プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
成長企業アナリスト/投資家

 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
更新通知登録ボタン(要FC2ID)

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします(この機能に関するご質問等はこちら→FC2ブログお問い合わせフォーム

 
「10倍株で勝つ」関連資料
 
◎お問い合わせ先
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
   
リンク
 
RSSリンクの表示
 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
相場のリスクオン・オフや
景気サイクルでの位置づけなどを、
長期、中長期、短中期、短期の視点から
国内外の200以上の金利や株価水準や
経済指標等により分析した記事



原則として
週次更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新
もしくはそれに準ずるフォローを
想定しています


なおその場合には、
相場観に付随して
短期相場情勢の「相場概況」や
軽い一言やつぶやきフォローなど、
簡潔にお届けする記事も
並行していくことがあります


当ブログでは、
中期は~3年、中長期は~5(-7)年、
長期は~10年、超長期は~20年、
短中期は~3年、短期は~1年の設定。

これは企業の中期経営計画が
概ね3年後を指す標準的な設定であり、
それと歩調を共にする
至極当然の設定であります。

中長期投資で最も大事な
時間を味方につけるという観点と
不況で買って好況序盤で買い増し、
好況絶頂で売り始めるという
運用サイクルの面からも、
重要な設定だと考えております。

よって、
デイトレ趣向の方や、
超短期トレードでは重要な
買値からたった8%マイナスで損切等の
スタンスの方にとっては
当ブログが馴染めないコンテンツと推察し、
別の参考資料やコンテンツを
お探しになることをお勧めいたします。


☆注目銘柄リスト
中長期成長株を基本に選定した企業の
注目ポイントと独自の割安度指標を掲載。
(不定期ですが原則1カ月に1度は更新予定)


※相場の状況により注目銘柄の更新が
無い月もございますが、
その場合には翌月等に更新した際に、
更新の無かった該当月の購読権利で
その内容をお読みできるような
対応をさせて頂きます。
(具体的には翌月や翌々月の更新時に、該当月の最終日の日付で更新時の記事をアップさせて頂くことで補填をさせていただきます)


☆その他
・チャート解説
・リスクオン・オフの実況解説
・国際見本市や世界での視察のこぼれ話
など、

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話も
有料記事にてアップしていきます。


◎毎月の購読がお得です
単独記事をすべて別々に購読した場合は、
該当月でばらつきがありますが、
15,000~25,000円程度の価格ボリューム
となることが多く、

<月次購読の場合>
9,933円
とお得になっております。

なお、
通年での
継続読者特典・電撃企画(※)
なども近年行っております。

※どの特別企画も
単体記事を重ねて
購読頂けましたら、
後からでも閲覧自体は
「いつでも、どなたでも可能」
でありますが、
(月刊マガブロもしくは個別の月次該当記事を追ってすべて購入することで、不特定多数のすべての方が購入できる形式の特典であり、非公開・会員限定のようなものではありません)


ご継続いただいた方に
よりメリットが生じるような
企画も行っております。



<留意事項>
※当サイトは不特定多数の方への投資情報提供を目的するメディアであり、個別あるいは相対での投資助言に該当するようなメール等での投資判断に関する個別回答などは一切できませんので予めご了承下さい。また、販売する情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。その情報は利益をもたらすことを保証あるいは示唆するものではありません。株式投資は利益をもたらすこともあれば、逆に、大きな損失をもたらす可能性があります

※当マガブロ(電子雑誌・メディア)の販売はFC2社により行われており、FC2マガブロというブログ媒体で著名な公のサービスを利用して、どなたでも、随時の(継続もしくは単発記事による任意の)利用が可能です。なお、当マガブロは株価・経済・景気の分析手法を公開している著者書籍の袋とじのような延長線上の最新版として更新されており、その手法や内容の大筋などは当マガブロのサンプルという意味合いも兼ねて過去の書籍ですべての方がご参照いただけます
(参照:https://amzn.to/2zbIK6E)

※読者の個人情報や決済に関わるすべての情報はFC2社のみ保有しており、マガブロ発行者である当方は読者の一切の個人情報を保有しておりません。その他の参照:過去作成の有料購読詳細説明(http://obakekabu.net/blog-category-61.html)、FC2マガブロのお問い合わせ(https://form1ssl.fc2.com/form/?id=549552)、当ブログへのお問い合わせ(https://t-asaka.info/contact)


以上、
ご検討のほど
よろしくお願いいたします。

(2020年6月一部改訂・加筆)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

世界の潮流は一気にEVへ~日本が何でこれからご飯を食べていくのか、投資すべきはこれからの日本の希望になる会社~

ドイツ勢、EV路線へ急ハンドル パリ自動車ショー 
開催中のパリ国際自動車ショーは「電気自動車(EV)祭り」の様相を呈している。2年前までプラグインハイブリッド車(PHV)を当座の本命とみていたドイツ勢も、その姿勢を一変。独ダイムラーと独フォルクスワーゲン(VW)が派手に「カエル跳び」となる戦略を発表するなど、出遅れを取り戻すように一気にEVを前面に押し出してきた。

※引用:日経電子版2016年10月14日よりhttp://www.nikkei.com/article/DGXMZO08217110R11C16A0000000/


ということで、

予想通りの展開になってきました。


予想と言っても、

産業界の先端でリアルな人々との交流から持ってきた予想であって、

自社オフィスでばかり働いて予想を下すアナリストとは少し違いますから、

当たったというのとも違う気がする・・・

産業関係者のシナリオ通りといった方が正確だろう。


米国で活況を帯びていたEV開発、

中国の国策、

ここにドイツ勢が主軸をEVにしたことで、

勝負ありですね。


今、

私のヨーロッパの富裕層仲間は、

テスラで自動運転ドライブを楽しんでいることは先日お伝えした通りです。


これを黙ってみているドイツ勢ではない。

■テスラをライバル視するVW
 排ガス不正を受けて電動化シフトを鮮明にしたVWは、さらに踏み込んだ。
 パリの目玉はコンセプトEVの「I.D.」。1回の充電で600キロメートル走行できる。VWブランド乗用車部門を率いるヘルベルト・ディース氏はプレスデーのスピーチで「我々の将来は電動化、そしてフルコネクテッドにある」と述べ、「テスラ、アップルのような新しい競合をターゲットにしている」と明言した。公の場のスピーチで競合を名指しすること自体珍しいが、テスラなどシリコンバレー企業への対抗心をあらわにした。(同上)


東南アジアでは、

トヨタなどの日本勢が

EVの導入を阻止していると見られている向きもあり、

今回のモーターショー以降は

中国の政財官の切り崩しを相当くらうだろうな。


投資で重要なのは逆張りだが、

それと同じくらい強力な順張りには逆らわずに乗っかるというのも

重要だ。


EVというものが順張りトレンドになりつつあった時、

トヨタは決断を間違った。


株で言うと、

アベノミクスが始まったころに空売りしてるようなもんでしたよ。

あの燃料電池自動車は。


そして、

今後は順張りトレンドに順応した欧州勢との差が

世界の市場でじわじわと広がるかもしれない。


2014年10年目線で、

トヨタを買ってはいけない(かもしれない)分岐点だと申し上げたが、

そろそろそれが現実のものになろうとしている・・・


東南アジアやアフリカで、

マニュアル車からオートマ車に切り替えて喜んでいる消費者に

車を売って喜ぶのもいいが、

我が国No1の自動車メーカーが

最先端の先進国の顧客を狙わなくてどうする。


ある意味、

日本の国力低下と比例していく未来のようだが。


いずれにしても生き残るのは変化に柔軟な会社。

長期投資すべきは、

そういったところにしたいと改めて思う。


そのうえで、

東レのCMのように

「素材は社会を変える力がある」のキャッチではないが、


これからの日本が何で飯を食べていくのか、

そのけん引役になれる成長企業に資金を提供していくのが、

われわれ投資家の役目だろう。


今回のニュースを見て、

私はその想いを一段と強くした。



関連記事
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2016-10-14(22:38) [編集]
Re: ご無沙汰しております。
>Tさま

ご無沙汰しております。
また、ご出張おつかれさまです。

コメントを頂いたお礼に・・・
コメント内でTさまが挙げておられた会社が、
このブログで何度か出てきた友人のお母様のご実家(オーナー)です。

よって、私がアナリストとして投資家として友人と相当バトルになりました。
が、その友人もアメリカや中国でのリアルに接した後は、
すでに1年半ほど前からEV投資に舵を切っています。

そして、その電気がバイオ発電になるようわれわれは力を入れているんです。
いまのところそんな感じです。

おっしゃっておられたこと、ごもっともだと感じました。
私も勉強になるのでぜひぜひまた、コメントをお寄せください。

投資作家 朝香友博 | URL | 2016-10-15(22:49) [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2016-10-16(10:06) [編集]
Re: 再生可能エネルギー
Tさま

こんにちは。
詳細のご返信をありがとうございます。

ぜひ日本政府が力を入れているプロジェクトでありますので、
「水素」に関しましては、私も燃料電池自動車以外での発展を望みたいところです。

バイオテクノロジーに関しては、
ユーグレナなどのプロジェクトとも我々側ではリンクさせていきたいと考えており、
詳細がお話しできないのですが、環境とビジネスの観点から力を入れております。
サーバー需要もAI化が進めば進むほど大事になりますし、

ご指摘の「蓄電」関連に関しても、力を注いでおります。
ここ2年は最後の文章にございました分野が本丸になっておりますし、
かの会社が実家のお母様を持つ友人がその先頭に立ってビジネスを進めています。
やはり証人というのは、最後は冷静に世界の勢力図を見極めて「実利で動き」、
その中から改めて公益を考えるモノなのだなあと、
彼のファミリービジネスを見ていて感じます。

こんな濃い話はなかなか本文では書けないのですが、
コメント見る人なんてそうそういませんからね(笑)。

これから明らかに電力を貯めておく時代になると思いますので、
このテーマからも大化け株が出てくると思っております。

私は専門分野の人間ではないので、
いつも技術の進化と夢物語にびっくりしたり、感心したりしていますが、
Tさまを含めて研究者のみなさまは本当に凄いなあと思う次第です。

またぜひコメントお寄せ下さい!
投資作家 朝香友博 | URL | 2016-10-18(13:14) [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2016-10-21(18:44) [編集]
Re: 環境とビジネス
Tさま

こちらこそいつもコメントをお寄せくださり誠にありがとうございます。
また、気づくのが遅くなってしまい大変失礼いたしました。

環境に関しては、非常に難しい1面があるのも事実です。
というのは、心の底から環境を考えて研究活動をしておられる方もおられますが、
表向き環境重視の企業広告の企業の本音も
どうしても環境は2の次というか、儲かるなら・・・といった点がファーストな会社が多く、
なかなか難しいキーワードですね。

それはさておき、
そういった会社の方々も「論文」には目を通されておられるようですし、
社会の進化と発展のためにはどちらも重要な意義があると心得ます。

ですので、
T先生の日々の活動を陰ながら応援しております。
Tさまもどうぞご自愛くださいませ。

投資作家 朝香友博 | URL | 2016-10-25(09:39) [編集]