長期相場・判定ナビ(LMI)
ファンダメンタルズ(US株価利回り・金利・物価・原油・ISM製造・住宅・雇用指標)だけで算出する長期相場のブル・ベア測定器。投資を有利に勝ち抜くために、ナビをベースに細やかなテクニカル分析を加味していきます!
 
プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
成長企業アナリスト/投資家
成長投資カブ学園ブログ準備中
(2倍・10倍・100倍・万倍株を研究)

 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
更新通知登録ボタン(要FC2ID)

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします(この機能に関するご質問等はこちら→FC2ブログお問い合わせフォーム

 
「10倍株で勝つ」関連資料
 
◎お問い合わせ先
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
   
リンク
 
RSSリンクの表示
 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
マガブロ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容(codoc版も以下に準じます)>


☆『相場観と市場動向』
相場のリスクオン・オフや
景気サイクルでの位置づけなどを、
長期、中長期、短中期、短期の視点から
国内外の200以上の金利や株価水準や
経済指標等により分析した記事。
LMIという独自のスコアでの分析も提示します。

原則として
週次更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新
もしくはそれに準ずるフォローを
想定しています


当マガジンでは、
短期は~1年、短中期は~3年
中期は3-5年、中長期は3-7年、
長期は7-15年、超長期は15-20年の設定。

これは企業の中期経営計画が
概ね3年後を指す標準的な設定であり、
それと歩調を共にする時間軸設定であります。

中長期投資で最も大事な
時間を味方につけるという観点と
不況・好況の上り坂で買って
好況絶頂で売り始めるという
運用サイクルの面からも、
重要な設定だと考えております。

よって、
デイトレ趣向の方や、
超短期トレードでは重要な
買値からたった8%マイナスで損切等の
スタンスの方にとっては
当マガジンが馴染めないコンテンツと推察し、
別の参考資料やコンテンツを
お探しになることをお勧めいたします。


☆注目株・割安度スコア
中長期成長株を基本に選定した企業の
注目ポイントと独自の割安度指標を掲載。
(不定期ですが原則1カ月に1度は更新予定)


※相場の状況により注目銘柄の更新が
無い月もございますが、
その場合には翌月等に更新した際に、
更新の無かった該当月の購読権利で
その内容をお読みできるような
対応をさせて頂きます。
(具体的には翌月や翌々月の更新時に、該当月の最終日の日付で更新時の記事をアップさせて頂くことで補填をさせていただきます)


☆その他
・チャート解説
・リスクオン・オフの実況解説
・国際見本市や世界での視察のこぼれ話
など、

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話も
不定期・有料記事にてアップすることがございます。


◎毎月の購読がお得です
単独記事をすべて別々に購読した場合は、
該当月でばらつきがありますが、
15,000~25,000円程度の価格ボリューム
となることが多く、

<月次購読の場合>
9,933円
とお得になっております。

なお、
通年での継続読者特典の企画(※)
も近年行っております。

※どの特別企画も
単体記事を重ねて
購読頂けましたら、
後からでも閲覧自体は
「いつでも、どなたでも可能」
でありますが、
(個別の月次該当記事を追ってすべて購入することで、不特定多数のすべての方が購入できる形式の特典であり、非公開・会員限定のようなものではありません)

ご継続いただいた方に
よりメリットが生じるような
企画も行っております。


<留意事項>
※当サイトは不特定多数の方への投資情報提供を目的するメディアです
※個別あるいは相対での投資助言に該当するような投資判断に関する個別回答などは一切できませんので予めご了承下さい
※また、販売する情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。その情報は利益をもたらすことを保証あるいは示唆するものではありません。株式投資は利益をもたらすこともあれば、逆に、大きな損失をもたらす可能性があります
※当マガジン(電子雑誌・メディア)はFC2/はてなブログも公式採用のcodocなどの著名な公のサービスを利用して、どなたでも、随時の(継続もしくは単発記事による任意の)利用が可能です。
※当マガブロは株価・経済・景気の分析手法を公開している著者書籍の袋とじのような延長線上の最新版として更新されており、その手法や内容の大筋などは当マガジンのサンプルという意味合いも兼ねて過去の書籍ですべての方がご参照いただけます
(参照:https://amzn.to/2zbIK6E)

※読者の個人情報や決済に関わるすべての情報はFC2社(codoc版はcodoc社)
のみ保有しており、マガジン発行者である当方・事務局は読者の個人情報を保有しておりません。
※過去分の閲覧は事務局の保証対象外です。コンテンツアップ先のFC2ブログに何らかの障害が発生した場合、過去の記事が読めなくなる可能性がございます(codoc版ではサブスクの継続を解除した場合、閲覧不可になります)。原則として重要な記事はご自身にて保存をお願い申し上げます。

※お問い合わせ
・FC2マガブロのお問い合わせ(https://form1ssl.fc2.com/form/?id=549552)
・当マガジンへのお問い合わせ:朝香事務局(https://t-asaka.info/contact)

以上、
ご検討のほど
よろしくお願いいたします。

(2020年6月一部改訂/2023年9月加筆)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

【三菱UFJ-FG(8306)割安度ランクとスコア】今日の高値は2018年1月高値と同水準バリュエーションだったご報告と記録


MUFG 長期チャート1-11


いよいよ長期的な節目
(赤の横線参照)まで登ってきた
メガ銀行株筆頭の8306三菱UFJ-FG
(以下、MUFG)。


本来は下記の割安度スコアを
週末のコンテンツにしようと
用意していたものですが、

先に現実が到来したので、
一部をシェアします。



<8306 割安格付けランクとGVスコア(以下のNo.①~⑪と上記のチャートと連動)>

MUFG バリュエーション評価の推移2005-20230915


本日のMUFGの株価は
ブルームバーグの日銀記事で
1338円から売りに押されたとされていますが、
果たしてそれだけだったと思われますか?

私は短期的なバリュエーション評価の
過熱感への接近もあったと思います。


結論を申し上げますと、
同社の本日高値のバリュエーションは
2018年の高値(⑨)とほぼ同じ格付け・
同スコアのGVスコアになったのが
1329~1336円で、


ここから先は過去と比して割高圏だな、
そう観ていたレンジから売られたことを
ここに残しておきたいと思います。


また、
上記は同社株の株価上値レンジ目途を把握しておこうと
シミュレーションしたものですが、

2018年のマイナス金利の環境と違って、
金利の正常化に向けて動いている
環境を前提にとらまえて、

2006年の高値時の
割安度を算出したところ、
Dランクも過去にはあったようです。


なお、
図表の2つ補足として、

<1>
②→④は株価はそれなりに上昇しているにも関わらず、
GVスコアに大きな変動がないのは、
当時の会社四季報予想数値の上振れがあって
バリュエーション評価の許容度がアップしていた点

<2>
⑥→⑦は株価が大陰線で急落したにも関わらず、
大きくバリュエーション評価がEまで悪化しているのは、
通期決算後のファンダメンタルズの悪化が要因です。

割安度の改善による下り坂なら、
「巨人の星」(古い例えで恐縮です)を歌いながら
耐え忍び買い増すのに合理性がありますが、

割安度の急変悪化を伴う株価の急落は
よっぽどの買い支えたい「何か」がない限りは、
利確・ロスカットで撤退がセオリーです。

せっかくなので、
これも割安度の理解を深めるために
付け添えておきます。


今後は、
2018年1月並みのバリュエーション評価で
株価が止まるのか、

あるいは
金利正常化に伴って
2006年時のバリュエーションまで上値を伸ばすかは
未来のみぞ知るでありますが、
(個人的には金融株の分析はまだ日が浅いので感想レベルですが、PBR1倍割れ解消ETFの設定や金利正常化で追い風はあると思っていますが・・・)

このような
目途を把握することは、
大きなアドバンテージとなります。

元来、
従来の私のバリュエーション評価では、
金融株の査定は難しかったので
これまでは投資先として避けてきましたが、
(2003年りそな銀の破たん時に同セクターに投じたのは別です)

過去のテストも良好で、
新興も優良もグロースもバリューも
全方位に投資の支えとして機能しそうな点は頼もしく、
今後も深掘りして極めていきたいと思います。


ひとまず本日は、
高値目途設定の第一弾が
うまく機能していた点のご報告と、

ブラインドした部分の
2006年高値と同じ割高度になる
株価については、

相場観と市場動向」の次回以降の更新時に
シェアしたいと思います。


以上、
【三菱UFJ-FG(8306)割安度ランクとスコア】
今日の高値は2018年1月高値と同水準だったご報告と記録まで。


関連記事