プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
成長企業アナリスト/投資家

 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
「10倍株で勝つ」の関連資料!
 
サイト内検索
 
◎お問い合わせ先
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
   
リンク
 
RSSリンクの表示
 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
相場のリスクオン・オフや
景気サイクルでの位置づけなどを、
長期、中長期、短中期、短期の視点から
国内外の200以上の金利や株価水準や
経済指標等により分析した記事



原則として
週次更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新
もしくはそれに準ずるフォローを
想定しています


なおその場合には、
相場観に付随して
短期相場情勢の「相場概況」や
軽い一言やつぶやきフォローなど、
簡潔にお届けする記事も
並行していくことがあります


当ブログでは、
中期は~3年、中長期は~5(-7)年、
長期は~10年、超長期は~20年、
短中期は~3年、短期は~1年の設定。

これは企業の中期経営計画が
概ね3年後を指す標準的な設定であり、
それと歩調を共にする
至極当然の設定であります。

中長期投資で最も大事な
時間を味方につけるという観点と
不況で買って好況序盤で買い増し、
好況絶頂で売り始めるという
運用サイクルの面からも、
重要な設定だと考えております。

よって、
デイトレ趣向の方や、
超短期トレードでは重要な
買値からたった8%マイナスで損切等の
スタンスの方にとっては
当ブログが馴染めないコンテンツと推察し、
別の参考資料やコンテンツを
お探しになることをお勧めいたします。


☆注目銘柄リスト
中長期成長株を基本に選定した企業の
注目ポイントと独自の割安度指標を掲載。
(不定期ですが原則1カ月に1度は更新予定)


※相場の状況により注目銘柄の更新が
無い月もございますが、
その場合には翌月等に更新した際に、
更新の無かった該当月の購読権利で
その内容をお読みできるような
対応をさせて頂きます。
(具体的には翌月や翌々月の更新時に、該当月の最終日の日付で更新時の記事をアップさせて頂くことで補填をさせていただきます)


☆その他
・チャート解説
・リスクオン・オフの実況解説
・国際見本市や世界での視察のこぼれ話
など、

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話も
有料記事にてアップしていきます。


◎毎月の購読がお得です
単独記事をすべて別々に購読した場合は、
該当月でばらつきがありますが、
15,000~25,000円程度の価格ボリューム
となることが多く、

<月次購読の場合>
9,933円
とお得になっております。

なお、
通年での
継続読者特典・電撃企画(※)
なども近年行っております。

※どの特別企画も
単体記事を重ねて
購読頂けましたら、
後からでも閲覧自体は
「いつでも、どなたでも可能」
でありますが、
(月刊マガブロもしくは個別の月次該当記事を追ってすべて購入することで、不特定多数のすべての方が購入できる形式の特典であり、非公開・会員限定のようなものではありません)


ご継続いただいた方に
よりメリットが生じるような
企画も行っております。



<留意事項>
※当サイトは不特定多数の方への投資情報提供を目的するメディアであり、個別あるいは相対での投資助言に該当するようなメール等での投資判断に関する個別回答などは一切できませんので予めご了承下さい。また、販売する情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。その情報は利益をもたらすことを保証あるいは示唆するものではありません。株式投資は利益をもたらすこともあれば、逆に、大きな損失をもたらす可能性があります

※当マガブロ(電子雑誌・メディア)の販売はFC2社により行われており、FC2マガブロというブログ媒体で著名な公のサービスを利用して、どなたでも、随時の(継続もしくは単発記事による任意の)利用が可能です。なお、当マガブロは株価・経済・景気の分析手法を公開している著者書籍の袋とじのような延長線上の最新版として更新されており、その手法や内容の大筋などは当マガブロのサンプルという意味合いも兼ねて過去の書籍ですべての方がご参照いただけます
(参照:https://amzn.to/2zbIK6E)

※読者の個人情報や決済に関わるすべての情報はFC2社のみ保有しており、マガブロ発行者である当方は読者の一切の個人情報を保有しておりません。その他の参照:過去作成の有料購読詳細説明(http://obakekabu.net/blog-category-61.html)、FC2マガブロのお問い合わせ(https://form1ssl.fc2.com/form/?id=549552)、当ブログへのお問い合わせ(https://t-asaka.info/contact)


以上、
ご検討のほど
よろしくお願いいたします。

(2020年6月一部改訂・加筆)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

【半年後の状態】銘柄リストの割安度順から選んだ「中長期チャート注目銘柄」10選~インデックス投資よりも、ぜひ自分目線でアクティブ投資を~


およそ半年前に、
普段リリースしている注目株割安度の割安な順にチャートを見ていき、
チャートの強い10選というものを作りました。

※該当記事より引用
2月末に更新した
約150注目銘柄の割安チェック表の
割安な順からチェックし、
チャートで注目銘柄10選をセレクトしました。
現在、
従来から注目してきた多くの銘柄が
上場来高値、近年来最高値、年初来高値となってきています。
そういう銘柄は割安度をチェックして、
継続保有して上値について行くだけでいいと思いますが、
このセレクトは急騰感の少ないものを中心にピックアップしました。

この期間の
日経平均・日経ジャスダック平均・マザーズの
パフォーマンスを総合した平均は
およそプラス5.88%でした。

日経平均201703-08 日経ジャスダック平均201703-08 マザーズ201703-08 

それに対して、
同期間の中長期チャート注目銘柄10選は、
およそプラス90.53%(1.9倍+α)で、

全体相場は本当に冴えませんでしたが、
10選への均一投資で、
ほぼ資産倍増の結果を生んでくれました。

チャート記事で
取り上げた銘柄は割安順に
こんな10銘柄でした。

201703-08 201703-08 2 201703-08 3 201703-08 4 20170308 5 
201703-08 6 201703-08 7 201703-08 8 201703-08 9 201703-08 10 
特に強いチャートの中では最も割安だった銘柄は、
その企業の強さに度々言及してきましたが、
最も急騰してくれ、

今のところ今年の東証1部で最も上昇した銘柄となり、
この10選より前の最初の注目時点から
テンバガーが射程圏内となってきました。

まずは自分目線で納得のいく企業を選び、
割高でないことを確認し、
チャートの勢いがあるものを買っていく。

今後も基本的には同スタンスで進んでまいります。

一方で
チャートの弱い銘柄に関しては、
その会社の経営者やビジネスモデルが魅力の場合は、
その銘柄が沈没しても心中覚悟で行ける時だけにするのが
賢明でしょう。

過去の23倍株、
アドウェイズなどが私の中ではその事例ですし、
AI時代を見据えて半導体の躍進をブログでも早々に謳う中で、
まだ注目点が早すぎ、
エルピーダは本当に紙くずになったのも痛い事例の1つ。

ですので、
まずは初心者の方はチャートの強いものを狙っていくことを
個人的にはおすすめしています。
(見方は過去の自著などご参照ください)

1日の雇用統計・ISM製造業景況感指数が良く、
米金利高・円安という流れが来れば、
次の10選を作ろうかなあと思います。

全体が暴落すれば、
良い企業も素晴らしい企業も何でもかんでも中長期的には投げ売られますので、
まずは森があって木があるという部分も大事に相場と対峙して参ります。

簡単な総括まで。

関連記事
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2017-09-01(00:47) [編集]
Re: ご無沙汰しております。
T様

それはすばらしいですね!
ただ、コメントを拝見した印象が非常にトレードよりでしたので、
(私は銘柄選択の間違いだったこと改める場合のロスカットを除いて、
それでは半値の大人買いできないので、長期投資というよりトレードですね。
長期投資家で半値で喜んで倍増買いしているバフェットやピーターリンチが
いい例です)

株式市場に慣れる(利確もロスカットも)というのは大事ですので、
それはそれ、

そして、
私の銘柄で言えば年末年始からのペッパーFSのような成長期待株は
仮に買って目先10%20%30%株価が落ち込んだからと
素早く損切りどころか、買い増しを長期成長株投資では行いところです。

自分目線は会社の成長性の部分で有効ですし、ホールドする原点になるので重要ですが、
チャートに自分目線はないと思っています。

大化け株加速ラインのチャート判定は友人のお子さんの小学生でも、
取材を受けた株雑誌のライターさんでも判断の変わらない客観基準です。

今日の記事でのチャートも
一目均衡表の雲の上での上方推移なども誰が見ても同じものなので、

もしトレードをなさるようでしたら、
チャートでは絶対客観ルールを確立させますことだけは
お薦めさせていただきます。

がんばってください!

Tさまも引き続きご自愛くださいませ。
久しぶりの書き込みを下さり、ありがとうございました。

追伸
そういえば、先日書き込みを下さる方に、
トレード用の口座と買ってほっておく長期投資用の口座自体を分けると、
頭がスッキリして、さらに戦略分散によるリスクヘッジにもなってきた
私の投資初期のお話をメールで返させて頂いたことがありました。

ご参照まで。

投資作家 朝香友博 | URL | 2017-09-02(12:36) [編集]