プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
成長企業アナリスト/投資家

 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
更新通知登録ボタン(要FC2ID)

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします(この機能に関するご質問等はこちら→FC2ブログお問い合わせフォーム

 
「10倍株で勝つ」関連資料
 
◎お問い合わせ先
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
   
リンク
 
RSSリンクの表示
 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
相場のリスクオン・オフや
景気サイクルでの位置づけなどを、
長期、中長期、短中期、短期の視点から
国内外の200以上の金利や株価水準や
経済指標等により分析した記事



原則として
週次更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新
もしくはそれに準ずるフォローを
想定しています


なおその場合には、
相場観に付随して
短期相場情勢の「相場概況」や
軽い一言やつぶやきフォローなど、
簡潔にお届けする記事も
並行していくことがあります


当ブログでは、
中期は~3年、中長期は~5(-7)年、
長期は~10年、超長期は~20年、
短中期は~3年、短期は~1年の設定。

これは企業の中期経営計画が
概ね3年後を指す標準的な設定であり、
それと歩調を共にする
至極当然の設定であります。

中長期投資で最も大事な
時間を味方につけるという観点と
不況で買って好況序盤で買い増し、
好況絶頂で売り始めるという
運用サイクルの面からも、
重要な設定だと考えております。

よって、
デイトレ趣向の方や、
超短期トレードでは重要な
買値からたった8%マイナスで損切等の
スタンスの方にとっては
当ブログが馴染めないコンテンツと推察し、
別の参考資料やコンテンツを
お探しになることをお勧めいたします。


☆注目銘柄リスト
中長期成長株を基本に選定した企業の
注目ポイントと独自の割安度指標を掲載。
(不定期ですが原則1カ月に1度は更新予定)


※相場の状況により注目銘柄の更新が
無い月もございますが、
その場合には翌月等に更新した際に、
更新の無かった該当月の購読権利で
その内容をお読みできるような
対応をさせて頂きます。
(具体的には翌月や翌々月の更新時に、該当月の最終日の日付で更新時の記事をアップさせて頂くことで補填をさせていただきます)


☆その他
・チャート解説
・リスクオン・オフの実況解説
・国際見本市や世界での視察のこぼれ話
など、

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話も
有料記事にてアップしていきます。


◎毎月の購読がお得です
単独記事をすべて別々に購読した場合は、
該当月でばらつきがありますが、
15,000~25,000円程度の価格ボリューム
となることが多く、

<月次購読の場合>
9,933円
とお得になっております。

なお、
通年での
継続読者特典・電撃企画(※)
なども近年行っております。

※どの特別企画も
単体記事を重ねて
購読頂けましたら、
後からでも閲覧自体は
「いつでも、どなたでも可能」
でありますが、
(月刊マガブロもしくは個別の月次該当記事を追ってすべて購入することで、不特定多数のすべての方が購入できる形式の特典であり、非公開・会員限定のようなものではありません)


ご継続いただいた方に
よりメリットが生じるような
企画も行っております。



<留意事項>
※当サイトは不特定多数の方への投資情報提供を目的するメディアであり、個別あるいは相対での投資助言に該当するようなメール等での投資判断に関する個別回答などは一切できませんので予めご了承下さい。また、販売する情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。その情報は利益をもたらすことを保証あるいは示唆するものではありません。株式投資は利益をもたらすこともあれば、逆に、大きな損失をもたらす可能性があります

※当マガブロ(電子雑誌・メディア)の販売はFC2社により行われており、FC2マガブロというブログ媒体で著名な公のサービスを利用して、どなたでも、随時の(継続もしくは単発記事による任意の)利用が可能です。なお、当マガブロは株価・経済・景気の分析手法を公開している著者書籍の袋とじのような延長線上の最新版として更新されており、その手法や内容の大筋などは当マガブロのサンプルという意味合いも兼ねて過去の書籍ですべての方がご参照いただけます
(参照:https://amzn.to/2zbIK6E)

※読者の個人情報や決済に関わるすべての情報はFC2社のみ保有しており、マガブロ発行者である当方は読者の一切の個人情報を保有しておりません。その他の参照:過去作成の有料購読詳細説明(http://obakekabu.net/blog-category-61.html)、FC2マガブロのお問い合わせ(https://form1ssl.fc2.com/form/?id=549552)、当ブログへのお問い合わせ(https://t-asaka.info/contact)


以上、
ご検討のほど
よろしくお願いいたします。

(2020年6月一部改訂・加筆)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

日経平均株価、今年初の5日続伸来た!しかし、一方でシンガポールでは下り坂の日本産業界・・・

20160531_111820917.jpg 

昨日からそんなにおいを感じていましたが、
日経平均、来ましたね。

さて、短期的には盛り上がる市場に一言。

先ほど会議とランチを終えて、今マリーナベイサンズの展示会場を回っていますが、
が、
が、
が、
「日本パビリオンが無い!」

今回は動画(今後ますます重要な事は少年にだってわかるテーマ)・通信・放送の展示会・会議。

中国は5つ、
韓国は3つ、
台湾は1つの大きなパビリオンと点在する各社のブース。

さらには、
マレーシア、インドネシア、タイ、シンガポール、ベトナムのパビリオン。
(※追記 インドもありました。ほんと各国勢ぞろい。)

欧米勢にも、
大きな大きな各フロアに中国と激突するUSAパビリオン、
ドイツ、フランス、イギリスのパビリオン。
加えてルーマニア、イスラエルのパビリオン。
(※さらに追記。カナダ、イタリア、スペインもありました)

というか、
アジアや世界の全製造業の主要国・新興国の中で
パビリオンがないのは日本だけ。

今日も現地の展示関係者に、
「まじで日本は国にお金が無いのか?そんなに不景気なのか?」
と聞かれました。

わかります?
この虚しさ。

SONYやCANONやパナソニックはそんな中、奮闘してましたよ。
特にパナの展開には拍手を送りたい。

だが、私は前にこの業界のアジアの統括責任者だったからわかるんですよ。
ブースやプライベート展示の場所が明らかに不遇されている。

オーガナイザーからしてみたら、
華のある場所、隅っこにも人が行くような強力な企業をどこに配置したいかが、
手に取るようにわかる。

だから、
私は展示会場の図面を見るだけで、
「どの企業が産業界で王様なのか、新興勢力の王子様なのか」が理解できる。

そして、
それをそのまま来期・展示会なので3年くらい先の業績に結び付けて考えるのだが、
各企業はともかく、

「おーい、霞が関や永田町の方々。日本が孤立していっているのがわかりますか?」
といいたい。

実はクアラルンプールの国際見本市でも、
主要製造業国でパビリオンがなかったのは日本だけだった。

あんなにキーエンスやDMG森精機はがんばっていたのに・・・

後方支援しろよ、日本政府と霞が関。

もう10年以上前のアジアの見本市と全く違う景色が拡がっているのが、
10年後の日本の未来を暗示しているように思えてならない。

ここに来る道中に、ホリエモンの「どこにでもいける?」的な本を読んで、
別に海外に無理して出る必要なんてないと書いてありましたが、

ありえない。

だから、今ここの会場で商談が活発な企業の部材は日本製なのに、
エンドマーケットが取れないのは、
グイグイ図々しく入り込んでいくグローバル人材が少ないからだ。

ユニクロの柳井さんの「日本を出よ」「現実を視よ」で展開されている危機感を、
私はこの展示フロアから同意して伝えたい。

どんどん小さな存在感になる日本。

私の未来観や数年先のアウトルックが当たるのは、
単純に何百人・何十か国の人々と話した感想のサマリーや
こういうフィーリングを積み重ねているだけで、予想しているからではない。

時には日本人ではないふりをしてでも本音を探って、
明日の未来をイメージしている。

だから、
日経平均が5日続伸したよ~という日本からの電話はうれしかったが、
ちょうどアメリカの商務省の人と
薄れゆく日本について話をしていたときだったので、
なんか複雑な気持ち。

備忘録を兼ねて、オンタイム更新。

あー、
もっと僕に国の予算を動かす力があれば・・・
社会保障費なんて削っていいから、
未来の富のために予算を使わないと日本の優位性が浸食されていく・・・

総論的に言うと大先輩方に失礼だが、
お孫さんのためならと資産をあてたり我慢できるという先輩方への厚生費を我慢頂き、
未来を生きるわれわれの暮らしや給与を考えて、
産業のビジネスを拡げる予算を国にさけるような世論に賛成してほしい・・・

このブログを読んでる若い人がいたら、
表層的に考えないで、もっとよく世界の現実を視ないと、
みんな食べれなくなるぞってほんと言いたい。

全製造業国の揃った中で、
マレーシアでもシンガポールにおいてもいなかった「日本」の
相対的でゆっくりとした衰退を止めようよ。

賛同する議員を集めて、若いもんに選挙に行くようにケツをたたく。
最終的にはそれしかない。

まとまりのない長文をお読み下さりありがとうございました。


関連記事
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する