プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
成長企業アナリスト/投資家

 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
更新通知登録ボタン(要FC2ID)

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします(この機能に関するご質問等はこちら→FC2ブログお問い合わせフォーム

 
「10倍株で勝つ」関連資料
 
◎お問い合わせ先
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
   
リンク
 
RSSリンクの表示
 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
相場のリスクオン・オフや
景気サイクルでの位置づけなどを、
長期、中長期、短中期、短期の視点から
国内外の200以上の金利や株価水準や
経済指標等により分析した記事



原則として
週次更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新
もしくはそれに準ずるフォローを
想定しています


なおその場合には、
相場観に付随して
短期相場情勢の「相場概況」や
軽い一言やつぶやきフォローなど、
簡潔にお届けする記事も
並行していくことがあります


当ブログでは、
中期は~3年、中長期は~5(-7)年、
長期は~10年、超長期は~20年、
短中期は~3年、短期は~1年の設定。

これは企業の中期経営計画が
概ね3年後を指す標準的な設定であり、
それと歩調を共にする
至極当然の設定であります。

中長期投資で最も大事な
時間を味方につけるという観点と
不況で買って好況序盤で買い増し、
好況絶頂で売り始めるという
運用サイクルの面からも、
重要な設定だと考えております。

よって、
デイトレ趣向の方や、
超短期トレードでは重要な
買値からたった8%マイナスで損切等の
スタンスの方にとっては
当ブログが馴染めないコンテンツと推察し、
別の参考資料やコンテンツを
お探しになることをお勧めいたします。


☆注目銘柄リスト
中長期成長株を基本に選定した企業の
注目ポイントと独自の割安度指標を掲載。
(不定期ですが原則1カ月に1度は更新予定)


※相場の状況により注目銘柄の更新が
無い月もございますが、
その場合には翌月等に更新した際に、
更新の無かった該当月の購読権利で
その内容をお読みできるような
対応をさせて頂きます。
(具体的には翌月や翌々月の更新時に、該当月の最終日の日付で更新時の記事をアップさせて頂くことで補填をさせていただきます)


☆その他
・チャート解説
・リスクオン・オフの実況解説
・国際見本市や世界での視察のこぼれ話
など、

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話も
有料記事にてアップしていきます。


◎毎月の購読がお得です
単独記事をすべて別々に購読した場合は、
該当月でばらつきがありますが、
15,000~25,000円程度の価格ボリューム
となることが多く、

<月次購読の場合>
9,933円
とお得になっております。

なお、
通年での
継続読者特典・電撃企画(※)
なども近年行っております。

※どの特別企画も
単体記事を重ねて
購読頂けましたら、
後からでも閲覧自体は
「いつでも、どなたでも可能」
でありますが、
(月刊マガブロもしくは個別の月次該当記事を追ってすべて購入することで、不特定多数のすべての方が購入できる形式の特典であり、非公開・会員限定のようなものではありません)


ご継続いただいた方に
よりメリットが生じるような
企画も行っております。



<留意事項>
※当サイトは不特定多数の方への投資情報提供を目的するメディアであり、個別あるいは相対での投資助言に該当するようなメール等での投資判断に関する個別回答などは一切できませんので予めご了承下さい。また、販売する情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。その情報は利益をもたらすことを保証あるいは示唆するものではありません。株式投資は利益をもたらすこともあれば、逆に、大きな損失をもたらす可能性があります

※当マガブロ(電子雑誌・メディア)の販売はFC2社により行われており、FC2マガブロというブログ媒体で著名な公のサービスを利用して、どなたでも、随時の(継続もしくは単発記事による任意の)利用が可能です。なお、当マガブロは株価・経済・景気の分析手法を公開している著者書籍の袋とじのような延長線上の最新版として更新されており、その手法や内容の大筋などは当マガブロのサンプルという意味合いも兼ねて過去の書籍ですべての方がご参照いただけます
(参照:https://amzn.to/2zbIK6E)

※読者の個人情報や決済に関わるすべての情報はFC2社のみ保有しており、マガブロ発行者である当方は読者の一切の個人情報を保有しておりません。その他の参照:過去作成の有料購読詳細説明(http://obakekabu.net/blog-category-61.html)、FC2マガブロのお問い合わせ(https://form1ssl.fc2.com/form/?id=549552)、当ブログへのお問い合わせ(https://t-asaka.info/contact)


以上、
ご検討のほど
よろしくお願いいたします。

(2020年6月一部改訂・加筆)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

緊急修正・追記


今朝の今週の相場観とポジションを緊急修正しました。

今後の投資先のIPOや買収先の検討会議において感じるところがあり、
従来のFF金利による売買ルールを従来通り適応することに
急きょ再変更いたしました。

なお、
FF金利による売買ルールによるポジション割合を
すべて適応したのは、

新刊でも自分で書いたように、
「FF金利はすべてを動かすコントローラー」であることと、
「私の実業での投資現場において資金の逃げ足が思ったよりも早いこと」が背景です。

かといって、
従来のルール以上のリスクオフはしておらず、
一気にリスクオフということもございません。
あくまで一点一点の経済指標を総合的に勘案することは崩しておりません。

年末年始には2016年の大局的な相場観も
リリースしておこうと思います。

判断が右往左往して申し訳ございませんが、
何分前例のないファンダメンタル環境に置かれているため、
判断のもととなるP指数の基準改定の精査の度重なる検討と検証が背景にありますので、
ご容赦いただけますと幸いです。

関連記事
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
 

朝香さんの本を読み株式投資を始めることにしました。
はじめまして。

1年ぐらい前に、朝香さんの本を読み株式投資を始めることにしました。この本はこれから株式投資を始めるものにとっては最高の本でした。

パンローリングなどの有名な本は一通り読み、あと1年以内に、ビジネスで築いた資産を元本に、投資を開始しようと思っております。

そこでいくつか質問があるので、教えて頂けないでしょうか?


その1

朝香さんは「投資の会」のようなものは主催されているでしょうか?



その2

大株主になったときに、有価証券報告書に自分の名前を載せたくないと思っております。小さな会社だとちょっと株を買っただけで、大株主として実名が公開されることがあると思います。

私が調べた限りだと、海外の証券会社から、日本の株を売買すれば、常任代理人の名義が載るので、実名が公開されることはないと思います。

しかし、これ以外の方法はないでしょうか?

できれば、国内の証券会社から売買したいですが、国内の証券会社でなくてもかまいません。手数料は1~2%なら問題ありません。

キーワードとして、プライムブローカー、カストディアン、ノミニー、常任代理人などがあげられると思います。



その3

日本のすべての上場企業の中で、2倍株は、年間何個ぐらいあるでしょうか?



その4

世界のすべての上場企業の中で、2倍株は、年間何個ぐらいあるでしょうか?



よろしくお願いします。

愛読者 | URL | 2015-12-22(18:30) [編集]
Re: 朝香さんの本を読み株式投資を始めることにしました。
はじめまして。
私の本をお読みくださり株式投資を始められるとのこと、
光栄に存じます。
ありがとうございます。


> その1
> 朝香さんは「投資の会」のようなものは主催されているでしょうか?

いえ、主催しておりません。

> その2
> 大株主になったときに、有価証券報告書に自分の名前を載せたくないと思っております。

この想いは賛同致します。
マネーリテラシーの観点からこの国でお名前が出ることを避けることは賢明なご判断かと存じます。
名義だけであれば、有価証券管理信託をお使いになることはいかがですか?
それ以外は、愛読者様のほうがすでにお詳しいようです。

また、汎用性はないかもしれませんが、
お金があれば手段はいろいろとでてくるかと思います。
この部分は多くの同じ思いの方が苦心されておられ、
NGなことではないとしてもあまりオープンに書けない部分があるかと思いますので、
それなりの金額を大手証券口座に入れれば専任の担当が付きますから、
信頼関係が成り立ったうえでその方に相談してみてはいかがでしょうか。

> その3
> 日本のすべての上場企業の中で、2倍株は、年間何個ぐらいあるでしょうか?

この1年に関しては、91社。
上場個別銘柄のおよそ2.6%。
ただし、夏前の株高の時にはもっと多かったと思いますが、現在は91社です。

2倍株の時価総額が17億円から7000億円のレンジがあり、
真ん中の銘柄で230億円くらいです。
お名前を出さないようにするには、
2倍になる前が115億円ですので、保有比率0.5%未満あたりを維持するには、
1銘柄5000万円がいいところ。
仮に100億くらい投資したとしても200銘柄くらいに分けねばなりません。

市場が暴落でもしていれば十分買える銘柄数かと思いますが、
管理がそこそこ大変です。
そんなに多くの銘柄を変えないという際には、
日経平均や時価総額の大きな大型株、
あるいは海外株にも目を向けられるか、
特別なスキームを構築するかで対応ということになります。

それでも資金が有り余るというようでしたら、
誰かつかまえてきてファンドを作らせてはいかがでしょうか。

> その4
>
> 世界のすべての上場企業の中で、2倍株は、年間何個ぐらいあるでしょうか?

ごめんなさい。主要市場であれば調べるよう依頼すればわかるかと思いますが、
私自身はすぐにはわからないです。

以上、よろしくお願いいたします。
投資作家 朝香友博 | URL | 2015-12-22(20:45) [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2015-12-28(11:44) [編集]
Re: タイトルなし
愛読者様

こちらこそご丁寧にお読みくださりありがとうございます。
また追加のご質問もありがとうございます。

ただ、税務に関する事はこのような公の場でお答えすることではないことと、
私は将来の有望企業や技術の選定やタイミングに特化し、
その他はいわゆる士業と投資実務に関するプロにお任せしておりますので、
その点ご容赦ください。

たぶん、それをこの場でお話しできるなら、
大株主欄に私は名前を載せていると思うのですが、
愛読者様でしたら、この辺のニュアンスをくみ取っていただけると信じております。


信託口の他、
汎用性のある方法といえば、
孫会社で運用するとか出資した会社で運用するとか
証券関係でファンドマネージャーとして独立したい人に資金を出すなどすれば、
愛読者様の存在は見えにくくなると思います。

なお、実名を公開されたい方のお気持ちは察しかねますが、
私も20代の頃であれば、同じようにしたかもしれません。
私もそのころはまだ他の人と違う事をありのまま外に示しており、
その方がきれいな異性にもてますし、ステータスがありましたので、
そのくらいの利点しか思いつきません。

あとは、取引先やこれから取引を始めたい会社に、
名入りで株を買って大株主になれば、
ビジネスの際にアドバンテージがあるかもしれませんね。

しかし、人脈の整理をすればするほど、
由緒ある資産家というのはできるだけ目立たぬようにする事に
力を注いでいるなあと感じている次第です。

それだけの資産家が日本に何人いるかわからないのですが、
少なくとも現在の私の周辺にはフェースブックなどは全員やっていない
江戸や明治から続く資産家に囲まれている環境はありがたいと思っております。

そうなると、
銀行や士業や政治の世界も含めて、
かなりのアドバンテージがある点も事実で、
それでお察しいただけますと幸いです。

不完全燃焼のお答えで恐れ入りますが、
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。


投資作家 朝香友博 | URL | 2015-12-30(11:50) [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2016-01-04(14:45) [編集]