます目が離せません。
(お知らせ:相場観を更新しました)

なお、
相場感想として、

今年は株価も長いこと
下り坂を下ってきているため、
10月にもっと株価が下に崩落してくれたほうが、
(つまり、じりじりとセオリー通りのインフレ警戒相場が続くより、英国発の金融不安・ショックから世界同時暴落でフラッシュクラッシュとその対応で中銀の利上げストップ、みたいなマイナーシナリオが起こってくれた方が)

神経質な超利上げ期の
株価対応から
いいかげん解放され、

その後の買いを考えると
良い道になったかもと思いましたが、
こればかりは仕方ありませんね。
(ただ、ひとりの人間としては、愚かな道をサッと軌道修正した英国の賢明な決断にエールを送りたいと思います)

そして、
これ以降に関しては、
通常の相場サイクルが巡るのを、
引き続き順当に見ながら対処を続けていくつもりです。

みなさま、
良い週末をお過ごしください!

<大事な追記点>
相場観に入れたように、
米大手IT株と株価の触れ次第で少しスタンスが変わるため、
次の割安度リストの更新10月30日19~20時を予定しています。
補足で失礼しました。




関連記事