長期相場・判定ナビ(LMI)
ファンダメンタルズ(US株価利回り・金利・物価・原油・ISM製造・住宅・雇用指標)だけで算出する長期相場のブル・ベア測定器。投資を有利に勝ち抜くために、ナビをベースに細やかなテクニカル分析を加味していきます!
 
プロフィール

朝香友博

Author:朝香友博
10倍株・100倍株サイクル投資家/
成長企業アナリスト
(万倍株を研究中)

 
大化け注目株リスト
 
大化け株の発掘!
 
更新通知登録ボタン(要FC2ID)

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします(この機能に関するご質問等はこちら→FC2ブログお問い合わせフォーム

 
「10倍株で勝つ」関連資料
 
◎お問い合わせ先
 
スポンサード リンク
 
カテゴリ
ZEB (1)
   
リンク
 
RSSリンクの表示
 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
マガブロ

月刊ブロマガ価格:¥ 9933

紹介文:<内容>

☆『相場観とポジション』
相場のリスクオン・オフや
景気サイクルでの位置づけなどを、
長期、中長期、短中期、短期の視点から
国内外の200以上の金利や株価水準や
経済指標等により分析した記事



原則として
週次更新ですが、
相場の変動が激しい場合には、
短期デイリーベースで
相場観とポジションの更新
もしくはそれに準ずるフォローを
想定しています


なおその場合には、
相場観に付随して
短期相場情勢の「相場概況」や
軽い一言やつぶやきフォローなど、
簡潔にお届けする記事も
並行していくことがあります


当ブログでは、
中期は~3年、中長期は~5(-7)年、
長期は~10年、超長期は~20年、
短中期は~3年、短期は~1年の設定。

これは企業の中期経営計画が
概ね3年後を指す標準的な設定であり、
それと歩調を共にする
至極当然の設定であります。

中長期投資で最も大事な
時間を味方につけるという観点と
不況で買って好況序盤で買い増し、
好況絶頂で売り始めるという
運用サイクルの面からも、
重要な設定だと考えております。

よって、
デイトレ趣向の方や、
超短期トレードでは重要な
買値からたった8%マイナスで損切等の
スタンスの方にとっては
当ブログが馴染めないコンテンツと推察し、
別の参考資料やコンテンツを
お探しになることをお勧めいたします。


☆注目銘柄リスト
中長期成長株を基本に選定した企業の
注目ポイントと独自の割安度指標を掲載。
(不定期ですが原則1カ月に1度は更新予定)


※相場の状況により注目銘柄の更新が
無い月もございますが、
その場合には翌月等に更新した際に、
更新の無かった該当月の購読権利で
その内容をお読みできるような
対応をさせて頂きます。
(具体的には翌月や翌々月の更新時に、該当月の最終日の日付で更新時の記事をアップさせて頂くことで補填をさせていただきます)


☆その他
・チャート解説
・リスクオン・オフの実況解説
・国際見本市や世界での視察のこぼれ話
など、

なかなか無料記事では
全面的に公開して書けない話も
有料記事にてアップしていきます。


◎毎月の購読がお得です
単独記事をすべて別々に購読した場合は、
該当月でばらつきがありますが、
15,000~25,000円程度の価格ボリューム
となることが多く、

<月次購読の場合>
9,933円
とお得になっております。

なお、
通年での
継続読者特典・電撃企画(※)
なども近年行っております。

※どの特別企画も
単体記事を重ねて
購読頂けましたら、
後からでも閲覧自体は
「いつでも、どなたでも可能」
でありますが、
(月刊マガブロもしくは個別の月次該当記事を追ってすべて購入することで、不特定多数のすべての方が購入できる形式の特典であり、非公開・会員限定のようなものではありません)


ご継続いただいた方に
よりメリットが生じるような
企画も行っております。



<留意事項>
※当サイトは不特定多数の方への投資情報提供を目的するメディアであり、個別あるいは相対での投資助言に該当するようなメール等での投資判断に関する個別回答などは一切できませんので予めご了承下さい。また、販売する情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。その情報は利益をもたらすことを保証あるいは示唆するものではありません。株式投資は利益をもたらすこともあれば、逆に、大きな損失をもたらす可能性があります

※当マガブロ(電子雑誌・メディア)の販売はFC2社により行われており、FC2マガブロというブログ媒体で著名な公のサービスを利用して、どなたでも、随時の(継続もしくは単発記事による任意の)利用が可能です。なお、当マガブロは株価・経済・景気の分析手法を公開している著者書籍の袋とじのような延長線上の最新版として更新されており、その手法や内容の大筋などは当マガブロのサンプルという意味合いも兼ねて過去の書籍ですべての方がご参照いただけます
(参照:https://amzn.to/2zbIK6E)

※読者の個人情報や決済に関わるすべての情報はFC2社のみ保有しており、マガブロ発行者である当方は読者の一切の個人情報を保有しておりません。その他の参照:過去作成の有料購読詳細説明(http://obakekabu.net/blog-category-61.html)、FC2マガブロのお問い合わせ(https://form1ssl.fc2.com/form/?id=549552)、当ブログへのお問い合わせ(https://t-asaka.info/contact)


以上、
ご検討のほど
よろしくお願いいたします。

(2020年6月一部改訂・加筆)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

【LMI】長期相場・判定ナビ最新版(22年11月号 11月速報値②)+8-10月分履歴つき



当記事は
「月次LMI」の単体記事です。
(単純な数値データ・最新チャート・簡易コメントのみ収録)

日々の相場観や注目株割安度更新コンテンツや、
臨時の企画コンテンツなどを含めて
該当月のすべてのコンテンツ
(年間特典を除く)をお読みになる方は
月刊マガブロをご選択ください。
(単体のみをお読みになる方は月刊がお得なプライシングになること、選択ミスによる変更はできないことを予めご了承ください。なお、先に単体記事、その下に月刊マガブロの選択が表示されます)


どうぞよろしくお願い致します。


Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

【お詫び】貴重なご意見に御礼申し上げます


本日のご連絡に関しまして、
読者の方から貴重なご意見を賜りました。

同じお気持ちの読者の方もおられると考え、
表立って書けないフォローの部分もございますため、
該当する月のすべてに追記をさせていただきました。

お手数ではございますが、
お手すきの際にお読みくださいますと幸いです。

11月

10月

9月

足りない点は改めて参りますので、
良い時も悪い時も何かお気づきの際には
お気軽にお申し付けください。

K様の貴重なご意見と
みなさまの最後の寛容的なご協力に、
重ね重ね御礼申し上げます。

どうぞよろしくお願いいたします。
朝香


関連記事

【業務連絡】先週ほぼ横ばいだったLMIの最新値を計算中/更新の予定・変更などに関して



①相場観とポジション
最新LMIの計算が終了次第、それと共に更新します

※11月21日(月)中に更新
※ちなみに、先週日曜日13日時点でのLMIは、ほぼ横ばいで株価を注視してきました
(この点、先週初にシェア出来ておらず、新刊関連で追い込みもあり失礼しました)
※結果として、日米株の全体市況は共に横ばい基調
※仮に20日時点でのLMI計算終了結果が再び横ばいでも、注目すべき変化もあり、次は更新してシェアします
(13日時点の計算スコアのLMIがその前の計算とほぼ同じスコアでも、内訳に何点か変化が出てきているということ。例えば、先週13日時点で米国金利は「逆イールド・マシンガン」的な景気サイクルの節目サインとなる予兆がまた1つ点灯中)
※結局、金利の敏感期はどちらにも株相場が走り出す警戒で、日々の材料やニュースで上にも下にも動いた結果のヨコヨコ
※今週は相場の潮目が動けばいいのですが・・・

ということも踏まえて、
仮にLMI最新値が再び横ばっても
明日は更新します。


②銘柄コーナーに関して
※9-11月分の定例割安度更新:11月20日本日分の更新を以下の理由から23日正午とします
┣これは先ほどまで悩みましたが、どうしても数社分の21~22日の終値を超えて更新することにしました
┣なお、該当数社に関しては、それがなぜそうだったのかを23日に開示して更新しますのでご了承ください
┣全体市況は注視中ですが、割安有望株の短期決算失望・長期成長期待のギャップバーゲンは超スロー維持でわずかですがありがたく拾いました

※11月23日の合併号月のマガブロを対象とした付録企画は23日夜に予定通り実施
※11月27日の年間企画は下記③の変更に加えて、前回の利上げ後半~終盤(2018年12月中下旬)のような調整があるやもしれませんので、12月15日(日本時間早朝)のFOMC通過後の週末12月18日まで企画実施の「のりしろ」を作ります


③12月予定の新刊内容がボリュームアップ!
ただ、追記原稿・再編成のため発売が12月上旬→12月下旬に変更

※従来は序章+4章構成だった内容が序章+6章になりました
(ページ数も30ページ以上増えました)
※そのため、発売日が12月20~24日あたりに延びています
(従来の3章が少し難しかったため、新しく初心者向けの3章を新設した上で、旧3章を4章と5章に2分割して再編し、初心者でも上級者でも保存版となるべき10倍・100倍株投資理論本に仕上がっています)
※出版社さんのアマゾンなど販売ページが整っていないようなので、正式な告知は改めさせていただきます
(すでに何名かの方からありがたいご質問を頂戴いたしましたが、たしかに現状のままなら、本屋さんで見てみて買ってくださいとしかいえない、中身がわからない状態になっております。おそらく私の再編集したリクエスト編集が続き、まだアマゾン等まで準備が整っていない為、もうしばしのお時間を頂戴できれば幸いです)

以上、
少し更新の間が空いてしまいましたが、
業務連絡まで。



最後に念のため。

先週の相場は
水面下では神経戦の駆け引きが続いており、
移動の車内でもベットサイドでも
米国金利を観続けるくらい、
大きな相場つきの変化を見逃さないよう注視しており、

仮に節目に見ているサインなどが出た時には、
必ず突発的でも何でも即座にシェアしますので、
その点は改めて言及させていただきます。
(すでに言及している米国株の週足は節目で止まって中立で、節目サインの予兆ともいえる金利の総合的な動きがありますので、どちらかに振れるまではボックス相場?、どちらかに触れると数か月の超短期~短期トレンド発生につながる前の静かな水面下の攻防という感じですね)

それにしても、
米利上げの後半/終盤~停止
(or最初か2度目の利下げ)までが、

相場の中で
最もセンシティブかつディフィカルト。
(逆にそれまでをしっかり乗り切れば、そっから先は長期投資家の活躍すべき新しいサイクルの時間です。20年2-3月/あるいは19年秋から20年春までのすべての坂を傷つけまくって拾ったように)

マガブロの読者の方は
同じことを何度も書いているので
問題ないと思いますが、

たまにブログに
足を運んでくださる読者の方は、

それを念頭に
これからの相場と
しばし向き合っていくのが
賢明でしょう。

では、
今週も素敵な1週間となりますように!


関連記事

【更新】インフレは超クール、株価は超ホットな一日になりました


米CPIはサプライズでした。
待ってよかったですね。

相場観更新のお知らせまで。


関連記事

【更新】今朝にかけて米国株のモメンタム向上など


超短期的には、
ひとまず相場のムードが
良くなっていっています。

2つの週足チャートを加えました。

更新のお知らせまで。


関連記事

【更新】米国株価の日足、雇用統計、07年相場の金利・住宅市況などに触れつつ相場観を更新


金曜日の米国株は乱高下が激しかったですが、
これはこれで合理的な動きでしたので、
それを合理的に分解。

なお、
LMIの速報値算出も終わりましたが、
予想通り複雑な結果で、
(結果の着地感は相場観に先に記載)

もう少し数字の動いた背景分析を続け、
終了後に追ってこちらはLMI速報値をアップします。

相場観更新のお知らせまで。


関連記事

【業務連絡・更新スケジュール等】米雇用統計後の相場は荒れましたね


こんにちは。
朝香です。

米雇用統計後の相場、
荒れましたね。

金曜日のお昼ごろに
追記で指摘した展開に、
アップルの株価が形成されていく過程で、
動きましたので、

明朝&明日のお昼ごろまでに
相場観&LMI最新値(雇用統計反映の最新版)を
更新する予定です。

いずれにしても、
アップルの株価動向に象徴されるような、
中期的に面倒なパターンにならないといいなあと、
もう数日の株価注視になりそうです。

以下、
業務連絡・今後の更新スケジュール
(修正含む)です。

◎米雇用統計を踏まえた最新版LMI・相場観の更新
=11月7日明朝~お昼ごろまでに更新
(ただいま雇用統計の数値等をデータに反映中です)

◎注目株リストの最新割安度更新
=11月20日19時ごろまでに更新に変更
(読者の方の「14日~18日の企業決算を反映された直後の方がありがたい」というリクエスト・ご意見に賛同させていただき、更新を20日19時とし、9~11月号との合併号と致します。ただ、その分の埋め合わせとして、1~2つの特典を以下にてご用意しました)

◎2・3月号、4・5月号、9~11月号の割安度更新が
合併号となった「簡易的なフォロー特典」
=11月23日19時ごろを目途に追記
(先日、9月号でのお約束のフォロー追記をしたのですが、こちらはずっとスルーになっており、大変失礼いたしました。これは予定していた内容が安倍元総理の悲劇とその後の推移・問題勃発で、お話しできない内容になってしまいました(国策に絡んだ企業に纏わるエピソードを入れる予定だったため)。そこで、リーマンショックの時やコロナショックの時に私が活用した簡易的なチャート活用術(3つのテンバガーに纏わる判定法)をフォロー企画としてお届けします。つい最近まで、私がお話ししたかった関連で政治が揉めていましたので、これ自体は揉めている最中に話題に触れることすら微妙でしたから仕方ない部分がありますが、フォローができていなかった点や、3~4月はコロナで人生2度目の重症化してダウンしたこともあってご迷惑をおかけした点など、重ね重ねお詫び申し上げます

◎おまけ的な年間特典企画
11月27日19時~12月18日(日)に更新

・基本的には2021年分の年間特典企画(2021年の各パスコード)です
・ただ、2022年は前述のような割安度更新の合併号が多かったため、
22年1月~11月号の通期読者の方でも特別に読める形とさせていただきます。
2022年の1~8月のパスコード。9~11月は次回の割安度更新後に追記します。今年は下り坂相場で難儀でつまらなかったのにお付き合いいただいた感謝も込めて!の特別対応でもあります。なお、2022年分はこれとは別に改めて実施します)
・詳細は決まり次第、実施の3日前までに改めて告知致します
12月予定している新刊とは99%被りません=未掲載のもの。念のため)


以上、
よろしくお願いいたします。

朝香





関連記事

【更新通知】10月株高懐疑=賢明な結果に。そして今夜の動き次第では・・・


相場がメイン想定線に納まり始め、
今朝はルンルンです。

短期的には
色々あるかもしれませんが、
中長期的には
着実にステージが進行しています。

相場観も更新しました。
お知らせまで。



関連記事

【メイン想定線の軌道に沿って世界の株価は進行中♪】VERY PREMATURE TO THINK ABOUT PAUSING


もうFOMCの結果に関しては、
報道もたくさん出ているので、
オープンでシェアしていきましょう。

・議長発言要旨

・市場の反応


・12月の利上げ幅縮小も示唆

・ピーク金利はより高めに
(↑仮にこれがわかっていなかったエコノミストやアナリストがいたら、単純に半世紀分のデータ数字を見直しましょう。過去法則では100%発生の事前データが揃っていました)


11月3日AM3時のFOMC声明文も
3時半からのパウエル議長の会見も、
当方的には何のサプライズもなく、

今の1回で3回分利上げを行う超速利上げがいずれ減速するのは、
ある時点でそうだとこれまで過去のパウエル議長会見で
示唆されていたものだし、
(声明文に累積の時間差効果を見定める文言が入ったことは進展)

足元の雇用・賃金を中心にまだ堅調な米経済指標、
来週の中間選挙を控えて
足元のガソリン価格の不満で民主党苦戦が伝えられる中、
手綱を緩めることを言うはずもないと
事前に想定したタカ派議長の姿勢で、
個人的には100%しっくりきたFOMCでした。

議長の、
「VERY PREMATURE TO THINK ABOUT PAUSING!」
「=利上げの一時停止を考えるのは非常に時期尚早だ、(利上げ停止なんてまだ考えられる訳がないだろう!)」
はマーケットの雰囲気を一変させるには、
十分な一言でした。
(昨日のWBSの山川コメンテーターからも、私の事前の想定のような中間選挙・政治に配慮した推測が語られていましたね。緩和競争時代を経て、今や現代金融において完全な中央銀行の独立など成しえていませんし、共和党員でもある議長が仮にハト的な発言でもして緩和期待から金利が下がり原油が上がり、選挙中のガソリン価格が上がったら立場も難しいものがあったことでしょう。政権の監視役みたいな副議長や新理事も数人増えていますしね。さらに、仮に上院下院で共和党が圧勝すると選挙公約に減税の引き上げまで掲げていますから、英国の二の舞になる懸念が台頭する前に中央銀行のボスとして釘を刺しておいたとしたら、民主党政権の目先の希望も活かして、共和党が圧勝してそんな懸念が出る前のタカ牽制という素晴らしい仕事を実はされたのかもしれませんよ。いずれにしても、変動は中間選挙終わった後から注目です。今度は失業率が上がり始めたら、一部の民主上院議員の言っている『金利引き締め過ぎ』の声が大統領選も意識して、いきなり声高になり、そこに議席を増やした共和党の減税も乗れば、またいつか来た道のリスクオン!?。で、私が議長なら、そうなる前にしっかり株価を冷やしておき=資産効果で景況感の引き上げにつながらないようにし(そうでないと異次元利上げの効果が薄まっては困りますから)=今月の株価くらいは下げてくれ、そう考えますね。表の立場に立つと思っている事の4分の1も言えたらいいほうですから、そんなことは言いませんが、米国の同志と行間を読むのは楽しいものです。もちろん、正しいかなんてわかりませんから、あしからず)



ここ2日間は
年初からずっと想定軌道に据えている線に回帰し、
米国株価も進行中。
(ハト見せ声明文とタカ徹底会見で金融政策ウォッチャー的にはバランスの取れたものだったと思われます)

少しですが、
売り増しておいてよかったですね。



関連記事

【更新通知】急騰?急落?今後の相場軌道線のシーソーゲームが続いています


昨日も長期金利低下はありましたが、
結局は経済指標でだましの動きとなりました。

相場観で書いた方の注目指標を見ていれば、
長期金利ほど連動しなかったことから、
これにはつられなかったと思います。

こんな感じで、
もし更新を続ければ、
神経質な内容になるため、

更新せずに放置
=朝香が納得するほどの市場サインがないんだな、
とわかっていいと思いますが、
FOMC前なので、
連続して更新しています。

そして、
着目した指標の上昇を含め、
市場の思惑錯綜と乱高下が
引き続き続いています。


こういう時は
旗色がはっきりするまで、
モニタリングがいいと思います。

さらには、
10月末の相場観で、

仮に10月に
欧州発の金融不安暴落があったら、
どこで私が逆張り打診の矢を放とうとしていたか、

待ち構えていた
明確な大きな手の内のひとつを
公開しましたが、

その見方は、
今後も続いており、
そのくらいのわかりやすい
サイン点灯が欲しいものです。
(準備は万端に、号令は慎重に)

そして、
まるでわが新刊を待ってくれているかの如く、
(来週には告知可能の予定です)

ISM製造業景気指数は
50以上を市場予想を超えて保ち、
求人市場も強かったため、
市場は警戒を続けています。
(ありがたい!)

46年ぶりのダウ上昇も、
同じく今年前半の半世紀ぶり級の下落は
ダウもナスダックもSP500もセットだったのに比べると、
11月急騰の強いサインにするのは心もとなく、

ブルームバーグのニックさんが書かなくても、
半世紀以上の経済データを観察・読解できる人なら、
利上げ停止の議論くらいはあってしかるべきと
容易にわかるくらいの米・経済データはとっくに揃っており、

引き続きFOMC後の
金利や原油価格や雇用がどうなるか、

市場の少し先に軌道線を見える化するLMIの数値は
上下どちらに動くか、

などなど、
淡々とスコアリングをしていきたいと思います。

今月は急騰継続も急落も、
どちらもそれなりの強い想定線が
シミュレーションで出ていますが、

今はまだ決め手に欠けているため、
FOMC後に目先相場の軌道線が
クリアになるといいのですが。

では、
相場観更新のお知らせまで。



関連記事