長期相場・判定ナビ(LMI)
ファンダメンタルズ(US株価利回り・金利・物価・原油・ISM製造・住宅・雇用指標)だけで算出する長期相場のブル・ベア測定器。投資を有利に勝ち抜くために、ナビをベースに細やかなテクニカル分析を加味していきます!
 
プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
成長企業アナリスト/投資家
(2倍・10倍・100倍・万倍株を研究)

 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
更新通知登録ボタン(要FC2ID)

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします(この機能に関するご質問等はこちら→FC2ブログお問い合わせフォーム

 
「10倍株で勝つ」関連資料
 
◎お問い合わせ先
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
   
リンク
 
RSSリンクの表示
 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
マガブロ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容(codoc版も以下に準じます)>


☆『相場観と市場動向』
相場のリスクオン・オフや
景気サイクルでの位置づけなどを、
長期、中長期、短中期、短期の視点から
国内外の200以上の金利や株価水準や
経済指標等により分析した記事。
LMIという独自のスコアでの分析も提示します。

原則として
週次更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新
もしくはそれに準ずるフォローを
想定しています


当マガジンでは、
短期は~1年、短中期は~3年
中期は3-5年、中長期は3-7年、
長期は7-15年、超長期は15-20年の設定。

これは企業の中期経営計画が
概ね3年後を指す標準的な設定であり、
それと歩調を共にする時間軸設定であります。

中長期投資で最も大事な
時間を味方につけるという観点と
不況・好況の上り坂で買って
好況絶頂で売り始めるという
運用サイクルの面からも、
重要な設定だと考えております。

よって、
デイトレ趣向の方や、
超短期トレードでは重要な
買値からたった8%マイナスで損切等の
スタンスの方にとっては
当マガジンが馴染めないコンテンツと推察し、
別の参考資料やコンテンツを
お探しになることをお勧めいたします。


☆注目株・割安度スコア
中長期成長株を基本に選定した企業の
注目ポイントと独自の割安度指標を掲載。
(不定期ですが原則1カ月に1度は更新予定)


※相場の状況により注目銘柄の更新が
無い月もございますが、
その場合には翌月等に更新した際に、
更新の無かった該当月の購読権利で
その内容をお読みできるような
対応をさせて頂きます。
(具体的には翌月や翌々月の更新時に、該当月の最終日の日付で更新時の記事をアップさせて頂くことで補填をさせていただきます)


☆その他
・チャート解説
・リスクオン・オフの実況解説
・国際見本市や世界での視察のこぼれ話
など、

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話も
不定期・有料記事にてアップすることがございます。


◎毎月の購読がお得です
単独記事をすべて別々に購読した場合は、
該当月でばらつきがありますが、
15,000~25,000円程度の価格ボリューム
となることが多く、

<月次購読の場合>
9,933円
とお得になっております。

なお、
通年での継続読者特典の企画(※)
も近年行っております。

※どの特別企画も
単体記事を重ねて
購読頂けましたら、
後からでも閲覧自体は
「いつでも、どなたでも可能」
でありますが、
(個別の月次該当記事を追ってすべて購入することで、不特定多数のすべての方が購入できる形式の特典であり、非公開・会員限定のようなものではありません)

ご継続いただいた方に
よりメリットが生じるような
企画も行っております。


<留意事項>
※当サイトは不特定多数の方への投資情報提供を目的するメディアです
※個別あるいは相対での投資助言に該当するような投資判断に関する個別回答などは一切できませんので予めご了承下さい
※また、販売する情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。その情報は利益をもたらすことを保証あるいは示唆するものではありません。株式投資は利益をもたらすこともあれば、逆に、大きな損失をもたらす可能性があります
※当マガジン(電子雑誌・メディア)はFC2/はてなブログも公式採用のcodocなどの著名な公のサービスを利用して、どなたでも、随時の(継続もしくは単発記事による任意の)利用が可能です。
※当マガブロは株価・経済・景気の分析手法を公開している著者書籍の袋とじのような延長線上の最新版として更新されており、その手法や内容の大筋などは当マガジンのサンプルという意味合いも兼ねて過去の書籍ですべての方がご参照いただけます
(参照:https://amzn.to/2zbIK6E)

※読者の個人情報や決済に関わるすべての情報はFC2社(codoc版はcodoc社)
のみ保有しており、マガジン発行者である当方・事務局は読者の個人情報を保有しておりません。
※過去分の閲覧は事務局の保証対象外です。コンテンツアップ先のFC2ブログに何らかの障害が発生した場合、過去の記事が読めなくなる可能性がございます(codoc版ではサブスクの継続を解除した場合、閲覧不可になります)。原則として重要な記事はご自身にて保存をお願い申し上げます。

※お問い合わせ
・FC2マガブロのお問い合わせ(https://form1ssl.fc2.com/form/?id=549552)
・当マガジンへのお問い合わせ:朝香事務局(https://t-asaka.info/contact)

以上、
ご検討のほど
よろしくお願いいたします。

(2020年6月一部改訂/2023年9月加筆)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

【今注目のエヌビディア株】リーマン以降から2023年8月11日までの割安度、一挙公開 ~GVスコア誕生記念~


こんばんは。
朝香です。

3か月前に改定した

実は仕上げ部分で課題に直面して、
割安度評価の最終形態に至っていなかったのですが、
ようやく完成に至りました。


そこで、
今夜はそれを記念して、
米国・日本株・世界主要相場の
温度感を測る重要な株の1つ、

注目の決算を控えた
エヌビディア(NVDA)株の

リーマン以降から直近8月11日、
日足・一目均衡表の雲で押し目までの
バリュエーション評価(GVスコア)推移を
公開したいと思います。


もちろん、
エヌビディアの決算以降、
アナリストのコンセンサスが修正された後、

全体相場の運命を左右する大事な銘柄の1つ、
同株バリュエーションを
相場観にアップする予定です。


では、
リーマン以降から今月8月11日までの
エヌビディア株・割安度推移を公開です!



<エヌビディア:新割安度(GVスコア0~100)・時価総額の推移表>
NVDA 格付けとGVスコアのみ
(格付けランクを初めて見た方には、記事の末尾に表の見方を補足をしていますが、バリュエーション表自体で、ざっくり感がわかる表記を入れたのも改良点です。なお、8月11日は一目均衡表の雲の上限に差し掛かっただけでなく、私的にはバリュエーション格付けもランクアップ、つまり「超短期的な値ごろ感」が出ていた事を補てんして一言添えておきたいと思います)



今後は、
シンプルに格付けランクとGVスコアの値でパット見て
大まかな銘柄バリュエーションをつかめるようになります。
(数年前のシンプルだったVGSレシオのように楽にチェックできるスコアです。追々、詳細補足は行います。今日はざっくりとエヌビディア株の推移と指標進歩の情報公開が目的です)


この3か月間、
毎日のように格闘し続け、
ごちゃごちゃと見にくく、
判断しにくい従来の表(後出)をついに改善でき、

苦闘の末に手に入れた
有益な株の減点・格付け法は残しつつ、

基本的に見るべき数字を
「たった1つ」の、
GVスコアにまとめました。
(GVは総合バリュエーションのGross Valuationの略字です)

上記の数字を見てみると、
無名・有名でない時代には
激安~割安な時期がありますが、

知名度がアップしてくると
定性判断が有望であると判断した場合には、
Cの割安圏~中立で押し目買いか打診買いをいれねば、
最後の成果に至らないことも学び取れます。

あとは、
書くまでもない事かもしれませんが

2021年11月にバリュエーション的には
墓場行きの最高水準の割高になった一方で、

2023年は
当時よりも時価総額は大きくても
業績・将来性が更に拡大して、
21年11月よりも割高感が薄れた点も
念のため言及しておきます。
(8/23 朝追記:PERやPBR同様に絶対値の計算はどの銘柄も変わりませんが、世界首位や独占率の高い企業のバリュエーションは当然高く出ることが多いので、Gランクの割高はそのような銘柄のためにあり、極論を言えば、市場から無くなっても多少の痛みしか生じない一般の株ではE-Fランク水準が超優良大型株のGランクの様な重みになるケースも多く、このことは過去に検証してきた事例からも多々見うけられる点を補足しておきます)


そして、
大まかな判断も
図表に入った表示(以下、拡大図)で
だいたいの感じが分かるようになっています。



格付けとGVスコアの判定図

(追々、詳細は行いましょう。今日はざっくりとエヌビディア株の推移と指標進歩の情報公開が目的です)


また、
このGVスコアが
どうやって算出されているかというと、

総合(中期)GVスコアの下地に、
こんなスコアが連なっています。



<GVスコアの各期間ごと・性質ごとの算出母体スコア>
GVスコアS M L LL表


成長性:売上や利益の伸び率
収益・効率性:利益率やROAなどの変化率とキャッシュフローの活用度
安全性:フリーキャッシュフロー、自己資本比率、資産と負債のバランス
大化け性:多種指標で各割高性を「格付けスコア」として査定
(減点集計し、その大小で大化け余力・割安/割高を判定)

背景の数字が上記となり、
期間別や機能別に割り出すことで、
総合値で見えなかった
「割安度のヒートマップ」が
瞬時に把握できるようになります。

なお、
エヌビディア株の推移は、
あまりヒートマップ感が出ておらず・・・、
(強いて言えば、同じCランクでも、マイナス点が4以上のCには後方のCということで、中立のグレーをつけており、短期チャートの過熱などで総合的に勘案して一時的な打診売り・つなぎ売りの補助サインにもなれば・・・等の工夫を施してあります)


これまで考察したアップルなどでは、
総合値が同じでも短期寄りの過熱か、
中長期も巻き込んでの割安喪失かで、
その後の判断が変わる事例や、
上記のスコアの見方を
随時補足していきますが、

今日のところは、
GVスコアがこのような数値から
まとめられていることを
シェア出来ればと思います。


さらに、
各種GVスコアが
どこから来ているかと言えば、


ここ数か月使ってきた
以下の指標群から導き出しています。


<従来のバリュエーション表でのエヌビディア株の評価>
エヌビディア株 従来図表でのバリュエーション推移
(見方は下記の末尾に補足掲載↓)

今後はこのごちゃごちゃした図表は
裏方でせっせと集計され、

公表は上記の100点満点(50点が中間点)で
分かりやすくなったGVスコアと格付け表を
アップする方針です。

なお上記のように、
エヌビディア株でも
10倍・100倍株の出発点をつかむのに、
上記の査定は有益で

従来の詳細項目別のバリュエーション査定は、
すべてGVスコアと格付けランクで
活かされております。
(上記の従来査定表では、他の事例も増やして査定していく中で、総合BAGレシオの中立数値を3.1から4.1に、許容レンジを8未満に、同じくV-GARP・G-GARPの許容レンジ(緑)を各々8と10未満に引き上げたのが先月比較での大きな変更点です。あとは、中大型株の査定の無かった時価総額区分を一から見直し、すべての時価総額の銘柄の減点上限が平等に25点になるように改善されています)

そして、
多種&バラバラのスコアで出てくる従来の指標を
たった1つのGVスコアにまとめるのに
丸々3か月もシミュレーション時間を要しましたが、

50を中間点に、
0~100のレンジで容易に割安/割高感を
従来よりも把握しやすくなったことと思います。


さあ、
これでエヌビディア株の決算、
その後の業績見通し変化への準備は整い、
コンセンサスの数値変化が待ち遠しくなりました。

と同時に、
以下のように
GVスコアの推移を鑑みて、

ポジティブなスコアの改善で
割高感が緩和されるか、

ネガティブな株価調整で
同じく割高感が緩和するかに
注目しています。



<エヌビディア株のGVスコア・推移グラフ>
エヌビディア GVスコアと時価総額の推移グラフ


大事なことなので、
重複して言及しますが、

今度の決算が良くて、
業績見通しが先般のコンセンサスから超上ブレて
割安度が改善されて直近の押し目スコアまでGVスコアが上昇するか、

はたまた、
今度の決算の事前期待が高くなりすぎて失望を招き
コンセンサスに変化なくもがっかり急落で
一気に押し目ゾーンのスコアを回復するか、

あるいは動きが無くて現状の割高なままで
危ないスコアのはりぼて株を続けるのか、
その着地に注目しているわけです。


今月は月初に
アップル株の割安スコア(従来型)を
相場観でシェアしていますが、

LMIスコアのように各種金利と経済指標のマクロと、
代表株のファンダメンタル割高/割安感のミクロと、
両面からアプローチすることで

全体相場の割高/割安のざっくり感は、
精密には無理でも
長期的には捉えることができると
考えています。


尊敬してやまないバフェット氏も
正確に相場の先行きを展望できないと述べているものの
金利と個別株(リーズナブルな価値・価格比較)査定で、
相場の基調を捉えることは有名ですね。
(現に彼らはこの4~6月、新規の銘柄を仕込みつつ、累計では株を1.1兆円売り越し、短期債を含む現金同等物が21年9月以来に詰みあがっています。現在は割高水準のテック株もまだ多いので、業績見通しがしっかり引きあがっていくのか注視・査定が必要そうな市況です)


では、
この単純明快なGVスコアの大砲を抱えて、
エヌビディアの決算を待ち構えたいと思います。


以上、
【今注目のエヌビディア株】
リーマン以降から2023年8月11日までの割安度、一挙公開
~GVスコア誕生記念~
でした。



<末尾補足資料・リンク先>

※格付けランク判定表(改訂2版)
格付けランク判定表



※従来の減点判定表の基準と補足
従来指標の減点判定表

従来指標の減点判定表の補足


※5月記事:割安度スコア事例の参照記事


関連記事