プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
成長企業アナリスト/投資家

 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
更新通知登録ボタン(要FC2ID)

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします(この機能に関するご質問等はこちら→FC2ブログお問い合わせフォーム

 
「10倍株で勝つ」関連資料
 
◎お問い合わせ先
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
   
リンク
 
RSSリンクの表示
 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
相場のリスクオン・オフや
景気サイクルでの位置づけなどを、
長期、中長期、短中期、短期の視点から
国内外の200以上の金利や株価水準や
経済指標等により分析した記事



原則として
週次更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新
もしくはそれに準ずるフォローを
想定しています


なおその場合には、
相場観に付随して
短期相場情勢の「相場概況」や
軽い一言やつぶやきフォローなど、
簡潔にお届けする記事も
並行していくことがあります


当ブログでは、
中期は~3年、中長期は~5(-7)年、
長期は~10年、超長期は~20年、
短中期は~3年、短期は~1年の設定。

これは企業の中期経営計画が
概ね3年後を指す標準的な設定であり、
それと歩調を共にする
至極当然の設定であります。

中長期投資で最も大事な
時間を味方につけるという観点と
不況で買って好況序盤で買い増し、
好況絶頂で売り始めるという
運用サイクルの面からも、
重要な設定だと考えております。

よって、
デイトレ趣向の方や、
超短期トレードでは重要な
買値からたった8%マイナスで損切等の
スタンスの方にとっては
当ブログが馴染めないコンテンツと推察し、
別の参考資料やコンテンツを
お探しになることをお勧めいたします。


☆注目銘柄リスト
中長期成長株を基本に選定した企業の
注目ポイントと独自の割安度指標を掲載。
(不定期ですが原則1カ月に1度は更新予定)


※相場の状況により注目銘柄の更新が
無い月もございますが、
その場合には翌月等に更新した際に、
更新の無かった該当月の購読権利で
その内容をお読みできるような
対応をさせて頂きます。
(具体的には翌月や翌々月の更新時に、該当月の最終日の日付で更新時の記事をアップさせて頂くことで補填をさせていただきます)


☆その他
・チャート解説
・リスクオン・オフの実況解説
・国際見本市や世界での視察のこぼれ話
など、

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話も
有料記事にてアップしていきます。


◎毎月の購読がお得です
単独記事をすべて別々に購読した場合は、
該当月でばらつきがありますが、
15,000~25,000円程度の価格ボリューム
となることが多く、

<月次購読の場合>
9,933円
とお得になっております。

なお、
通年での
継続読者特典・電撃企画(※)
なども近年行っております。

※どの特別企画も
単体記事を重ねて
購読頂けましたら、
後からでも閲覧自体は
「いつでも、どなたでも可能」
でありますが、
(月刊マガブロもしくは個別の月次該当記事を追ってすべて購入することで、不特定多数のすべての方が購入できる形式の特典であり、非公開・会員限定のようなものではありません)


ご継続いただいた方に
よりメリットが生じるような
企画も行っております。



<留意事項>
※当サイトは不特定多数の方への投資情報提供を目的するメディアであり、個別あるいは相対での投資助言に該当するようなメール等での投資判断に関する個別回答などは一切できませんので予めご了承下さい。また、販売する情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。その情報は利益をもたらすことを保証あるいは示唆するものではありません。株式投資は利益をもたらすこともあれば、逆に、大きな損失をもたらす可能性があります

※当マガブロ(電子雑誌・メディア)の販売はFC2社により行われており、FC2マガブロというブログ媒体で著名な公のサービスを利用して、どなたでも、随時の(継続もしくは単発記事による任意の)利用が可能です。なお、当マガブロは株価・経済・景気の分析手法を公開している著者書籍の袋とじのような延長線上の最新版として更新されており、その手法や内容の大筋などは当マガブロのサンプルという意味合いも兼ねて過去の書籍ですべての方がご参照いただけます
(参照:https://amzn.to/2zbIK6E)

※読者の個人情報や決済に関わるすべての情報はFC2社のみ保有しており、マガブロ発行者である当方は読者の一切の個人情報を保有しておりません。その他の参照:過去作成の有料購読詳細説明(http://obakekabu.net/blog-category-61.html)、FC2マガブロのお問い合わせ(https://form1ssl.fc2.com/form/?id=549552)、当ブログへのお問い合わせ(https://t-asaka.info/contact)


以上、
ご検討のほど
よろしくお願いいたします。

(2020年6月一部改訂・加筆)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

ドイツ銀行の破たんに関して


フォームにてご質問を頂いたドイツ銀行の破たんに関してですが、
そこまで真剣にフォローをしていないのが現状です。

ただ、
せっかくご質問を頂いたので、
個人的な見解とその前に前提を2つ。

一つ目は、
米国が利上げのステージに入った以上、
世界経済史のいつかきた道で、
いずれはどっかしらの金融機関が破たん或いは公的救済される歴史を繰り返すと考えており、
それがドイツ銀行であっても不思議ではありません。

しかし、
その時こそが最高の好機になる可能性が高く、
S様の状況がどのような状況かはわからないのですが、
私にとってはもしドイツ銀行の破たんという事態になれば、
決して不幸なことではない千載一遇の好機になるという前提がございます。

また、
二つ目の前提として、
私が主にカバーしているのは、
米国、中国及びこれから日本企業の売上の拡大時であるアジア・東中東圏で、
あまり欧州については詳しくないのも一因です。
(もっとも産業界におけるドイツの技術の方向性はウォッチしていますが、
金融政策におけるEU・ドイツの動向の詳細までは詳しくカバーしていません。
それは、起こってから動いても長期投資では十分対応可能ですし、
むしろ予想で動くことは悪ですらありますので、ほったらかしています)

その前提で、
あくまで個人的な見解です。

現在のドイツ銀行のCDSは世界の主要な銀行の中で、
唯一200台に載せており、
合理的な数字を客観視すれば、
ドイツ銀行の破たんがないと言い切るのはできない面は否めません。

個人的には
今年の2月、ブレグジット時の6月に
ドイツ銀行のCDSが250を超えて、
「このまま300を超えていけば、世界が大騒ぎするか」
注目した時もありました。

6月にはジョージソロスもドイツ銀行を空売りしていたようですし、
水面下での綱引きがあったようです。

いずれにしても、
ドイツ銀行のCDSが300を超えたら、要注意。
400を超えたら警戒。
500を超えたらリーマン同様になる可能性も
視野に入れてもいいかもしれません。

このくらいの大まかなレベルでの関心しかなく、
細かい話の把握には至っていないのですが、
個人的な見解を残しておきます。

ただ、もし水面下でのそのような話が現実になった時、
当事者の皆様には申し訳ないのですが、
正直に誠実にお答えするならば、
モヤモヤするどころか、
ワクワクすることしか考えられません。

きっと悲劇の渦中で目を閉じて、
数年後のバラ色を想像して寝る間を惜しんで猛進している自分が
目に浮かびます。

この想定は
われわれアジアの個人投資家にとっては、
こんな千載一遇の好機はなく、

「世界4位の銀行の破たん」

これを耳にすれば、
私のアクセルをトップギアに入れるシグナルになる事だけは
間違いないと思います。

ドイツ銀行のCDS、
たまにチェックしても損はしないかもしれません。


関連記事
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する