プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
成長企業アナリスト/投資家

 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
更新通知登録ボタン(要FC2ID)

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします(この機能に関するご質問等はこちら→FC2ブログお問い合わせフォーム

 
「10倍株で勝つ」関連資料
 
◎お問い合わせ先
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
   
リンク
 
RSSリンクの表示
 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
相場のリスクオン・オフや
景気サイクルでの位置づけなどを、
長期、中長期、短中期、短期の視点から
国内外の200以上の金利や株価水準や
経済指標等により分析した記事



原則として
週次更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新
もしくはそれに準ずるフォローを
想定しています


なおその場合には、
相場観に付随して
短期相場情勢の「相場概況」や
軽い一言やつぶやきフォローなど、
簡潔にお届けする記事も
並行していくことがあります


当ブログでは、
中期は~3年、中長期は~5(-7)年、
長期は~10年、超長期は~20年、
短中期は~3年、短期は~1年の設定。

これは企業の中期経営計画が
概ね3年後を指す標準的な設定であり、
それと歩調を共にする
至極当然の設定であります。

中長期投資で最も大事な
時間を味方につけるという観点と
不況で買って好況序盤で買い増し、
好況絶頂で売り始めるという
運用サイクルの面からも、
重要な設定だと考えております。

よって、
デイトレ趣向の方や、
超短期トレードでは重要な
買値からたった8%マイナスで損切等の
スタンスの方にとっては
当ブログが馴染めないコンテンツと推察し、
別の参考資料やコンテンツを
お探しになることをお勧めいたします。


☆注目銘柄リスト
中長期成長株を基本に選定した企業の
注目ポイントと独自の割安度指標を掲載。
(不定期ですが原則1カ月に1度は更新予定)


※相場の状況により注目銘柄の更新が
無い月もございますが、
その場合には翌月等に更新した際に、
更新の無かった該当月の購読権利で
その内容をお読みできるような
対応をさせて頂きます。
(具体的には翌月や翌々月の更新時に、該当月の最終日の日付で更新時の記事をアップさせて頂くことで補填をさせていただきます)


☆その他
・チャート解説
・リスクオン・オフの実況解説
・国際見本市や世界での視察のこぼれ話
など、

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話も
有料記事にてアップしていきます。


◎毎月の購読がお得です
単独記事をすべて別々に購読した場合は、
該当月でばらつきがありますが、
15,000~25,000円程度の価格ボリューム
となることが多く、

<月次購読の場合>
9,933円
とお得になっております。

なお、
通年での
継続読者特典・電撃企画(※)
なども近年行っております。

※どの特別企画も
単体記事を重ねて
購読頂けましたら、
後からでも閲覧自体は
「いつでも、どなたでも可能」
でありますが、
(月刊マガブロもしくは個別の月次該当記事を追ってすべて購入することで、不特定多数のすべての方が購入できる形式の特典であり、非公開・会員限定のようなものではありません)


ご継続いただいた方に
よりメリットが生じるような
企画も行っております。



<留意事項>
※当サイトは不特定多数の方への投資情報提供を目的するメディアであり、個別あるいは相対での投資助言に該当するようなメール等での投資判断に関する個別回答などは一切できませんので予めご了承下さい。また、販売する情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。その情報は利益をもたらすことを保証あるいは示唆するものではありません。株式投資は利益をもたらすこともあれば、逆に、大きな損失をもたらす可能性があります

※当マガブロ(電子雑誌・メディア)の販売はFC2社により行われており、FC2マガブロというブログ媒体で著名な公のサービスを利用して、どなたでも、随時の(継続もしくは単発記事による任意の)利用が可能です。なお、当マガブロは株価・経済・景気の分析手法を公開している著者書籍の袋とじのような延長線上の最新版として更新されており、その手法や内容の大筋などは当マガブロのサンプルという意味合いも兼ねて過去の書籍ですべての方がご参照いただけます
(参照:https://amzn.to/2zbIK6E)

※読者の個人情報や決済に関わるすべての情報はFC2社のみ保有しており、マガブロ発行者である当方は読者の一切の個人情報を保有しておりません。その他の参照:過去作成の有料購読詳細説明(http://obakekabu.net/blog-category-61.html)、FC2マガブロのお問い合わせ(https://form1ssl.fc2.com/form/?id=549552)、当ブログへのお問い合わせ(https://t-asaka.info/contact)


以上、
ご検討のほど
よろしくお願いいたします。

(2020年6月一部改訂・加筆)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

【今日は日経平均1000円高いくといいですね】前引け前に16600円台回復し、高値で引けた日経平均


最近、
前場に日経平均が上昇し、
後場に下落という流れが続いていますから、

メディアに出ているアナリストたちも、
この下げ相場の前場で「これが反転サインになりそう」と言って、
ここまで散々下げてきたわけですが、

今日は
「前場で上げて後場に失望というのがありますから、
注意は必要だとも思いますが」
とさすがに慎重コメント

こういうコメントを聞いていると、
1000円高で引けたりしてと思ったりしてしまいます。

株は総悲観の底値でみんなが投げ売りしてるときに買う時や
アベノミクス開始時のような順張りでみんなで買いましょうって時には、
コメントが好感されるのですが、

株の暴落局面で少数派コメントになると、
コメントへの反感が怖いが、
株のルールである「安く買って、高く売る」
の安く買うの好機をくれるわけですから、
下がれ下がれと願う事もまた一理ありかと思います。

株という市場の競技場では、
最後は少数しか勝たないで
富が上位で加速する資本主義という仕組みに生きてるんだから、
それは私のせいではない。

前回の相場時には、
そんな外野の声にも嫌気が指したので、
長期売りサインの初期点灯で
今よりアクセスあるブログをさっさとやめてしまったが、

今回はP指数という無機質な相棒がいるので、
相場の底まで歩んでみる過程を
綴っていきたいとは思っています。

後世、
読み物としてはおもしろくなるような展開に
できるよう頑張りたい。

ちなみに、
私の予測は諸々の説明から
中長期の暗い暗い下落トレンド入りとの判断ですが、

予測なんてものは重要でなく、
相場が動いた1秒後の
相場のありのままを測ってどう対処するかだけが重要。

先日も日経平均上昇に転じるサインのチェック点なども
お伝えした通り、
日経平均2万円が起こりうることだってしっかり視野に入れてますよ。

今はまだ2つの武器の長期売りサインと
公開していない米国金利売りサインの点灯などで、
下落優位と見ていますが、
できれば、
そりゃ上昇フィナーレだと強く認識した局面(投資原則売りサイン点灯)
でまだまだ売りたいですよ。

ここまでテンバガーも続いてくれて、
そこそこの美人投票で美人とダンスをしてきたが、
日経平均が22000円とか23000円とか30000円とかになってくれれば、
最後のダンスをミス・ワールドと情熱的に踊り切った気分で終われるだろう。

ただ、
上がっても売り下がっても「2016年は売りの年」
と有料でも無料記事でもこれだけは明確に言ってきましたから、
今年は「どこでいかに売っていくか」、
これを見定め続けることに尽きると思っています。

今はその大局観(大局観は主観ではなく、様々な指標の分析値)に従って、
踊りたくない相手ともダンスをしているわけです。
踊り続けていれば、
その先の先の先の先でドストライクの美人が現れると信じているから。

それにしても、
こういう難しい相場になると、
断面的にしか相場を見れない方の質問が大変なので、
そういった方は不景気に買って十分利が乗っている株を売るか、
長期上昇後に買った方はさっさと損切って、
次の不景気のどん底買いを待っていれば、
次の上昇相場でそんな損あっさり取り戻しますから!
もっとも、この前提として長期投資ですから、
それまで生きていればという話だと思いますが、シビアに見れば。

さて、そうではなくて、
あくまでこの難局を挑もうという人は
豊臣秀吉の二枚舌外交のような思考・行動のできる方
でなければなりません。

昨日、底値で日経平均を少し拾い、
今日も寄付きから動いていますので、
今日は「いけいけ、ゴーゴー、日経平均!」と応援している訳です。

といっても、キャッシュポジションを崩してまで
リスクも取っていませんが。
真意はすべてを読んでいる読者の方のみぞ知る。

株という資本主義の典型的な世界に生きている方で、
無料の情報だけを見て判断している方というのは、
よっぽど公開記事の裏まで読み切れる切れ者か
その矛盾に気付かない方かなのだろう。
(私が投資を始めた頃を考え、
学生さんに考慮して公開記事もあげていきたいと思いますよ。
時間はあると思いますから更新後早く読んでくださいね。
下落トレンドは好感されないので、
公開後にクローズしていってますから)

今日は1000円高まで突き抜けないかなあ、
日経平均。

我々は稼ぐために市場にいる。
そして、
もっと先にある暴落相場で大人買いする資金を増殖させ、
日本の未来を創ってほしい会社を応援する。

ただ、それだけだ。

関連記事
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する